TOP > 人物を探す > 山口森広

年代別 映画作品( 2000年 ~ 2015年 まで合計6映画作品)

2015年

ベトナムの風に吹かれて

  • 2015年10月17日(土)
  • 出演(ドエン/エンドウ 役)

自身が日本語教師を勤めるベトナムに認知症の母を呼び寄せ暮らした体験を綴った小松みゆきの『越後のBaちゃんベトナムへ行く』を基にした人間ドラマ。老いた母と向き合う日本語教師の姿や、活気あふれるベトナムで様々な人に支えられながら心通わす日々を描いていく。監督は「津軽百年食堂」「ヒポクラテスたち」の大森一樹。主演は「武士の家計簿」「死の棘」の松坂慶子。フォークグループ『フォー・セインツ』とともに主題歌も歌う。認知症の母を「Shall we ダンス?」の草村礼子が、再会した旧友を監督としても活躍する奥田瑛二が演じるほか、アイドルグループ『NMB48』の藤江れいな、吉川晃司らが出演。初の日本・ベトナム合作映画。

監督
大森一樹
出演キャスト
松坂慶子 草村礼子 藤江れいな 山口森広
2013年

カルト

  • 2013年7月20日(土)
  • 出演

母娘に憑いた霊を除霊しようとする霊能者の壮絶な戦いを番組で取り上げようとするホラー。監督は「シロメ」「ノロイ」などフェイク・ドキュメンタリーの手法を使ったホラー作品を多く輩出している白石晃士。本作もフェイク・ドキュメンタリーの形式をとっており、「ナイト・トーキョー・デイ」「蛇にピアス」のあびる優、「ミロクローゼ」「アインシュタインガール」の岩佐真悠子、「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」「海の金魚」の入来茉里の3人が番組のリポーターとして出演。第31回ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭正式出品作品。

監督
白石晃士
出演キャスト
あびる優 岩佐真悠子 入来茉里 岡本夏美
2010年

バトル・ロワイアル 3D

  • 2010年11月20日(土)
  • 出演(オダトシノリ 役)

深作欣二監督の遺作「バトル・ロワイアル」を10年の時を経て3D化。中学生同士の殺し合いを描き、公開当時は社会問題まで引き起こしたバイオレンス・ムービー。3D映像とCGをふんだんに使い、弾丸や血しぶきなどの暴力描写を迫力満点かつリアルに映し出す。藤原竜也、柴咲コウら今なお活躍する俳優陣の若かりし姿もよみがえる。

監督
深作欣二
出演キャスト
藤原竜也 前田亜季 山本太郎 栗山千明
2008年

ハンサム★スーツ

  • 2008年11月1日(土)
  • 出演

谷原章介、塚地武雅が主演を務めるコメディ。着るだけでハンサムになれるスーツを手にしたブサイク男が、スーパーモデルに変身し、恋や夢をかなえようと大騒動を繰り広げる。

監督
英勉
出演キャスト
谷原章介 塚地武雅 北川景子 佐田真由美
2001年

バトル・ロワイアル(特別篇)

  • 2001年4月7日(土)
  • 出演(織田敏憲 役)

国会でもとりあげられるなど社会的な話題を呼んだ問題作に、新たにシーンをプラス。生徒たちの友情の描写を加え、青春ドラマの色合いを濃くしている。

監督
深作欣二
出演キャスト
藤原竜也 前田亜季 北野武 山本太郎
2000年

バトル・ロワイアル

  • 2000年12月16日(土)
  • 出演(織田敏憲 役)

 論議を呼んでいるベストセラー小説を映像化した問題作。法律によって殺し合いを強いられる中学生たちのサバイバルに、友情に苦悩する逸話がからみ、目が離せない!

監督
深作欣二
出演キャスト
藤原竜也 前田亜季 北野武 山本太郎

山口森広の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 山口森広