映画-Movie Walker > 人物を探す > 伊藤仁

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2017年 まで合計8映画作品)

2017年

バンコクナイツ

  • 2017年2月25日(土)公開
  • 出演(ビン 役)

「サウダーヂ」の富田克也監督による、タイ人娼婦と日本人の逃避行を歴史を捉えながら追うロードムービー。バンコクの歓楽街で働き家族を支える娼婦のラックは、元恋人オザワと5年ぶりに再会。二人は失われた楽園を探すようにラックの故郷やラオスに向かう。タイ東北部のイサーン地方の伝統音楽を交え、ベトナム戦争の傷跡やタイの抵抗の歴史、二人の道行き、さらに欲望渦巻く歓楽街の群像劇を重層的に描く。第 69 回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に出品され、若手審査員・最優秀作品賞を獲得した。

監督
富田克也
出演キャスト
スベンジャ・ポンコン スナン・プーウィセット チュティパー・ポンピアン タンヤラット・コンプー
2012年

バビロン2 THE OZAWA

  • 2012年11月10日(土)公開
  • 出演(小神源太 役)

「サウダーヂ」の脚本を手がけた相澤虎之助による「花物語バビロン」に次ぐシリーズ第2作。日本からベトナムへ渡った男が、革命家と名乗る人物と出会い、戦場に迷い込んでいく姿を描く。富田克也、伊藤仁、鷹野毅、尾崎愛など「サウダーヂ」のスタッフ・キャストが再び集結。8mmからのテレシネ。

監督
富田克也
出演キャスト
富田克也 伊藤仁 鷹野毅
2011年

FURUSATO2009 「サウダーヂ」のための長い予告編

  • 2011年12月17日(土)公開
  • 出演

「国道20号線」の富田克也が、次作「サウダーヂ」のリサーチとして1年間撮影したドキュメンタリー。山梨県甲府市の農業、土木業、工業、商業の現状を映しながら、足音がドラムンベースの重低音に、会話がフリースタイルラップ合戦に変化するミュージカルのように編集している。編集は、「国道20号線」の高野貴子。

監督
富田克也
出演キャスト
伊藤仁 鷹野毅 田我流

サウダーヂ

  • 2011年10月22日(土)公開
  • 出演(保坂ビン 役)

不況によって中心街が“シャッター通り”と化した日本の地方都市を舞台に、そこで生きる土木労働者や海外からの移民労働者の姿を通して、文化摩擦や差別、経済格差の問題を描く。出演は「国道20号線」の鷹野毅、伊藤仁。現地で暮らす人々を数多くキャスティングし、生々しい街の姿を伝える。監督は「国道20号線」の富田克也。

監督
富田克也
出演キャスト
鷹野毅 伊藤仁 田我流 ディーチャイ・パウイーナ
2008年

クライマーズ・ハイ

  • 2008年7月5日(土)公開
  • 出演

「半落ち」の人気作家、横山秀夫の小説を堤真一ら実力派俳優共演で映画化。1985年の日航機墜落事故取材に奔走する新聞記者たちの姿を、パワフルな演出で追う社会派ドラマ。

監督
原田眞人
出演キャスト
堤真一 堺雅人 小澤征悦 田口トモロヲ

歓喜の歌

  • 2008年2月2日(土)公開
  • 応援撮影助手

立川志の輔の創作落語を、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督が映画化。町のイベントを巡る職員やママさんたちの騒動を、人情味たっぷりに描く。

監督
松岡錠司
出演キャスト
小林薫 伊藤淳史 由紀さおり 田中哲司
2007年

国道20号線

  • 2007年11月3日(土)公開
  • 出演(ヒサシ 役)

アウトローな若者たちの日常を描き高い評価を受けた「雲の上」の富田克也監督最新作。地方都市で暮らす元暴走族の青年と、彼を取り巻く絶望的な状況をリアルに描いたドラマ。

監督
富田克也
出演キャスト
伊藤仁 りみ 鷹野毅 村田進二
2001年

阿修羅の伝説 死闘篇

  • 2001年1月27日(土)公開
  • 出演(ボディガード 役)

現代版「座頭市」ともいえる、的場浩二主演のサスペンス・アクション。青森県八戸市を舞台に、盲目の格闘家を取り巻く奇怪な事件の数々、そして生き別れた母親との悲しくも切ない出会いを描く。

監督
長濱英高
出演キャスト
的場浩司 大河内奈々子 井上穂奈美 石丸謙二郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 伊藤仁