映画-Movie Walker > 人物を探す > ミルドレッド・ヴァン・ドーン

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1931年 まで合計4映画作品)

1931年

鉄青年

  • 1931年
  • 出演(Gladys 役)

「西部戦線異状なし」「泥人形」のルウ・ルー・エイヤース主演映画で、W・R・バーネット作の小説に基づいてフランシス・エドワーヅ・ファラゴーが台本及び台詞を執筆、「法の外(1930)」「ザンジバルの西」のトッド・ブラウニングが監督、「悪漢の唄」「有頂天時代(1930)」のパーシー・ヒルバーンが撮影した。相手役はジーン・ハーロウ、「脱走兵物語」のロバート・アームストロングで、「ハリウッド盛衰記」のジョン・ミルジャンをはじめ、エドワード・ディロン、マイク・ドンリン、ネッド・スパークス、メアリー・ドーラン等が助演している。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ルー・エイヤース ロバート・アームストロング ジーン・ハーロウ ジョン・ミルジャン
1930年

リリオム(1930)

  • 1930年
  • 出演(Marie 役)

劇作家として有名なフェレンク・モルナール原作の同名戯曲を映画化したもので主演者は「友愛天国」「サニー・サイド・アップ」のチャールズ・ファーレルである。「海の狼(1930)」の台詞を書いた劇作家のS・N・ベールマンが潤色した脚本及び台詞により、「我が心の歌(1930)」「巴里見るべし」を同じくソニア・レヴィーンが撮影台本を作り、フランク・ボーゼージが監督にあたり、チェスター・ライオンズが撮影を担当している。主演者を助けて出演するのは舞台出のローズ・ホバート、「キング・オブ・キングス(1927)」のH・B・ワーナー、「ドン・ファン(1926)」のエステル・テイラー、リー・トレイシー、その他である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
チャールズ・ファーレル ローズ・ホバート H・B・ワーナー エステル・テイラー

棘の園

  • 1930年
  • 出演(Eileen 役)

「ウィリー・リバー」「愛の曳綱」に次ぐリチャード・バーセルメス氏主演映画で、レックス・ビーチ氏の原作小説から右記2映画と同じくブラッドリー・キング女史脚色、フランク・ロイド氏監督、アーネスト・ホーラー氏撮影になるものである。助演者は「ピンチ・ヒッター」「恋の人形」のコンスタンス・ベネット嬢、「赤い酒」「ヨーロッパ突進」のE・アリン・ウォーレン氏、「ノアの箱船」「北欧の海賊」のアンダース・ランドルフ氏、ミルドレッド・ヴァン・ドーン嬢、バーバラ・レナード嬢、クロード・キング氏、フランク・アルバートソン氏等である。音響版、無声版共に8巻。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス コンスタンス・ベネット アンダース・ランドルフ E・アリン・ウォーレン
1929年

愛の復活

  • 1929年
  • 出演(Rhea 役)

「ショウ・ボート(1929)」「恋のからくり」のローラ・ラ・プラント嬢が主演する喜劇で、マキシーン・アルトン女史の原作を「西部殺陣」「最後の乱闘」のハロルド・シューメイト氏が脚色し、「女秘聞」「八面六臂の男」のエメット・J・フリン氏が監督、「薫る河風」「ショウ・ボート(1929)」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影したものである。相手役は舞台から来たウォルター・スコット氏が勤め、同じく舞台女優だったミルドレッド・ヴァン・ドーン嬢とユージン・ボーデン氏が助演している。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ウォルター・スコット ユージン・ボーデン ミルドレッド・ヴァン・ドーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミルドレッド・ヴァン・ドーン