映画-Movie Walker > 人物を探す > 李相日

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2017年 まで合計11映画作品)

2017年

ブルーハーツが聴こえる

  • 2017年4月8日(土)公開
  • 監督

1995年に解散するも、いまもなお絶大な人気を誇るロックバンド、THE BLUE HEARTS。彼らが残したメッセージ性の強い楽曲をモチーフに、飯塚健、下山天、井口昇ら6人の映画監督がコメディ、SF、ファンタジーなどジャンルも様々な6つのエピソードをつづるオムニバス作。尾野真千子、市原隼人、斎藤工ら豪華俳優陣にも注目。

監督
飯塚健 下山天 井口昇 清水崇
出演キャスト
尾野真千子 角田晃広 萩原みのり 伊藤沙莉
2016年

怒り

  • 2016年9月17日(土)公開
  • 監督、脚本

原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』のコンビによるミステリアスなドラマ。顔を整形し、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起きる出来事を描き、人を“信じる”とは?という根源的な問いを投げかける。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチら日本映画界を代表する実力派が多数出演する。

監督
李相日
出演キャスト
渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛
2013年

許されざる者

  • 2013年9月13日(金)公開
  • 監督、アダプテーション脚本

第65回アカデミー賞で作品賞など4部門に輝いたクリント・イーストウッド監督による名作を、日本を舞台にリメイクしたヒューマンドラマ。一度は戦う事をやめた男が、女郎の願いを聞き入れ、再び戦いの世界に身を投じるようになる姿をつづる。主演の渡辺謙をはじめ、柄本明、佐藤浩市ら、日本映画界きっての名優が顔を揃えた力作だ。

監督
李相日
出演キャスト
渡辺謙 柄本明 佐藤浩市 柳楽優弥
2010年

悪人

  • 2010年9月11日(土)公開
  • 監督、脚本

吉田修一の同名小説を映画化したヒューマン・ドラマ。殺人事件を起こした孤独な男と、彼と共に逃避行に及ぶ女との狂おしい愛を描く。「フラガール」の李相日が原作の重厚な世界観をそのままに、人間の善悪をえぐり出す。原作にほれ込んだという妻夫木聡が初めての金髪姿を披露し、心に闇を抱えた哀しき殺人犯を熱演している。

監督
李相日
出演キャスト
妻夫木聡 深津絵里 樹木希林 柄本明
2008年

みんな、はじめはコドモだった「タガタメ」

  • 2008年12月23日(火)公開
  • 監督、脚本

朝日放送新社屋完成記念事業の一環として製作された短編オムニバス。“こども”をテーマに「闇の子供たち」の阪本順治、「パッチギ!」の井筒和幸、「悲しき天使」の大森一樹、「フラガール」の李相日、「血と骨」の崔洋一という5人の監督がメガホンをとった。出演は「ザ・マジックアワー」の佐藤浩市、「ダイブ!!」の光石研、「memo」の高岡早紀など。

監督
李相日
出演キャスト
藤竜也 宮藤官九郎 川屋せっちん 工藤英博
2006年

フラガール

  • 2006年9月23日(土)公開
  • 監督、脚本

実在するレジャー施設の誕生秘話を描く感動作。「子ぎつねヘレン」の松雪泰子が、東京からフラダンスを教えに来るダンスの先生役で主演。豊川悦司、蒼井優らと競演している。

監督
李相日
出演キャスト
松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代
2005年

スクラップ・ヘブン

  • 2005年10月8日(土)公開
  • 監督、脚本

加瀬亮、オダギリジョー、栗山千明ら若手実力派が結集した青春劇。日ごろの鬱憤を晴らすため、恐ろしいゲームを始めた若者たちの暴走をシニカルに描き出す。

監督
李相日
出演キャスト
加瀬亮 オダギリ ジョー 栗山千明 光石研
2004年

69 sixty nine

  • 2004年7月10日(土)公開
  • 監督

村上龍の自伝的な青春小説を宮藤官九郎の脚本で映画化。激動の'69年を舞台に、モテたいがために一大騒動を巻き起こす男子高校生の姿をコミカルに描く痛快作。

監督
李相日
出演キャスト
妻夫木聡 安藤政信 金井勇太 太田莉菜
2003年

BORDER LINE

  • 2003年6月28日(土)公開
  • 監督、脚本

現代の“親子”のありようを、年齢も性別も違う5人を通して描く人間ドラマ。「青 chong」でPFFアワードのグランプリに輝いた新鋭・李相日が不器用に生きる人々のきずなを繊細に描き出す。

監督
李相日
出演キャスト
沢木哲 前田綾花 村上淳 光石研
2002年

KT

  • 2002年5月3日(金)公開
  • 出演(トラック運転手 役)

1973年に起きた現韓国大統領・金大中の拉致・監禁事件を、多角度から捉えた社会派群像劇。事件に関わった人々の人間模様を、「顔」の阪本順治監督が重厚にあぶりだす。

監督
阪本順治
出演キャスト
佐藤浩市 キム・ガプス チェ・イルファ 原田芳雄

関連ニュース

『怒り』『悪人』など吉田修一の小説の映像化作品、成功のカギは?
『怒り』『悪人』など吉田修一の小説の映像化作品、成功のカギは?(2016年9月16日)

原作・吉田修一×監督・李相日×プロデューサー・川村元気という映画『悪人』(10)のチームが6年ぶりに放つ渾身の一作『怒り』(9月17日公開)。『悪人』が日本アカ…

『君の名は。』の次は“えぐられる娯楽”『怒り』。川村元気プロデューサーを直撃
『君の名は。』の次は“えぐられる娯楽”『怒り』。川村元気プロデューサーを直撃(2016年9月15日)

結果を出せるプロデューサー、川村元気。彼が企画した近作では、新海誠監督作『君の名は。』(公開中)が超ド級のメガヒットを記録中だ。そんな川村が、日本アカデミー賞な…

宮崎あおい『怒り』クランクインが「怖かった」。心を丸裸にした“慟哭シーン”秘話語る
宮崎あおい『怒り』クランクインが「怖かった」。心を丸裸にした“慟哭シーン”秘話語る(2016年9月14日)

「人生で一番長くて、一番濃厚な2週間でした」。宮崎あおいは、李相日監督のもと新境地に挑んだ映画『怒り』(9月17日公開)の撮影をこう振り返る。「恐怖すら感じた」…

森山未來、『怒り』役作りで“無人島生活”「恐ろしかった」
森山未來、『怒り』役作りで“無人島生活”「恐ろしかった」(2016年9月12日)

徹底した役作りで、その人物の生き様を体現する森山未來。李相日監督との初タッグとなった映画『怒り』(9月17日公開)では、バックパッカーの青年を演じるために、無人…

綾野剛、優しい佇まいの秘密は「妻夫木聡との出会い」
綾野剛、優しい佇まいの秘密は「妻夫木聡との出会い」(2016年9月11日)

『日本で一番悪い奴ら』で、エネルギーを爆発させるようなオーラを放った綾野剛。その後に撮影に入ったという李相日監督最新作『怒り』(9月17日公開)では一転、凪の海…

妻夫木聡、綾野剛を「愛していた」。出会いのシーン撮影の日から同居生活をスタート
妻夫木聡、綾野剛を「愛していた」。出会いのシーン撮影の日から同居生活をスタート(2016年9月10日)

「映画って奇跡だと思った」。妻夫木聡は、李相日監督との3度目タッグとなった映画『怒り』(9月17日公開)で、映画の力を改めて実感したと力強く語る。「兄貴のような…

『怒り』の渡辺謙「子どもに近ければ近いほど誤解してしまう」
『怒り』の渡辺謙「子どもに近ければ近いほど誤解してしまう」(2016年9月8日)

『許されざる者』(13)に続き、李相日監督最新作の群像劇『怒り』(9月17日公開)でも、豪華キャストたちが組んだ円陣の中央にいた渡辺謙。過酷を極めると言われる李…

渡辺謙、『許されざる者』の結末に「男と女では感じ方が違うかも」
渡辺謙、『許されざる者』の結末に「男と女では感じ方が違うかも」(2013年9月12日)

渡辺謙が、ことある毎にリスペクトの念を口にしてきたクリント・イーストウッド監督。『硫黄島からの手紙』(06)で仕事をして以来、彼のキャリアに大きな影響を与えてき…

『許されざる者』の渡辺謙「綱渡りの撮影でしたが、豊かな時間でした」
『許されざる者』の渡辺謙「綱渡りの撮影でしたが、豊かな時間でした」(2013年9月12日)

渡辺謙が、第70回ヴェネチア国際映画祭に趣き、約10分のスタンディングオベーションに男泣きをした『許されざる者』が、9月13日(金)より公開される。本作は、クリ…

ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 李相日

ムービーウォーカー 上へ戻る