映画-Movie Walker > 人物を探す > ロウ・イエ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2017年 まで合計9映画作品)

2017年

ブラインド・マッサージ

  • 2017年1月14日(土)公開
  • 監督

中国で20万部のベストセラー小説を映画化し、第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞、第51回金馬奨6冠に輝いたヒューマンドラマ。多くの盲人が働く南京のマッサージ院。院長の同級生が恋人と駆け落ち同然で転がり込んできたことから、平穏な日常が一転する。監督は、「二重生活」のロウ・イエ。出演は、「黄金時代」のホアン・シュエン、「スプリング・フィーバー」のチン・ハオ、「天安門、恋人たち」のグオ・シャオトン。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
ホアン・シュエン チン・ハオ グオ・シャオトン メイ・ティン
2015年

二重生活(2012)

  • 2015年1月24日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

「天安門、恋人たち」「スプリング・フィーバー」のロウ・イエ監督によるメロドラマ・ミステリー。二つの家庭を持つ男がある事件をきっかけに日常が崩壊し、3人の男女や刑事の思惑が複雑に交錯していく。出演は「天安門、恋人たち」のハオ・レイ、「東京に来たばかり」のチン・ハ。撮影は「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」のツアン・チアン。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
ハオ・レイ チン・ハオ チー・シー ズー・フォン
2013年

パリ、ただよう花

  • 2013年12月21日(土)公開
  • 監督、脚本

リウ・ジエがインターネット上で発表した小説『裸』を、「スプリング・フィーバー」のロウ・イエが監督・脚本を手がけ映画化。パリと北京を舞台に、女性の“愛の問題”を描く。出演は、フランス生まれの中国人モデル兼女優のコリーヌ・ヤン、「預言者」のタハール・ラヒム。撮影は、「四川のうた」のユー・リクウァイ。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
コリーヌ・ヤン タハール・ラヒム ジャリル・レスペール ヴァンサン・ロティエ
2010年

スプリング・フィーバー

  • 2010年11月6日(土)公開
  • 監督

06年の「天安門、恋人たち」でタブー視されている天安門事件を描いたことから、5年間の映画製作・上映を禁じられているロウ・イエ。その処分を無視し、家庭用デジタルカメラでゲリラ撮影を敢行し、09年のカンヌ映画祭で脚本賞に輝いたラブストーリー。静謐な映像に、男女5人の欲望や絶望が浮かび上がる。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
チン・ハオ チェン・スーチェン タン・ジュオ ウー・ウェイ
2008年

天安門、恋人たち

  • 2008年7月26日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

中国ではタブー視されている天安門事件を背景に、ある男女の痛切な運命をつづる恋愛劇。過激なセックスシーンも問題となり、上映禁止に加え、監督には5年間、国内での映画製作禁止の罰が下された。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
ハオ・レイ グオ・シャオドン フー・リン チャン・シャンミン
2005年

パープル・バタフライ

  • 2005年11月12日(土)公開
  • 監督、脚本

チャン・ツィイー&仲村トオル共演のラブ・サスペンス。30年代、激動の上海を舞台に、日本軍の要人暗殺計画をめぐる、日本人諜報員と対日女性テロリストの悲恋を描く。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
チャン・ツィイー 仲村トオル リィウ・イエ フェン・ヤンチャン
2004年

危情少女 嵐嵐(ランラン)

  • 2004年7月3日(土)公開
  • 監督

「ふたりの人魚」などで知られ、中国第6世代を代表するロウ・イエ監督の中国発ホラー。忌まわしいアパートをめぐる恐怖が現実と夢の世界のはざまで展開する。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
チュイ・イン ヨウ・ヨン
2001年

ふたりの人魚

  • 2001年4月28日(土)公開
  • 監督、脚本

TOKYO FILMeX 2000でグランプリに輝くなど、世界的に絶賛された中国映画。恋人との悲劇的な過去を引きずる男の不思議な体験が、繊細かつ幻惑的な映像美で綴られる。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
ジョウ・シュン ジア・ホンシュン ヤオ・アンリェン ナイ・アン
1995年

デッド・エンド 最後の恋人

  • 1995年12月2日(土)公開
  • 監督

3人の若者の愛と暴力の物語を通して、青春の彷徨を描いたドラマ。いわゆる第六世代と称される中国若手監督の一人ロウ・イエ(65年生まれ)のデビュー作で、彼の友人の実話に基づいている。陳凱歌らの第五世代のデビュー時とは異なり、第六世代は監督自ら資本を求めて製作することを余儀なくされているが、本作も不動産会社の出資を得て製作されている。革命開放の空気の中、思春期を過ごした60年代中期以降に生まれた監督と同世代の若者たちの生活ぶりと心情が、リアルに描かれている。撮影は「おはよう北京」の張錫貴。美術はテレビドラマで高く評価されている李継賢で、監督以下、スタッフの大部分が北京電影学院の卒業生で占められている。主演は「べにおしろい 紅粉」の王志文、「おはよう北京」の馬暁晴ほか。『中国映画祭95』で上映。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
ワン・チーウェン マー・シアオチン チア・ホンション ナイ・アン

関連ニュース

映画制作&上映禁止処分にも負けない監督の最新作とは?
映画制作&上映禁止処分にも負けない監督の最新作とは?(2010年11月5日)

表現の規制が厳しいことで知られる中国映画界。11月6日(土)より公開の『スプリング・フィーバー』は、そんな中国で映画制作・上映禁止処分を受けたロウ・イエ監督の放…

中国で5年間の映画製作・上映禁止処分の鬼才ロウ・イエ監督はなぜ映画を撮り続ける?
中国で5年間の映画製作・上映禁止処分の鬼才ロウ・イエ監督はなぜ映画を撮り続ける?(2010年11月2日)

『天安門、恋人たち』(06)で中国電影局から5年間の映画製作・上映禁止処分を受けた鬼才ロウ・イエ監督。でも、処分に屈せず、今度はまた中国で禁じられている同性愛を…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロウ・イエ