映画-Movie Walker > 人物を探す > 中沢晋

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2010年 まで合計9映画作品)

2010年

無知との遭遇

  • 2010年10月9日(土)公開
  • プロデューサー

千原ジュニアとスタッフが、お笑い芸人、野性爆弾のロッシーにドッキリ作戦を敢行する様子をとらえたSFドキュメンタリー。巨大UFOが現れ、宇宙戦争へと巻き込まれていくロッシーの真剣なリアクションが笑いを誘う。TBSでバラエティ番組を制作する合田隆信が監督を務め、ロッシーと宇宙人とのバトルを大胆かつリアルに演出する。

監督
合田隆信
出演キャスト
千原ジュニア ロッシー
2008年

銀幕版スシ王子! ニューヨークへ行く

  • 2008年4月19日(土)公開
  • プロデューサー

堂本光一主演のテレビ・ドラマの映画版が登場。“スシ王子”の異名を持つ若きスシ職人の天才が、シャリを極めようとNYへと渡ってギャグ&アクション満載の珍道中を繰り広げる。

監督
堤幸彦
出演キャスト
堂本光一 中丸雄一 釈由美子 石原さとみ
2007年

自虐の詩

  • 2007年10月27日(土)公開
  • プロデューサー

業田良家の人気4コマ漫画を、中谷美紀、阿部寛の共演で映画化。不幸な生い立ちのヒロイン・幸江と内縁の夫・イサオによる一風変わった愛の日々を、笑いと涙を交えてつづる。

監督
堤幸彦
出演キャスト
中谷美紀 阿部寛 遠藤憲一 カルーセル麻紀
2006年

明日の記憶

  • 2006年5月13日(土)公開
  • プロデューサー

山本周五郎賞受賞の荻原浩の同名小説を、世界を舞台に活躍する渡辺謙主演で映画化。若年性アルツハイマー病を患い不安にかられる男と、彼を必死に支えようとする妻の姿を描く感動作。

監督
堤幸彦
出演キャスト
渡辺謙 樋口可南子 坂口憲二 田辺誠一
2005年

α

  • 2005年1月15日(土)公開
  • プロデューサー

「Jam Films」の第3作、シリーズ1作目に参加した監督たちが人選した7人のクリエイターによるショート・フィルム集「Jam Films S」の中の一作。自分らしさや個性を求める現代人を皮肉った短篇コメディ。監督は「Jam Films S/OPENING」の原田大三郎。脚本は「GLOW 僕らはここに…。」の福田卓郎。撮影を鯵坂輝国が担当している。主演は、「卒業」の内山理名と「犬と歩けば チロリとタムラ」のスネオヘアー。

監督
原田大三郎
出演キャスト
内山理名 スネオヘアー
2004年

ピカ☆☆ンチ(ピカンチダブル) LIFE IS HARD だから HAPPY

  • 2004年3月1日(月)公開
  • プロデューサー

人気グループ、嵐主演による青春映画の続編。同じ団地で育った若者たちの再会と成長を描く。販売員や板前のたまご、ミュージシャンといった個性豊かなキャラに魅了される。

監督
堤幸彦
出演キャスト
大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和也
2003年

2LDK

  • 2003年10月4日(土)公開
  • プロデューサー

“限定空間での2者の対決”をテーマに、人気監督が中編作品を競作。本作は、野波麻帆&小池栄子がマンションの一室で殺し合いをする、堤幸彦監督によるサスペンス・ホラー。

監督
堤幸彦
出演キャスト
野波麻帆 小池栄子 辻村真紀 小宮美穂
2002年

ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY

  • 2002年10月18日(金)公開
  • プロデューサー

人気アイドルグループ、嵐の映画初主演作。同じ事務所に所属する、V6の井ノ原快彦の実体験にもとづく原案を、「溺れる魚」の気鋭・堤幸彦監督が映画化した青春ドラマ。

監督
堤幸彦
出演キャスト
相葉雅紀 松本潤 二宮和也 大野智
2001年

CHINESE DINNER

  • 2001年3月16日(金)公開
  • プロデューサー

中華料理店の一室を舞台に、殺し屋とその標的となった男の攻防を描く密室サスペンス。監督は「溺れる魚」の堤幸彦。堤監督のオリジナルストーリーを基に、「さよならニッポン! GOODBYE JAPAN」の加藤学生と「平成名探偵 阪田京介」の鬼頭理三が脚色。撮影を「溺れる魚」の唐沢悟が担当している。主演は、「東京★ざんすっ/ランニング・フリー」の柳葉敏郎と「溺れる魚」のIZAM。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
堤幸彦
出演キャスト
柳葉敏郎 IZAM 翠玲
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 中沢晋