TOP > 人物を探す > カレル・ローデン

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2015年 まで合計7映画作品)

2015年

バトルフィールド

  • 2015年6月27日(土)
  • 出演(デュラント 役)

11世紀の“ノルマン・コンクウェスト”を背景にした歴史アクション。父を殺され、復讐に燃える放浪者が、農民たちを率いて軍勢に戦いを挑む姿を、モノトーンの映像の中に描く。出演は『ボルジア 欲望の系譜』のスタンリー・ウィーバー。監督はU2やジャミロクワイのMVの編集に携わってきた新鋭ジム・ウィードン。

監督
ジム・ウィードン
出演キャスト
スタンリー・ウィーバー エド・スクライン アナベル・ウォーリス カレル・ローデン
2013年

武器人間

  • 2013年11月2日(土)
  • 出演(ビクトル 役)

第二次世界大戦末期ドイツへ潜入したソ連軍が、狂気の沙汰としか思えない兵器製造が行われているのを目撃するアクション・ホラー。監督は「Who am I?/フー・アム・アイ?」や「ブラックブック」で絵コンテ・デザイン画を手がけ、オランダでCMディレクターとして活躍するリチャード・ラーフォースト。本作が長編初監督作品となる。また、「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズに参加したロジェ・サミュエルズが特殊効果を担当。出演は「ワイルド・バレット」「ヘルボーイ」のカレル・ローデン、アメリカ・カナダのテレビドラマ『Rogue』(未)で主要な役を演じたジョシュア・サッセ、「アンナ・カレーニナ」のルーク・ニューベリーほか。

監督
リチャード・ラーフォースト
出演キャスト
カレル・ローデン ジョシュア・サッセ ルーク・ニューベリー ロバート・グウィリム
2008年

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

  • 2008年1月19日(土)
  • 出演(エミール 役)

英国の人気テレビシリーズを映画化した第2弾。おなじみ“変なおじさん”ビーンが、至るところでトラブルを起こしながらフランスを縦断する、ロード・ムービー風のコメディ。

監督
スティーヴ・ベンデラック
出演キャスト
ローワン・アトキンソン エマ・ドゥ・コーヌ マックス・ボルドリー ウィレム・デフォー

ワイルド・バレット

  • 2008年10月11日(土)
  • 出演(アンゾ・ユゴルスキー 役)

一丁の拳銃のありかをめぐり、裏社会の人間模様が絡み合うクライム・サスペンス。二転三転の展開で観る者を翻ろうする新鋭監督ウェイン・クラマーの手腕に注目!

監督
ウェイン・クラマー
出演キャスト
ポール・ウォーカー ヴェラ・ファーミガ キャメロン・ブライト チャズ・パルミンテリ
2004年

ヘルボーイ(2004)

  • 2004年10月1日(金)
  • 出演(Grigori Rasputin 役)

地獄から生まれた正義のヒーローの活躍を描く、アメコミ原作のアクション。ユニークなキャラクターや最新VFXによる魔人同士のバトルに目が離せない快作!

監督
ギレルモ・デル・トロ
出演キャスト
ロン・パールマン ジョン・ハート セルマ・ブレア ルパート・エヴァンス

バレットモンク

  • 2004年1月17日(土)
  • 出演(Strucker 役)

香港ノワールを生み出した黄金コンビ、ジョン・ウー&チョウ・ユンファが手を組んだ痛快作。悪の組織に立ち向かう、不死身の坊主ヒーローの活躍を描くバトル・アクションだ。

監督
ポール・ハンター
出演キャスト
チョウ・ユンファ ショーン・ウィリアム・スコット ジェイミー・キング カレル・ローデン
2001年

15ミニッツ

  • 2001年5月19日(土)
  • 出演(Emil Slovak 役)

マスコミを利用する凶悪犯と捜査官との戦いを描くサスペンス。複雑に絡み合うスリリングなストーリー展開で、“メディアの暴走”というテーマを鋭く描き出す。

監督
ジョン・ハーツフェルド
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ エドワード・バーンズ ケルシー・グラマー エイヴリィ・ブルックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > カレル・ローデン