TOP > 人物を探す > ジューン・ハヴォック

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1987年 まで合計5映画作品)

1980年

ミュージック・ミュージック

  • 1980年10月25日(土)
  • 出演(Helen 役)

ニューヨークのショー・ビジネスの世界を舞台に、明日のスターを夢みる若者たちと彼らをデビューさせるバックグラウンドの人々を描くミュージカル映画。製作はアラン・カー、ジャック・モラリとアンリ・ベロロ、監督はナンシー・ウォーカー、脚本はブロンテ・ウッダード、撮影はビル・バトラー、音楽はジャック・モラリが各々担当。出演はヴァレリー・ペリン、ブルース・ジェンナー、スティーヴ・グッテンバーグ、ポール・サンド、アレックス・ブライリー、デイヴィッド・ホード、グレン・ヒューズ、ランディ・ジョーンズ、フェリープ・ローズなど。日本語版監修は清水俊二。カラー、ビスタサイズ。1980年作品。

監督
ナンシー・ウォーカー
出演キャスト
ヴァレリー・ペリン ブルース・ジェンナー スティーヴ・グッテンバーグ ポール・サンド
1955年

恐喝の街

  • 1955年12月5日(月)
  • 出演(Leona 役)

「恐怖のサーカス」のロバート・フェローズが1949年に製作したギャング映画。ティファニー・セイヤーの原作から「前科者」のウォーレン・ダフが脚色、「三人の狙撃者」のルイス・アレンが監督した。撮影は「対決」のジョン・サイツ、音楽は「野性地帯」のヴィクター・ヤングである。主演は「太鼓の響き」のアラン・ラッドで、「雨の朝巴里に死す」のドナ・リード、「鉄のカーテン」のジューン・ハヴォック、「彼と人魚」のアイリーン・ハーヴェイ、「無頼の谷」のアーサー・ケネディ、「平原の勇者」のベリー・クローガーなどが共演。

監督
ルイス・アレン
出演キャスト
アラン・ラッド ドナ・リード ジューン・ハヴォック アイリーン・ハーヴェイ
1949年

鉄のカーテン

  • 1949年9月
  • 出演(Karanova 役)

カナダにおける原子力秘密漏洩事件の映画化で、オタワのソ連大使館員だったイゴール・グーゼンコの実話に基づいて、メルトン・クリムスが脚色を執筆し、「消え行く灯」「翼の人々」「母」などのウィリアム・A・ウェルマンが監督、「三十四丁目の奇跡(1947)」のチャールズ・G・クラークが撮影した。主演は「ローラ殺人事件」と同じくダナ・アンドリュースとジーン・ティアニーで、助演はオペラ出身のジューン・ハヴォックをはじめ、「幽霊と未亡人」のエドナ・ベスト、ベリー・クローガー、ステファン・シュナーベル、ニコラス・ジョーイ、エデュアール・アランツ、フレデリック・トセレ等の新顔が多い。音楽はショスタコヴィチ、ブロコフィエフ、アラム・カチャチュリアン、ミヤスコウスキイ等のソ連音楽家の作品から抜粋している。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ダナ・アンドリュース ジーン・ティアニー ジューン・ハヴォック ベリー・クローガー
1987年

紳士協定

  • 1987年10月9日(金)
  • 出演(Elaine_Wales 役)

反ユダヤ主義に対して果敢な挑戦を行なったジャーナリストの姿を通し、アメリカ社会の恥部を描く。1947年度アカデミー作品賞、監督賞、助演女優賞(セレステ・ホルム)を受賞。製作はダリル・F・ザナック、監督は「ラスト・タイクーン」のエリア・カザン、原作はローラ・Z・ホブスン、脚本はモス・ハート、撮影はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当。出演はグレゴリー・ペック、ドロシー・マクガイア、ジョン・ガーフィールド、セレステ・ホルムなど。

監督
エリア・カザン
出演キャスト
グレゴリー・ペック ドロシー・マクガイア ジョン・ガーフィールド セレステ・ホルム
1946年

淑女と拳骨

  • 1946年6月13日(木)
  • 出演(Darlene 役)

ロバート・リースとフレデリック・I・リナルドの原作をウォーナー・ブラザアス社で活躍していた脚本家ウォーレン・ダフが潤色し、「恋の手ほどき(1933)」「輝ける百合」等のクロード・ビニヨンが脚色した喜劇。監督はパラマウント専属で「絢爛たる殺人」「春を手さぐる」その他を製作したミッチェル・ライゼン。「或る夜の出来事」「模倣の人生」「追憶(1941)」等に出演のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「姫君海を渡る」等のフレッド・マクマレイが共演するが、この2人は「輝ける百合」以来数回顔を合わせている。助演者は、舞台、映画、ラジオで人気があり、作家としても知られている。「いざ航海者」(輸入予定)等に出演の一種の名物女優イルカ・チェイス、ロンドンの舞台出身のリチャード・ヘイドン、ユーヨークの舞台から来たパウル・マクグラス、ジプシイ・ロオズ・リイの妹でナイト・クラブの芸人だったジュウン・ハヴォック等である。撮影はパラマウントの逸材で「戦場よさらば」「真珠の首飾」等を担当したチャアルス・ラング。ミッチル・ライゼン・プロダクション1943年度作品。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ イルカ・チェイス リチャード・ヘイドン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジューン・ハヴォック

ムービーウォーカー 上へ戻る