映画-Movie Walker > 人物を探す > ランバート・ヒルヤー

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1958年 まで合計38映画作品)

1923年

乱射乱撃(1923)

  • 1923年当年公開
  • 監督、脚色

「虹の山道」「男の意地」等の原作者ゼーン・グレイの原作で、かつてウィリアム・ファーナム主演で製作され、日活の手で公開されたことがある。これはランバート・ヒルヤーが脚色及び監督をしたもので、対手役は「若人よ永遠に」出演のビリー・ダヴである。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
トム・ミックス ビリー・ダヴ L・C・シャムウェイ スタントン・ヘック

嫉妬の創痕

  • 1923年当年公開
  • 監督、脚色

アンソニー・M・ラッド氏原作の小説を「善悪の境」等の監督をしたランバート・ヒルヤー氏が脚色し監督した映画で、主役は「山河轟く」「嵐の判決」等出演のロイド・ヒューズ氏「ローナ・ドゥーン」「結婚とは」等出演のフランク・キーナン氏「結婚愛」「大奮闘家」等出演のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢、その他「蜂雀」等で近ごろ売出しのエドモンド・バーンズ氏や「ふるさとの家」などの古いブルーバード映画でお馴染みのジェームズ・メイスン氏等が共演している。劇中の山火事の場面やルイ十五世時代の挿話が大仕掛で評判である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ロイド・ヒューズ フランク・キーナン マーゲリット・ド・ラ・モット エドモンド・バーンズ

大地震(1923)

  • 1923年当年公開
  • 監督

「狼の血」を完成してからロン・チャニー氏がユ社の為に作ったジウエル映画で、監督は永くウィリアム・エス・ハート氏の作品を監督していたランバート・ヒルヤー氏である。相手役して「嵐」以来お馴染のヴァージニア・ヴァリ嬢が出演する。1906年の桑港大地震を取り入れた暗黒街の物語である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ロン・チャニー ヴァージニア・ヴァリ ジャック・モワー ウィリアム・ウェルチ
1922年

義憤の熱血

  • 1922年当年公開
  • 監督

「物言わぬ北国より」「最後の一撃」等同様ユ社のフランク・メイオ氏主演映画でジャック・ベチドルト氏の原作をチャールズ・サーヴァー氏が脚色し、多くのエス・ハート物の脚色監督者たり最近の「血に燃ゆる砂漠」等の監督たるランバート・ヒルヤー氏が監督した。相手役は「虎狼の巷」等出演のエドナ・マーフィ嬢、その他「爆弾児」のウォーレス・マクドナルド氏等が出演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
フランク・メイオ エドナ・マーフィ ウォーレス・マクドナルド ジャック・カーティス

善悪の境

  • 1922年当年公開
  • 監督

「偽りの唇」「女性を讃えよ」等と同じくトーマス・H・インス氏の作品でエール・ピー・社映画がファース・ナショナル社から発売される事になった後の作品である。マーク・エドマンド・ジョーンズ氏の原作をルロイ・ストーン氏が脚色し、エス・ハート劇の監督者として名声あり、最近ユ社に在るランバート・ヒルヤーが監督した。主役は「我が妻を見よ」「熱国の薔薇」等のミルトン・シルス氏と、「偽りの唇」「女性を讃えよ」等のフローレンス・ヴィダー嬢である。名妖婦俳優となったマーシャ・メイノン嬢其他老巧な人々が共演。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ミルトン・シルス フローレンス・ヴィダー マーシア・メイノン チャールズ・クラリー

怒濤を蹴って

  • 1922年当年公開
  • 監督

「狼の掟」同様フランク・メイオ氏主演のユ社映画。C・B・ランカスター氏の同名の小説からジョージ・ランドルフ・チェスター氏が脚色しエス・ハート氏の監督で知られたランバート・ヒルヤー氏が監督した。相手役は「電波王」等のルイズ・ロレイン嬢メイオ氏夫人ダマール・ゴドウスキー嬢も出演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
フランク・メイオ ルイズ・ロレイン Lawrence Hughes J. J. Lanoe
1921年

寡言の男

  • 1921年当年公開
  • 監督

ウィル・レイノールズの原作を殆どほかのハート映画のすべてと同じくランバート・ヒルヤーが監督、脚色した。ウィリアム・S・ハートは空前の3役演出を試み、相手としては「タイガー・マン」「我利我利イェーツ」などと同じくジェーン・ノヴァックが出演する。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート ジェーン・ノヴァック S. J. Bingham ゴードン・ラッセル

乗馬警官隊のオマレイ

  • 1921年当年公開
  • 監督、脚色

ハート氏が独立後の作品で、例によってハート氏の自作、ランバート・ヒルヤー氏の脚色及び監督になったもの。今度は珍しくカナダの乗馬警官隊の物語である。『全体としての筋は決して新味あるものとは言えないが、ハート氏の原作には興味をそそる充分の小事件が織りこまれており、殊に義務と愛とに心を悩ます主人公の性格描写が例によって美事なので、豊かな興味を味わうことができる。』とニュース誌は褒めている。対手は以前の対手ジェーン・ノヴァックの妹で、今ユ社のスターである。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート エヴァ・ノヴァク レオ・ウィリス アントリム・ショート

断腸の笛

  • 1921年当年公開
  • 監督、脚本

ウィリアム・S・ハート氏主演のパ社映画で、メイ・ウィルモス女史及びオリーン・ナイマン女史の合作を例の通りランバート・ヒルヤー氏が脚色監督したものである。マートル・ステッドマン嬢フランク・ブラウンリー氏等が出演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート フランク・ブラウンリー マートル・ステッドマン ジョージ・E・ストーン
1920年

侠漢と悍馬

  • 1920年当年公開
  • 監督、脚本

ウィリアム・エス・ハートがインスの元を去ってからの作品でラッセル・ボッグスの原作を、ランバート・ヒルヤーが脚色監督したもの、相手役は前セネット喜劇の花形メアリー・サーマンである。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート メアリー・サーマン G・レイモンド・ナイ パトリシア・パーマー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ランバート・ヒルヤー