映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョー・エステヴェス

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2001年 まで合計3映画作品)

2001年

ダブル・デセプション 共犯者

  • 2001年3月31日(土)公開
  • 出演(Burt 役)

誘拐団とFBIを敵にまわしてひとり闘う日本人女性の姿を追った、日米合作のサスペンス・アクション。タレントの菊川怜が映画初主演。体当たりの演技を披露している。

監督
大川俊道
出演キャスト
ルイス・マンディロア 菊川怜 ジェームズ・ルッソ ウド・キアー
1999年

フル・ブラント

  • 1999年6月5日(土)公開
  • 出演(Pappy 役)

犯罪都市に巣食う麻薬組織に敢然と挑む親子刑事の活躍を描いたポリス・アクション。チャーリー・シーン(「フリーマネー」)とマーティン・シーン(「スポーン」)のハリウッドを代表する俳優父子が「ウォール街」以来12年ぶりに父子の役で共演(共演作は他に『ミリタリー・ブルース』(V)「ホット・スポット2」)。なお、『ガンシティ』(V)のマーティンの双子の弟ジョーも助演している。監督は本作が初の長編劇映画となるハードロック・バンド、“ポイズン”のリーダー、ブレット・マイケルズで、「フリーマネー」の製作に続き、製作総指揮もチャーリーと共同で兼任したほか、音楽も担当(カイル・レヴェルと共同)。脚本はマイケルズの原案を、彼とチャーリー・シーン、シェーン・スタンレー、ウィリアム・グーヴァ、エドワード・マスターソン。製作はアヴィ・ラーナー、エリー・サマハ、ダニー・ディムボート、トレヴァー・ショート。撮影はアダム・ケイン。美術はマーク・フィシェーラ。編集はシェーン・スタンレー。衣裳はキャサリン・ワグナー。共演は「D.N.A.II」のマーク・ダカスコス、「殺したいほどアイ・ラヴ・ユー」のジョー・ランドーほか。

監督
ブレット・マイケルズ
出演キャスト
チャーリー・シーン マーティン・シーン マーク・ダカスコス ポール・グリーソン
1995年

狼たちのカーニバル CARNIVAL OF WOLVES

  • 1995年9月23日(土)公開
  • 出演(アル 役)

仕事にあぶれ、明日への希望を失った四人の男たちがしでかした犯罪と、マフィアとの戦いの顛末を、オール・アメリカ・ロケで描いたクライム・アクション。監督は「凶銃ルガーP08」でその手腕を発揮してみせた渡辺武。主演は「サンクチュアリ」の永澤俊矢。チャック・ノリスの長男マイク・ノリスと、マイケル・ジャクソンの従兄弟ストーニー・ジャクソンが共演している。

監督
渡辺武
出演キャスト
永澤俊矢 マイク・ノリス ストーニー・ジャクソン フォレスト・モンゴメリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョー・エステヴェス