TOP > 映画監督・俳優を探す > エドモンド・ロウ

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1960年 まで合計64映画作品)

1960年

西部に賭ける女

  • 1960年6月4日(土)
  • 出演(Manfred_Doc_Montague 役)

ソフィア・ローレン始めての西部劇。ルイス・ラムーアの原作を「駅馬車(1939)」で知られる故ダドリー・ニコルズ(「胸に輝く星」)とウォルター・バーンスタインが脚色した。監督は「野性の息吹き」のジョージ・キューカー、撮影は「くたばれヤンキース」のハロルド・リップステイン。出演はローレンのほか、「ガンヒルの決斗」のアンソニー・クイン、「2人の瞳」以来ひさびさのマーガレット・オブライエンのほか、スティーブ・フォレスト、アイリーン・ヘッカート、エドモンド・ロウ。製作カルロ・ポンティおよびマルチェロ・ジローシ。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
ソフィア・ローレン アンソニー・クイン マーガレット・オブライエン スティーヴ・フォレスト
1957年

80日間世界一周

  • 1957年7月20日(土)
  • 出演(Engineer_aboad_the_S.S.Henrietta 役)

19世紀末に発表されたジュール・ヴェルヌの同名小説の映画化。「オクラホマ!」に続くトッド・AOの第2作。(日本公開はトッド・AO方式によらずワイド・スクリーンで公開)。登場人物に各国有名スターを総動員しての冒険映画で製作費に700万ドル費やしたという大作。ジェームズ・ポー、ジョン・ファーロウ、S・J・ペレルマンの共同脚本を「暁の出撃」のマイケル・アンダーソンが監督した。撮影監督は「白昼の対決」のライオネル・リンドン、音楽は故ヴィクター・ヤング。主演は「陽気のせいデス」のデイヴィッド・ニーヴンコメディアンのカンティンフラス、「画家とモデル(1955)」のシャーリー・マクレーンの3人。そのほか「幸福への招待」のシャルル・ボワイエ、「歴史は女で作られる」のマルティーヌ・キャロル、「ダニー・ケイの黒いキツネ」のジョン・キャラディン、「指紋なき男」のチャールズ・コバーン、「二重生活」のロナルド・コールマン「逢びき」の原作者のノエル・カワード、「モンテカルロ物語」のマレーネ・デイトリッヒ、「ドン・カミロ頑張る」のフェルナンデル、「旅券八二四一の女」のトレヴァー・ハワード、さらにグリニスジョーンズ、バスター・キートン、イヴリン・キース、ピーター・ローレ、ヴィクター・マクラグレン、ジョージ・ラフト、フランク・シナトラ、レッド・スケルトンなど。なおこの映画は1956年度アカデミー賞のうち作品賞、脚色賞、色彩撮影賞、正劇及び喜劇音楽賞、編集賞を獲得した。

監督
マイケル・アンダーソン
出演キャスト
デイヴィッド・ニーヴン カンティンフラス ロバート・ニュートン シャーリー・マクレーン

荒鷲の翼

  • 1957年4月12日(金)
  • 出演(Admiral_Moffertt 役)

第2次大戦史に不滅の名を残したアメリカ海軍航空隊のフランク・W・“スピック”・ウィードの伝記と作品から「野性の女(1955)」のフランク・フェントンとウィリアム・ウィスター・ヘインズが脚本を書き「捜索者」のジョン・フォードが監督した叙事詩。撮影は「上流社会」のポール・C・ヴォーゲル、音楽は「誘拐」のジェフ・アレクサンダー。主な出演者は「捜索者」のジョン・ウェイン、「灼熱の勇者」のモーリン・オハラ、「ラスヴェガスで逢いましょう」のダン・デイリー、「捜索者」のワード・ボンドなど。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジョン・ウェイン ダン・デイリー モーリーン・オハラ ワード・ボンド
1949年

善人サム

  • 1949年9月
  • 出演(H._C._Borden 役)

「我が道を往く」「聖メリイの鐘」と同じく、レオ・マッケリーが製作監督した映画で「打撃王」「オペラ・ハット」のゲイリー・クーパーと「嵐の青春」「栄光の都」のアン・シェリダンが主演する。ストーリイは、マッケリーがジョン・クローラーと共作し、脚本は、ケン・イングランドが執筆した。音楽は前記のマッケリー2作品と同じく、ロバート・エメット・ドーランが作曲し、撮影は「ジェーン・エア」「聖メリイの鐘」のジョージ・バーンズが、監督した1948年作品。助演は「二重生活」のレイ・コリンズ「晩餐8時」のエドモンド・ロウ「小麦は緑」のジョーン・ローリング、その他、クリントン・サンドバーグ、ディック・ロス、ルイス・ビーヴァース等である。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー アン・シェリダン レイ・コリンズ エドモンド・ロウ
1952年

犯罪王デリンジャー

  • 1952年7月8日(火)
  • 出演(Specs 役)

米国犯罪史上の実在人物を描くモーリス及びフランク・キング製作の1945年作品。「他人の家」のフィリップ・ヨーダンが脚本を書き下ろし、マックス・ノセックが監督している。撮影はベテランのジャクソン・ローズ、音楽は「井戸」のディミトリ・ティオムキン。主演は「ボーン・トゥ・キル」のローレンス・ティアニーで、「善人サム」のエドモンド・ロウ、「拳銃街道」のアン・ジェフリーズ、「幻の女」のエライシャ・クック・ジュニア、「永遠の処女」のエドワード・チアネーリ、「塵に咲く花」のマーク・ローレンスらが共演する。

監督
マックス・ノセック
出演キャスト
ローレンス・ティアニー エドモンド・ロウ アン・ジェフリーズ エドワード・チアネーリ
1937年

密告者(1937)

  • 1937年
  • 出演(Barrabal 役)

「旋律の殺人」「暗夜行路」のエドモンド・ロウが主演する映画で、エドガー・ウォーレス作の探偵小説をブライアン・ウォーレスが改作し、エドワード・O・バークマンが脚色し、「無敵艦隊」「米国の機密室」のウイリアム・K・ハワードが監督に当たり、「間諜」「描かれた人生」のジョルジュ・ペリナールが撮影した。助演は「男は神に非ず」のセバスチャン・ショウ、「来るべき世界」のアン・トッド、「無敵艦隊」のタマーラ・デスニ及びロバート・ニュートン、「鎧なき騎士」のアラン・ジース、「暁の翼」のスチュワート・ローム等の面々である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
エドモンド・ロウ セバスチャン・ショウ アン・トッド タマーラ・デスニ
1935年

旋律の殺人

  • 1935年
  • 出演(Mr._Dynamite 役)

「男の魂(1935)」「女は要らねえ」のエドモンド・ロウが主演する探偵劇で、原作は「影無き男(1934)」のダシエル・ハメットの書き下ろし物である。改作はドリス・マロイとハリー・クローク2人の手になり監督には「夜の12時」「異人種の争闘」のアラン・クロスランドが当たった。助演者は「蛍の光」「鏡の前の接吻」のジーン・ディクソン、「客間の燭台」「蛍の光」のエスター・ラルストン、「ロバータ」のヴィクター・ヴァルコニ、「森の男(1933)」のヴァーナ・ヒリー、「舗道の雨」のマイナー・ワトスン、ロバート・グレックラー、ジェームズン・トーマス等。撮影は「白蛾」と同じくジョージ・ロビンソンの担任である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
エドモンド・ロウ ジーン・ディクソン エスター・ロールストン ヴィクター・ヴァルコニ

洋上魔

  • 1935年
  • 出演(Jack_Duagn 役)

「男の魂(1935)」「殺人ホテル」のエドモンド・ロウが「ダンテの地獄編」のクレア・トレヴァーとともに主演する映画で、「レヴュー艦隊」のアレン・リヴキン書き卸しの台本により「パリの丑満時」「鉄窓の女」のアラン・ドワンが監督、「輝く瞳」のアーサー・ミラーがさつえいした物。助演者は「紅雀」のトム・ブラウン、「乾杯の唄」のエイドリアン・エイムス、「キャラバン」のユージーン・パレット、「恋のセレナーデ」のハーバート・マンディン、フォード・スターリング、ビリー・ビーヴァン等の面々である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
エドモンド・ロウ クレア・トレヴァー トム・ブラウン ユージン・ポーレット

摩天楼の怪火

  • 1935年
  • 出演(Tom_Fletcher 役)

「恋をしましょう(1933)」と同じくエドモンド・ロウとアン・サザーンが主演する映画で「モダン騎士道」と同じくジーン・タウンとグレアム・ベイカーが書き卸し、「黒潮に鳴る心」「美人探し」のアール・C・ケントンが監督に当たり、「空の殺人光線」のヘンリー・フロイリッヒが撮影したもの。助演は「殺人光線」のオンスロウ・スチーヴンス、「空の殺人光線」のロバート・ミドルマス、「弓矢荘の惨劇」のワーリー・バーチ、セルマー・ジャックスン、森田幹の面々である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
エドモンド・ロウ アン・サザーン オンスロー・スティーヴンス ロバート・ミドルマス

大陸間謀戦

  • 1935年
  • 出演(Sir_Everard_Dominey 役)

「旋律の殺人」「洋上魔」のエドモンド・ロウが主演する映画で、E・フィリプス・オップンハム作の小説を「大空の闘士」のフランク・ウイードが脚色し、「戦慄の殺人」と同じくアラン・クロスランドが監督に当たり、「舞台に立つ妻」のミルトン・クラスナーが撮影したもの。助演者は「倫敦の人狼」「幻の合唱」のヴァレリー・ホブスン、英独映画界にありしヴェラ・エンゲルス、英国劇界から招かれたヘンリー・モリスン、「白い友情」のエスター・デール、「東への道」のスプリング・バイントン、「ロスチャイルド」のマレイ・キンネル、「フランダースの犬(1935)」のフランク・レイチャー、ラムスデン・ヘーア、ブランドン・ハースト等である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴァレリー・ホブソン ヴェラ・エンゲルス スプリング・バイントン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エドモンド・ロウ

ムービーウォーカー 上へ戻る