映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ハリガン

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1955年 まで合計13映画作品)

1955年

太平洋作戦

  • 1955年7月14日(木)公開
  • 出演(Lt._Com._Joe_Curan 役)

「フランス航路」のエドモンド・グレインジャーが1951年に製作した戦争映画。「戦う雷鳥師団」のケネス・ガメットのストーリーから「恐怖のサーカス」のジェームズ・エドワード・グラントと「頭上の敵機」のバーン・レイ・ジュニアが脚色、「追われる男」のニコラス・レイが監督に当たった。テクニカラー撮影は「ブルー・スカイ(1946)」のウィリアム・スナイダー、音楽は「海底の黄金」のロイ・ウェッブである。主演は「紅の翼(1954)」のジョン・ウェインと「日本人の勲章」のロバート・ライアンで、ほか「ジョニイ・ダーク」のドン・テイラー、「十三号桟橋」のジャニス・カーター、「星のない男」のジェイ・C・フリッペン、ウィリアム・ハリガンなどが出演する。

監督
ニコラス・レイ
出演キャスト
ジョン・ウェイン ロバート・ライアン ドン・テイラー ジャニス・カーター
1948年

ミネソタの娘

  • 1948年4月公開
  • 出演(Ward_Hughes 役)

「春のあけぼの」「嘆きの白ばら」のロレッタ・ヤング、「恋の十日間」「ガス燈」のジョセフ・コットン、劇団の名女優エセル・バリモアが顔合わせする映画でRKOラジオの撮影所長ドア・シャーリーが製作した1947年作品。ジュニー・ターヴィタエ作の戯曲に取材してアレン・リヴキンとローラ・カーが協力して脚本を書き、「カッスル夫妻」「牧童と貴婦人」のH・C・ポッターが監督に当り、「スポイラース(1942)」「凸凹宝島騒動」のミルトン・クラスナーが撮影を監督した。助演者は「旋風大尉」のチャールズ・ビックフォード、「美人劇場」のローズ・ホバート、「小麦は緑」のライス・ウィリアムズ、新顔のトム・パワーズ、「冒険」のハリー・ダヴェンポートらである。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ジョゼフ・コットン エセル・バリモア チャールス・ビックフォード
1935年

諾?否?

  • 1935年当年公開
  • 出演(Doo_Evans 役)

「悪夢」「逆間諜」のマーナ・ロイが「舗道の殺人」「ダンテの地獄編」のスペンサー・トレイシーを相手に主演する映画で、ジェームズ・エドワード・グラントの原作を「ターザンの復讐」のハワード・エメット・ロジャースが脚色し、「オペラは踊る」、「逆間諜」のサム・ウッドが監督に当たり「春の宵」「晩春」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「悪夢」「ある夜の特ダネ」のハーヴェイ・スチーヴンス、「透明人間」のウィリアム・ハリガン、「殺人ホテル」のロバート・グレックラー、クレイ・クレメント、ロバート・ワーウィック等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
マーナ・ローイ スペンサー・トレイシー ヘンリー・スティーブンソン ウィリアム・ハリガン

Gメン

  • 1935年当年公開
  • 出演(McKay 役)

ギャング映画再興の先駆けをなしたものでグレゴリー・ロジャースの原作を「暁の偵察」「暗黒街の顔役(1932)」のシートン・I・ミラーが脚色し、「夫の日記」「愛の岐路」のウィリアム・ケイリーが監督に当たり、「泥酔夢」「お姫様大行進」のソル・ポリートが撮影したもの。主役は「運ちゃん武勇伝」「太平洋攻防戦」のジェームズ・キャグニーで、「生活と恋愛」「雲とつばさ」のアン・ヴォーザーク、「生活と恋愛」「太平洋攻防戦」のマーガレット・リンゼイ、「コングの復讐」のロバート・アームストロング、「僕はカウボーイ」のバートン・マクレーン、「スター悩殺」のラッセル・ホプトン、「舗道」のウィリアム・ハリガン、「武者一代」のレジス・トゥーミー等が助演している。

監督
ウィリアム・ケイリー
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マーガレット・リンゼイ アン・ヴォーザーク ロバート・アームストロング

忘れじの歌

  • 1935年当年公開
  • 出演(Jonesy 役)

「支那ランプの石油」「春の夜明け」のジョセフ・ハッチンスンがオペラ出身の歌手ジョージ・ヒューストンを相手に主演するリライアンス・ピクチャー作品で、ロウエル・ブレンタノの小説に基づき「異人種の争闘」「国際列車」のラルフ・ブロットと「巌窟王(1934)」のフィリップ・ダンとが脚色ならびに台詞を執筆し、「街で拾った女」「恋をしましょう(1933)」のデイヴィッド・バートンが監督した。助演者は「猫目石怪事件」「春の夜明け」のジョン・ハリデイ、「心の緑野」のモナ・バリー、「紅雀」のヘレン・ウエストリー、ローラ・ホープ・クルーズ、ウィリアム・ハリガン、デイヴィッド・スコット、等である。キャメラは「暗黒街全滅」に参与したロバート・プランクの担任。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
ジョセフィン・ハッチンスン ジョージ・ヒューストン ジョン・ハリデイ モナ・バリー
1933年

青春罪あり

  • 1933年当年公開
  • 出演(Captain_Holloway 役)

「競馬天国」「謎の真空管」と同じくアール・シー・ケントンが監督した映画で、アリス・D・G・ミラーの書き下ろしものを女史自らフランシス・マーティンと共同して脚色に当たった。主演者は「坊やはお休み」「人間の横道」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズで「舗道」「419号室の女」のウィリアム・ハリガン、「キング・コング(1933)」のブルース・キャボット、「坊やはお休み」「競馬天国」のエイドリアン・エイムス、ヴォードヴィル俳優ケン・マーレイが助演するほかチャールズ・ミドルトン、アド・エンヌ・ダンプリクールも出演している。カメラは「暴風の処女」「暴君ネロ(1932)」のカール・ストラッスの担当である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ ブルース・キャボット エイドリアン・エイムス ウィリアム・ハリガン

透明人間(1933)

  • 1933年当年公開
  • 出演(Dr._Kemp 役)

H・G・ウェルズ作の科学小説を映画化したもので、「旅路の終り」の作者たるR・C・シェリフが脚色にあたり、「フランケンシュタイン(1931)」「魔の家(1932)」と同じくジェームズ・ホエールが監督、アーサー・エディソンが撮影にあたったものである。出演者は「魔の家(1932)」「大空の闘士」のグロリア・スチュアート、ニューヨークシアター・ギルドに在りしクロード・レインズ、を始め、「青春罪あり」「舗道」のウィリアム・ハリガン、「凡その人生」「嵐の国のテス(1932)」のダッドリー・ディグス、「大帝国行進曲」のユーナ・オコナー及びマール・トッテナム、「紅塵」ののフォーレスター・ハーヴェイ、ヘンリー・トラヴァースその他である。

監督
ジェームズ・ホエール
出演キャスト
クロード・レインズ グロリア・スチュアート ウィリアム・ハリガン ダッドリー・ディグス

舗道

  • 1933年当年公開
  • 出演(Jim_Richards 役)

「お蝶夫人」「鉄窓と花束」と同じくマリオン・ガーリングが監督し、シルヴィア・シドニーが主演する映画で、「バッド・ガール」の原作者ヴィニャ・デルマーの原作をシドニー・ラザラスが改作し、「ブロンド・ヴィナス」「未亡人倶楽部」のS・K・ローレンと「六月十三日の夜」「空の花嫁」のアグネス・プランド・リーが共同脚色している。シドニーと共に「紐育の仇討」「暗黒街の顔役(1932)」のジョージ・ラフトが主演し、「七月の肌着」「大空の闘士」のリリアン・ポンド、舞台俳優のウィリアム・ハリガン、「犯罪都市(1931)」のクラレンス・ウィルソン、ロバート・マクウェード、チャールズ・ミドルトン、パーネル・プラット等が助演している。キャメラは「お化け大統領」「ミラクルマン(1932)」のデイヴィッド・エイベルの担当。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ジョージ・ラフト リリアン・ボンド ウィリアム・ハリガン

419号室の女

  • 1933年当年公開
  • 出演(Peter_Lawton 役)

「明日は晴れ」のアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督した映画で、「上海特急」「ブロンド・ヴィナス」の脚色者ジュールス・ファースマンが書き下ろした物語を「七万人の目撃者」「爆走する悪魔」のP・J・ウルフソンおよびアレン・リヴキンの2人組がマヌエル・セフと共同して脚色に当たった。撮影は「暴君ネロ(1932)」「暴風の処女」のカール・ストラッスの担任。出演者は「ダンス・ティーム」「選手権目指して」のジェームズ・ダン、「魔の家(1932)」「全米軍」のグロリア・スチュアート、「競馬天国」「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「舗道」のウィリアム・ハリガン、「戦場よさらば」「暴風の処女」のジャック・ラルー、「恐怖の甲板」「競馬天国」のシャーリー・グレイ等で、その他ヴィンス・バーネット、ジョニイ・ハインズ、ガートルード・ショート、エフィー・エルスラー等助演。

監督
ジョージ・サムンズ アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジェームズ・ダン グロリア・スチュアート デイヴィッド・マナース ウィリアム・ハリガン
1930年

愛の暴風(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Cap 役)

「藪睨みの世界」「悪に咲く華」のエドモンド・ロウが主演する映画で、原作ならびに台詞はジェームズ・ケヴィン・マッギネスが執筆し、「疑惑晴れて」「ツェッペリン倫敦襲撃」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「踊るカレッヂ」「ケンタッキーの唄」のチャールズ・G・クラーク氏が撮影した。助演者は「想夫舞曲」のメイ・クラーク、「鉄骨エロ騒動」「悪に咲く華」のウィリアム・ハリガン、「ハバナから来た女」「曠野に叫ぶ(1930)」「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、ジョー・ブラウン、アイアン・マクラレンなど

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
エドモンド・ロウ メイ・クラーク ウィリアム・ハリガン ウォーレン・ハイマー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ハリガン