映画-Movie Walker > 人物を探す > ローラ・ラ・プラント

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1931年 まで合計28映画作品)

1931年

旦那様お留守

  • 1931年公開
  • 出演(Diana 役)

「全米軍」「死の航空路」のラッセル・マックが監督した映画でA・E・ウッヅ作の舞台劇に基づき「彼女の用心棒」「命を売る男(1931)」のウォルター・デレオンが脚色している。主役は「坊やはお休み」「恋の手ほどき(1933)」のエドワード・エヴァレット・ホートンが勤め相手役は「キング・オブ・ジャズ」のローラ・ラプラント、「最後の一人まで(1933)」「南方の放浪者」のエスター・ロールストンで、パッシー・ルス・ミラー、スペンサー・チャータース、モード・エバーンなどが助演する。撮影は「天晴れ競馬で一つかみ」「ペインテッド・デザート」のエドワード・スナイダーの担当である。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン エスター・ロールストン ローラ・ラ・プラント パッシー・ルス・ミラー
1929年

愛の復活

  • 1929年公開
  • 出演(Mary 役)

「ショウ・ボート(1929)」「恋のからくり」のローラ・ラ・プラント嬢が主演する喜劇で、マキシーン・アルトン女史の原作を「西部殺陣」「最後の乱闘」のハロルド・シューメイト氏が脚色し、「女秘聞」「八面六臂の男」のエメット・J・フリン氏が監督、「薫る河風」「ショウ・ボート(1929)」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影したものである。相手役は舞台から来たウォルター・スコット氏が勤め、同じく舞台女優だったミルドレッド・ヴァン・ドーン嬢とユージン・ボーデン氏が助演している。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ウォルター・スコット ユージン・ボーデン ミルドレッド・ヴァン・ドーン

うわさ

  • 1929年公開
  • 出演(Laura_Hunt 役)

「娘一人に婿百人」「最後の警告」のローラ・ラ・プラント嬢が主演した映画。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョン女史がコスモポリタン誌上に発表した小説で、それをポール・ショーフィールド氏が潤色、あわせて撮影台本を執筆し、「娘一人に婿百人」「法螺吹き靴屋大当たり」と同じくウェズリー・ラッグルズ氏が監督したものである。「他言は御無用」のハントリー・ゴードン氏、「最後の警告」のジョン・ポールス氏、「港々の女難想」のジェーン・ウィントン嬢、等が助演する。キャメラは「都会の哀愁」「笑う男」のギルバート・ウォーレントン氏。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ハントリー・ゴードン ジョン・ボールズ ジェーン・ウィントン

恋のからくり

  • 1929年公開
  • 出演(Laura 役)

「うわさ」「ショーボート」のローラ・ラ・プラント嬢の主演映画で監督はウィリアム・ワイラー氏。イー・ジェー・モンターニュ氏の原作からジョン・クライマー氏及びクラレンス・ジェー・マーク氏が撮影脚本を作った。俳優は上記主演社者の他に「フー・マンチュー博士の秘密」のニール・ハミルトン氏、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、ジョセリン・リー嬢、ノーマン・トレヴォア氏等が出演している。キャメラは「うわさ」「ショーボート」のギルバート・ワレントン氏が担当している。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ニール・ハミルトン ロバート・エリス ノーマン・トレヴァー

ショウ・ボート(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(Magnolia 役)

「アンクル・トムス・ケヴィン」と同じくハリー・ポラード氏が監督完成したユ社作品で、エドナ・フォーバー女史の名高い小説を映画化したものである。撮影台本を執筆したのは「人生交響楽」「情熱の砂漠」のチャールズ・クニョン氏で、「都会の哀愁」「人生交響楽」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影した。主役マグノリアに扮するのは「うわさ」「最後の警告」のローラ・ラ・プラント嬢であるが、それを助けて「キング・オブ・キングス(1927)」「ダニューブの漣」のジョセフ・シルドクラウト氏、「紳士は金髪がお好き(1928)」「君が為め命捧げん」のエミリー・フィッツローイ嬢、「天晴れ名騎士」「幸運デニー」のオーティス・ハーラン氏、「サロメの心」「サイベリア」のアルマ・ルーベンス嬢「私のパパさん」のジェーン・ラ・ヴァーン嬢等が出演している。トーキー版はパート・トーキーであるが、これにはプロローグとしてフレンツ・ジークフェルト氏が舞台に上せた時のものを舞台におけると同じ役割によってアーチ・ヒース氏監督の下に抜粋撮影したものが添えられている。トーキー版の台詞はポラード氏自身がトム・リード氏と協力して作ったものによった。なお伴奏はジークフェルド氏が舞台に上せた時のものによってヨセフ・チェルニアウスキー氏が編曲したものである。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ジョゼフ・シルドクラウト アルマ・ルーベンス エミリー・フィッツローイ
1928年

南京豆小僧大成功

  • 1928年公開
  • 出演(Jenny 役)

自動車活劇を澤山書いているバイロン・モーガン氏の原作を、ベアトリス・ヴァン女史が改作脚色したもので、それを「愉快な嘘つき」「我が医者」と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督した喜劇。主役は「焼き餅騒動絹の靴下」「後家さん御用心」等出演のローラ・ラ・プラント嬢と「頓珍漢武者振う」「南京豆小僧」等主演のグレン・トライオン氏とで、リー・モーラン氏、リチャード・タッカー氏、などが助演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント グレン・トライオン リチャード・タッカー リー・モーラン

のらくら新療法

  • 1928年公開
  • 出演(Laura_Elliot 役)

「缶詰行進曲」「長屋騒動パリの巻」と同じくウィリアム・ボーディン氏の監督作品である。グラディス・ジョンスン女史の原作をモートン・ブルーメンストック氏が潤色し併せて撮影台本を執筆した。主役は「娘一人に婿百人」「南京豆小僧大成功」主演のローラ・ラ・プラント嬢で、「長屋騒動パリの巻」「激浪の響」のチャールズ・デニラー氏が相手役を演ずるほか、ジョージ・ピアース氏、アーサー・ホイト氏、ジョーン・スタンディング嬢、アイリーン・マニング嬢、等が主演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント チャールズ・デラニー アイリーン・マニング ジョーン・スタンディング

娘一人に婿百人

  • 1928年公開
  • 出演(Barbara_Archibold 役)

「焼き餅騒動絹の靴下」と同じくローラ・ラ・プラント嬢が主演し、ジョン・ハロン氏が相手役を務め、ウェズリー・ラッグルズが監督した映画である。原作は知名のメアリー・ロバーツ・ラインハート女史の短編で、ビートリス・ヴァン女史が脚色している。エドモンド・ブリーズ氏、アーサー・ランキン氏、エディ・フィリップス氏等の人々が助演している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ジョン・ハロン エドモンド・ブリーズ アーサー・ランキン
1927年

猫とカナリヤ

  • 1927年公開
  • 出演(Annabelle_West 役)

ドイツに於いて「裏町の怪老窟」を作って一挙に名声を高めたパウル・レニの渡米後第一回監督作品で戦慄に満ちた探偵劇である。原作はジョン・ウイラードの舞台劇で数年前米英両国に於いて好評を得たもの。それをアルフレッド・A・コーンが映画脚色した。主役は「恋愛保険」「混線脱線スターは誰だ」等出演のローラ・ラ・プラントで、「赤ん坊万歳」「爆笑七日間」等出演のクレイトン・ヘール、「禁断の果実」[武士道華やかなりし頃」出演のフォーレスト・スタンリイ氏が共演し、タリイ・マーシャル、ガートルード・アスター、アーサー・エドモンド・カリュー、マーサ・マトックス、ジョージ・シーグマン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント クレイトン・ヘール フォレスト・スタンレー タリー・マーシャル

焼き餅騒動絹の靴下

  • 1927年公開
  • 出演(Molly_Thornhill 役)

シリル・ハーコート氏作の舞台劇をベアトリス・ヴァン女史が映画的に改作し、ジョセフ・F・ポーランド氏が脚色し、「後家さん御用心」「大学生活」と同じくウエズリー・ラツグルス氏が監督したもので、主役は「猫とカナリヤ」「後家さん御用心」出演ローラ・ラブラント嬢で、「知略三段返し」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏が相手役を演じ、ウィリアム・オーステイン氏、オテイス・ハーラン氏、ヘイニー・コンクリン氏、バー・マッキントッシュ氏、マーセラ・デーリー嬢等が助演している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ジョン・ハロン ウィリアム・オースティン オーティス・ハーラン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ローラ・ラ・プラント