TOP > 人物を探す > サム・カッツマン

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1969年 まで合計18映画作品)

1969年

俺たちに鎖はない

  • 1969年5月24日(土)
  • 製作

「わかれ道(1963)」のオービル・H・ハンプトンのシナリオを、テレビ畑の新鋭アーサー・ドレイファスが監督したもので、10代の少年少女の、家出問題を扱っている。撮影は「引き裂かれたカーテン」のジョン・F・ウォレン、音楽は「フランキーandジョニー」のフレッド・カーガーが担当した。美術監督はジョージ・W・デイヴィスとメリル・パイ、編集はベン・ルイス、出演はテレビ「ボナンザ」の新人ブルック・バンディ、この映画の主題歌の作詞・作曲をしているケヴィン・コフリン、「悪い種子」の少女スターだったパティ・マコーマックほか。製作は「青空のデイト」のサム・カッツマン。

監督
アーサー・ドレイファス
出演キャスト
ブルック・バンディ ケヴィン・コフリン ロイド・ボックナー パティ・マコーマック
1967年

暴走52マイル

  • 1967年4月15日(土)
  • 製作

アレック・ゲイビーの原作をロバート・E・ケントが脚色、「氷上の花」のジョン・ブラームが監督した。撮影はロイド・エイハーン、音楽はフレッド・カーガーが担当。出演はダナ・アンドリュース、ジーン・クレイン、ミムジー・ファーマー、ローリー・モックほか。製作はサム・カッツマン。

監督
ジョン・ブラーム
出演キャスト
ダナ・アンドリュース ジーン・クレイン ミムジー・ファーマー ローリー・モック
1965年

ハレム万才

  • 1965年12月25日(土)
  • 製作

「キッスン・カズン」のジェラルド・ドレイソン・アダムスの脚本を、同作品のジーン・ネルソンが監督したプレスリー19本目の歌謡活劇。撮影は「クレイジー・ジャンボリー」のフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽は「ハンク・ウィリアムス物語 偽りの心」のフレッド・カーガーが担当した。出演はエルヴィス・プレスリー、「フロリダ万才」のメアリー・アン・モブリー、「ピンクの豹」のフラン・ジェフリーズ、「偉大な生涯の物語」のマイケル・アンサラほか。製作は「キッスン・カズン」のサム・カッツマン。

監督
ジーン・ネルスン
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー メアリー・アン・モブリー フラン・ジェフリーズ マイケル・アンサラ

青空のデイト

  • 1965年12月25日(土)
  • 製作

ブロードウェイのミュージカル・プレイ「ガール・クレイジー」から、「クレイジー・ジャンボリー」のロバート・E・ケントが脚色、TV映画「0011ナポレオン・ソロ」シリーズのアルヴィン・ガンツァーが監督したミュージカル映画。撮影は「ランダース」のポール・C・ヴォーゲル、音楽は「クレイジー・ジャンボリー」のフレッド・カーガーが担当、アール・バートンが振付けしている。出演は「渚のデイト」のコニー・フランシス、「不沈のモリー・ブラウン」のハーブ・プレスネル、「女房は生きていた」のフレッド・クラーク、「フロリダ万才」のジョビー・ベイカー、「青春カーニバル」のスー・アン・ラングドンのほかに、ハーマンズ・ハーミッツ、ルイ・アームストロング、サム・ザ・シャムとザ・ファラオス・リベラーチェらが特別出演している。なお劇中、主題歌「青空のデイト」ほか11曲が挿入されている。製作はサム・カッツマン。

監督
アルヴィン・ガンツァー
出演キャスト
コニー・フランシス ハーヴ・プレスネル スー・アン・ラングドン フレッド・クラーク

ハンク・ウィリアムス物語 偽りの心

  • 1965年6月19日(土)
  • 製作

スタンフォード・ウィットモアの脚本を、「キッスン・カズン」のジーン・ネルソンが監督した、民謡歌手兼作曲家、ハンク・ウィリアムスの伝記映画。撮影は「キッスン・カズン」のエリス・W・カーター、音楽は同じく「キッスン--」のフレッド・カーガーが担当した。出演はジョージ・ハミルトン、スーザン・オリバー、レッド・バトンズ、アーサー・オコンネルなど。なお、ウィリアムスのヒット・ソング12曲が紹介され、息子のハンク・ウィリアムス・ジュニアが歌っている。

監督
ジーン・ネルスン
出演キャスト
ジョージ・ハミルトン スーザン・オリバー レッド・バトンズ アーサー・オコンネル

クレイジー・ジャンボリー

  • 1965年5月28日(金)
  • 製作

「アパッチ砂漠」のロバート・E・ケントの脚本を、新鋭シドニー・ミラーが監督した青春ドラマ。撮影はフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽は「キッスン・カズン」のフレッド・カーガーが担当した。出演は「フロリダ万才」のマリー・アン・モブリー、「チャップマン報告」のチャド・イベレットのほかにジョーン・オブライエン、ナンシー・シナトラ、クリス・ノエルなど。なおスタン・ゲッツ楽団ほか6つのバンドがゲスト出演している。製作はサム・カッツマン。

監督
シドニー・ミラー
出演キャスト
Marry Ann Mobley チャド・イベレット ジョーン・オブライエン ナンシー・シナトラ
1964年

キッスン・カズン

  • 1964年10月9日(金)
  • 製作

「アパッチ騎兵隊」のジェラルド・ドレイソン・アダムスの原案を、彼とジーン・ネルソンが脚色し、ジーン・ネルソンが演出した喜劇。撮影は「ママは二挺拳銃」のエリス・W・カーター、音楽はフレッド・カーガーが担当した。製作はサム・カッツマン。出演は「アカプルコの海」のエルヴィス・プレスリー、「ブルー・ハワイ」のパメラ・オースチン、TV「サンセット77」のシンシア・ペッパー、「ヤング・ヤング・パレード」のイボンヌ・クレイグ、「ラインの監視」のドナルド・ウッズ、「夢の渚」のアーサー・オコンネルほか。

監督
ジーン・ネルスン
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー アーサー・オコンネル グレンダ・ファレル ジャック・アルバートソン
1961年

バグダッドの魔術師

  • 1961年4月30日(日)
  • 製作

TV作家出のサミュエル・ニューマンの物語を「大海戦史」のジェシ・L・ラスキー・ジュニアとパット・シルバーが共同脚色し、「逆転電撃作戦」のジョージ・シャーマンが監督した冒険ロマンス。撮影を担当したのはエリス・W・カーター。音楽はデイヴィッド・サクソン。出演するのは新人ディック・ショーン、「大都会の女たち」のダイアン・ベーカーなど。製作サム・カッツ。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
ディック・ショーン ダイアン・ベーカー バリー・コー ジョン・ヴァン・ドリーンレン
1962年

熱狂のツイスト

  • 1962年3月17日(土)
  • 製作

ジェームズ・B・ゴードン脚本、オスカー・ルドルフ監督のツイスト映画。本格的なツイスト映画の公開はこれが始めてである。ツイストの歌と踊りを全篇に盛り込んだもので、ロックン・ロールやドドンパなどより一層強烈な風変わりな踊りを紹介する。撮影はゴードン・エイヴィル、音楽指揮はフレッド・カーガーが担当。出演者はツイストの創始者であり、3年前からツイストを歌いまくって世界中のハイティーンの間にそれを流行させた今年22歳の黒人歌手チャビー・チェッカー、アメリカのレコード界に旋風を巻き起こしたディオン、16歳の女性歌手ヴィッキー・スペンサー、テレビの人気者クレイ・コールなどが勢揃い。13曲のツイストを歌い踊りまくる。製作は「ロック・アンド・ロール」のサム・カッツマン。

監督
オスカー・ルドルフ
出演キャスト
チャビー・チェッカー ディオン ビッキー・スペンサー クレイ・コール
1960年

逆転電撃作戦

  • 1960年6月16日(木)
  • 製作

第二次大戦のフランスを舞台にしたレジスタンス映画。ダン・ペパーとバート・ピカードの脚本を「成吉思汗」のジョージ・シャーマンが監督した。撮影は「やくざ特急」のバジル・エモット。音楽はミッシャ・バカライニコフ。出演は「前線目異例」のヴァン・ジョンソン、「今晩おひま?」のダニー・カレル、「大海戦史」のジャン・ピエール・オーモンのほか、ジェラール・ランドリーら。製作サム・カッツマン。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
ヴァン・ジョンソン ダニー・カレル ジャン・ピエール・オーモン ジョン・ヴァン・ドリーンレン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > サム・カッツマン