映画-Movie Walker > 人物を探す > ランバート・ヒルヤー

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1958年 まで合計38映画作品)

1933年

警官車十七号

  • 1933年当年公開
  • 監督、原作、脚色

「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが原作脚色監督した映画で、西部劇俳優だったティム・マッコイが主演する。相手役は「ポーリンの冒険」のエヴァリン・ナップで、ハロルド・ヒューバー、ウォーリス・クラーク、ワード・ボンド等が助演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ティム・マッコイ エヴァリン・ナップ ウォーリス・クラーク ワード・ボンド

男性の王者

  • 1933年当年公開
  • 監督

「戦時特派員」「恩讐」のジャック・ホルトが主演する映画で、チェスター・アースキンとユージーン・ソロウの原作を、「風雲の支那」のエドワード・E・パラモア・ジュニアと「鷲と鷹(1933)」のシートン・I・ミラーが共同脚色死、西部劇監督として名のあるランバート・ヒルヤーが監督に当たり、「青空天国」のジョー・オーガストが撮影した。助演は「バワリイ」「魔の海底」のフェイ・レイ、「青空天国」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「ジェニイの一生」のデオドル・フォン・エルツ、「アフリカは笑ふ」のバートン・チャーチルの面面である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ジャック・ホルト フェイ・レイ ウォルター・コノリー セオドア・フォン・エルツ

爆弾ジョーンズ

  • 1933年当年公開
  • 監督、原作、脚色

「大金鉱」「戦慄を追う男」のバック・ジョーンズが主演する西部活劇で、「男性の王者」を監督したランバート・ヒルヤーが原作脚色監督したものである。カメラはアル・シーグラーが担当している。助演者は「ゆりかごの唄」のダイアン・シンクレアを始め、「餓ゆるアメリカ」のワード・ボンド、「犯罪都市(1931)」のディック・アレクサンダー、「暁の耕地」のアーヴィル・アルダーソン、「海の密室」のルイ・ナトー、「ナイトクラブの女」のナイルス・ウェルチ等である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ ダイアン・シンクレア ワード・ボンド ディック・アレクサンダー
1932年

怒る荒鷲

  • 1932年当年公開
  • 監督

「修羅王ジョーンズ」「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが監督に当たったバック・ジョーンズ主演西部劇で、「キング・ホース」のフレッド・マイトンが書き下ろしたもの。助演者は「国境飛行隊」「妾の弱点」のバーバラ・ウィークスを始め、「国境飛行隊」のロバート・エリス、「百万ドル小僧」のワード・ボンド、「地熱」のジェイソン・ロバーズ等で、キャメラは「歓呼の嵐」「友情の曲線」のL・ウィリアム・オコンネルが担任。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ バーバラ・ウィークス ワード・ボンド ロバート・エリス

単騎突進(1932)

  • 1932年当年公開
  • 監督

「西部の荒武者」「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが監督したバック・ジョーンズ主演映画で、リナ・バスケット、ラッセル・シンプソン、ウォーレス・マクドナルド等が助演する。撮影はベンジャミン・H・クラインの担当。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ リナ・バスケット ラッセル・シンプソン オットー・ホフマン
1930年

美しき山賊

  • 1930年当年公開
  • 監督

「愛欲の人魚」「殺人倶楽部」のロッド・ラ・ロック氏のR・K・O入社第二回主演映画で、「愛の訪れ」「想夫舞曲」の原作者ウォーレス・スミス氏の原作を氏自身脚色並びに台詞をものし、「鐵拳火花を散らす」「大驀進」のランバート・ヒルヤー氏が監督し、「雨製造者」「出世水兵」のジャック・マッケンジー氏が撮影したものである。助流者は「鐵腕の男」「都会の幻想」のドリス・ケニヨン嬢、「紐育の波止場」「闇を行く」のミッチェル・ルイス氏、「破戒」「鐵路の王者」のジョージ・ダーイー氏、「ギャング・ワー」「大自然を敵として」のウォルター・ロング氏、「遥かなる叫び」のチャールズ・ミドルトン氏等である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ロッド・ラロック ミッチェル・ルイス ドリス・ケニヨン チャールズ・ミドルトン

大学の地廻り

  • 1930年当年公開
  • 脚本

「假の塒」「ローズマリー(1928)」主演のジェームズ・マレイ氏と「風雲の天地」「美人投売一弗均一」のキャスリン・クロフォード嬢とが主演する映画で、嘗て監督だったランバート・ヒルヤー氏がアーサー・リップリー氏と共同して執筆した台本により、「炭坑」「曙光の森」のレジナルド・バーカー氏が監督、「ショウ・ボート(1929)」「薫る河風」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影したものである。助演者は「歓楽地帯」「暴力団(1928)」のリー・モーラン氏、「乙女よ純なれ」「暗黒街のローマンス」のロバート・エリオット氏、カール・ストックデール氏、エドワード・ハーン氏、等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ジェームズ・マレイ キャスリン・クロフォード Jackie Hanlon リー・モーラン
1927年

電光石火の勇

  • 1927年当年公開
  • 監督、脚色

「鉄拳火花を散らす」と同じくランバート・ヒルヤー氏が監督し、バック・ジョーンズ氏が主演する西部活劇である。原作はチャールズ・アルデン・セルツァー氏の手になり、ランバート・ヒルヤー氏自身が脚色している。相手役は「ボクシング修羅王」に出演してディオン・エリス嬢で、テッド・マクナマラ氏、ジャック・バストン氏、ウィリアム・ウェルチ氏、ジーン・キャメロン氏などが助演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ ディオン・エリス テッド・マクナマラ ジャック・バストン

鉄拳火花を散らす

  • 1927年当年公開
  • 監督

「横転逆転白雪の巻」「勇猛果敢」等と同じくバック・ジョーンズ氏主演恵慰撫劇で、ジャック・ジャングマイヤー氏が書き下ろした台本によって「鉄拳」「巷の勇者」等と同じくランバート・ヒルヤー氏が監督したもので、ジョーンズ氏の相手女優は「ある男の一生」「森の男(1926)」等出演のジョージア・ヘール嬢が勤め、アルバート・J・スミス氏、マージョリー・ビーブ嬢、ウィリアム・ウェルチ氏等が助演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ ジョージア・ヘール アルバート・J・スミス ウィリアム・ウェルチ
1924年

バーバラ・フリッチー

  • 1924年当年公開
  • 監督、脚色

「ボー・ブラムメル」を書いたクライド・フィッチ氏原作になる舞台劇を、ランバート・ヒルヤー氏とアグネス・クリスティン・ジョンストン女史とが脚色し「嫉妬の創痕」「是なくの境」等と同じくランバート・ヒルヤー氏が監督したもの。主役は「女性を讃えよ」「結婚哲学」「本町通り」等出演のフローレンス・ヴィダー嬢と、「沈黙の命令」等出演のエドモンド・ロウ氏とである。「国民の創生」等と同じように南北戦争を背景にした物語である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー エドモンド・ロウ エメット・C・キング ジョー・ベネット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ランバート・ヒルヤー