映画-Movie Walker > 人物を探す > ミス・デュポン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1926年 まで合計12映画作品)

1926年

人罠

  • 1926年当年公開
  • 出演(Mrs._Barker 役)

「本町通り」「恋の浅瀬」の原作者シンクレア・ルイス氏作の小説「マントラップ」を映画化したもので、アデレード・ヒルプロン女史とエセル・ドハーティー女史とが脚色し、「卑怯者」「狂乱船」等と同じくヴィクター・フレミング氏が監督した。「人生の舞台裏」「駅馬車(1925)」等出演のアーネット・トーレンス氏、「卑怯者」「南海のアロマ」等出演のパーシー・マーモント氏、「昇天の意気」「紅の大空」等出演のクララ・ボウ嬢が共演しているほか、ミス・デュポン嬢、トム・ケネディー氏、ウィリアム・オーラモンド氏等が助演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
クララ・ボウ アーネスト・トーレンス パーシー・マーモント ユージン・ポーレット

桃色の曲者

  • 1926年当年公開
  • 出演(Claire_Fenton 役)

ルネ・ペーテル氏とアンリ・ファルク氏の合作になるフランス舞台劇を骨子としてエイヴァリー・ホップウッド氏が書き改めた物語をピエール・コリングス氏が脚色し「夫婦円満哲学」「三日伯爵」「世界の女」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督したもので、主役は「世界の女」「禁断の楽園」「練獄の花」等出演のポーラ・ネグリ嬢が演じ、相手役は「シンデレラ物語」「夫婦円満哲学」等出演のトム・ムーア氏と「駄法螺大当たり」「夫婦円満哲学」等出演のフォード・スターリング氏とが勤め、ミス・デュポン嬢、スチュアート・ホームズ氏。マリー・モスキニ嬢等も出演している。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ポーラ・ネグリ トム・ムーア フォード・スターリング ミス・デュポン
1925年

義賊ラッフルズ

  • 1925年当年公開
  • 出演(Gwendolyn 役)

探偵小説家E・W・ホーナング氏の書いた短編小説集ラッフルズ物語と、ユージーン・プレスブリー氏がそれに基づいて書いた舞台劇を材料として、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し、「大台風」「名家の秘密」等と同じくキング・バゴッド氏が監督したものである。主役は「大台風」「風に逆らいて」等のハウス・ピーター氏と「愚なる妻」「結婚とは」等のミス・デュポン嬢でその他ウォルター・ロング氏、ヘッダ・ホッパー嬢、フリーマン・ウッド氏等が共演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ハウス・ピータース ミス・デュポン ヘッダ・ホッパー Erederick Esmelton

モダン結婚

  • 1925年当年公開
  • 出演(Madeline 役)

「紅唇百万ドル」「故郷の土」等主演のノーマ・シアラー嬢が主演する映画で、サミュエル・シップマン氏が映画のために書卸したストーリーにより、ベス・メレディス女史が脚色し、「紅唇百万ドル」「虎御前」と同じくホバート・ヘンリー氏が監督した。シアラー嬢を助けて「滑れケリー」のウィリアム・ヘインズ氏、「紅唇百万ドル」のルー・コディ氏、メアリー・カー夫人、デュポン嬢、等が主演している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ノーマ・シアラー ルー・コディ ウィリアム・ヘインズ メアリー・カー
1924年

新婚の危機

  • 1924年当年公開
  • 出演(Vera_Kellogg 役)

ケーリー・ウィルソン氏が特に執筆した物語をジョン・リンチ氏とアリス・D・G・ミラー女史とが脚色し「毒煙の都」「危険なる処女時代」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもので、「腕自慢」「富に群る者」等種留演のエリナー・ボードマン嬢が「痴人哀楽」「受難のテス」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「三人の女」「奇跡の薔薇」等出演のリュウ・コディー氏と共演している。その他クライド・タックエン・スコット嬢、エドワード・コネリー氏、ミス・デュポン嬢、ジョン・パトリック氏等の素晴らしいオール・スター・キャストである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル エリナー・ボードマン リュウ・コディー クライド・クック

ローマの一夜

  • 1924年当年公開
  • 出演(Zephyer_Redlynch 役)

「君が名呼べば」の原作を書いたハートリイ・マナース氏原作の舞台劇に基づいたもので「極光に踊る女」「嵐に叫ぶ声」と同じくクラレンス・G・バッジャー氏の監督したもの。主役は「君が名呼べば」で紹介されたローレット・テイラー嬢。対手は「兄貴」出演のトム・ムーア氏、「ロビン・フッド(1922)」出演のアラン・ヘール氏等でその他にもかつて敵役で鳴らしたワーナー・オーランド氏や、ユ社のスターであったデュポン嬢等も出演する。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ローレット・テイラー トム・ムーア アラン・ヘイル William Ilumphrey
1923年

大丈夫ケリガン

  • 1923年当年公開
  • 出演(Mrs._Browne 役)

大正活映が輸入を中止して以来見ることを得なかったヴァイタグラフ映画の松竹輸入第一回提供映画である。ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作の小説を、グレアム・ベイカー氏が脚色し、「北方の名花」「汚れぬ花」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督としたもの主役は「幌馬車(1923)」のウォーレン・ケリガン氏、「汚れぬ花」のアリス・カルホーン嬢で、その他ワンダ・ホウリー嬢、デュポン嬢、パット・カマリー氏、キャスリーン・キイ嬢、バートラムグラスピー氏等のオール・スター・キャストである。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
J・ウォーレン・ケリガン アリス・カルホーン ワンダ・ホウリー ミス・デュポン

天空征服

  • 1923年当年公開
  • 出演(Celia 役)

ポール・ディッキーとチャール・W・ストッダード共作になる舞喜劇に基づき、「沈黙の都」「海の壮漢」等を監督したトム・フォーマンが脚色監督したもの。主役は「恋の睡蓮」「意気天を衝く」「氷原の血煙」等に主演したケネス・ハーランと、「世界を敵として」「エヴァンジェリン(1919)」等主演のミリアム・クーパーで、その他ユ社のスターであったミス・デュポンや、「剣の輝き」「血と砂(1922)」等で凄いところを見せたウォルター・ロングも出演する。

監督
トム・フォーマン
出演キャスト
ケネス・ハーラン ミリアム・クーパー ウォルター・ロング ミス・デュポン
1922年

妻なればこそ

  • 1922年当年公開
  • 出演(Chum 役)

ドルフ・ウィラード原作の小説「鼠罠」The Rat Trapからアーサー・スタッターが脚色し、「鉄槌を揮って」「灯台守りの妻」などと同じくポール・スカードンが監督するもの。主役はデュポンとヴァーノン・スティールとである。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ミス・デュポン ヴァーノン・スティール ランダース・スティーヴンス Charles Arling
1921年

侠勇の処女

  • 1921年当年公開
  • 出演(Marie_Moselle 役)

ユ社のスターとなったミス・デュポンの第3回作品で、モード・アネスリー原作の「荒野の風」Wind Along the WasteをJ・グラブ・アレキサンダーが脚色したもので、ポール・スカードンの監督である。相手はハーバート・ヘイスとバートラム・グラスビー。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ミス・デュポン バートラム・グラスビー ハーバート・ヘイス エリック・メイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミス・デュポン