TOP > 人物を探す > ネルソン・マクドウェル

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1951年 まで合計18映画作品)

1951年

モヒカン族の最後(1934)

  • 1951年10月26日(金)
  • 出演(David Gamut 役)

ジェイムズ・F・クーパーの同名の小説より取材した1934年作品で、戦後日本ではじめての連続活劇。監督は「ボンバ」のフォード・ビーブと「ユーコンの叫び」のB・リーブス・イースン。ビーブが、ジャック・ナタフォード、コルベート・クラーク、ウィンダム・ギテンスと共に潤色し、台辞を書いている。撮影は「西部の挑戦」のアーネスト・ミラー他が担当。出演は西部劇のヴェテラン、ハリー・ケイリー以下、エドウィナ・ブース、ミッシャ・アウアら。

監督
フォード・ビーブ
出演キャスト
ハリー・ケイリー エドウィナ・ブース ホバート・ボスウォース ウォルター・ミラー
1934年

幌馬車時代

  • 1934年
  • 出演(Trapper 役)

「鉄腕名騎士」「荒野の叫び」と同じくアラン・ジェームズ監督、ケン・メイナード主演、テッド・マッコード撮影になる西部劇でネイト・ガツァートが脚本を書き下ろした。相手役は独立プロダクション等の西部劇に出演していたドロシー・ディックスが勤め、ファイロ・マッカロー、フランク・ライス、ジェイ・ウィルシー、エドワード・コクソン等が助演している。

監督
アラン・ジェームズ
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・ディックス フィロ・マッカロー フランク・ライス
1932年

聖ジョンソン

  • 1932年
  • 出演(The_Parker_Brothers 役)

「光に叛く者」「戦争と貞操」のウォルター、ヒューストンが主演する映画で、W・R・バーネットのストオリイをジョン・ヒューストンと「東は西」のトム・リードの二人が脚色し、新人エドワード・カーンがメガフォンを手にしたもの。助演者の主なるものは「トレイダ・ホーン(1931)」のハリー・ケイリー、「砂漠の生霊」のレイモンド・ハットン、「緑の処女地」のラッセル・シンプソン、「惨劇の波止場」のラッセル・ホプトン、「夜の大統領」のラルフ・インス、ハリー・ウッズ、リチャード・アレクサンダー等でカメラは「母性」「ロスト・ツェッペリン」のジャクソン・J・ローズが担任である。

監督
エドワード・L・カーン
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ハリー・ケイリー レイモンド・ハットン ラッセル・シンプソン

空中飛行便の秘密

  • 1932年
  • 出演(Silent_Sims 役)

エラ・オノールのストーリーをベイジル・ディッキー、ジョージ・プリンプトン、ージ・モーガンの三人が脚色した連続映画で監督は「冒険島」のレイ・テイラー、撮影者はジョン・ヒックソン。主たる出演者は新進のジェームズ・フレイヴィン、「親父は若い」「街のをんな」のルシル・ブラウン、「高速度尖端娘」のホイーキラー・オークマン、フランク・ハグニー、ネルソン・マクドウェル、ブルウス・ミッチェル、アル・プレ、等である。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
ジェームズ・フレイヴィン ルシル・ブラウン ウィーラー・オークマン フランク・ハグニー
1930年

ビリー・ザ・キッド

  • 1930年
  • 出演(Hatfield 役)

「ハレルヤ」「活動役者」と同じくキング・ヴィダー監督作品で、ウォルター・ノーブル・バーンズ作の「ビリー・ザ・キッドの伝説」に基づいて、前記2映画のワンダ・タショックが脚色し、ローレンス・ストーリングスが台詞を書いた。主役は「妻呼ぶ怒涛」「恋多き女」のジョン・マック・ブラウンが勤め、「ビッグ・ハウス」「ロマンスの河」のウォーレス・ビアリー、「略奪者」「マダム・サタン」のケイ・ジョンソンをはじめ、カール・デーン、ウィンダム・スタンディング、ラッセル・シンプソン、ジェームズ・マーカス等が助演している。カメラは「ハレルヤ」のゴードン・エイヴィルが担任した。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン ウォーレス・ビアリー ケイ・ジョンソン カール・デーン
1928年

大北の掟

  • 1928年
  • 出演(Nels 役)

「任侠の勇士」「高原の騎士」に次ぐケン・メイナード氏主演西部劇で、ベネット・コーエン氏が書卸した台本によつて、メイナード作品「曲馬王」「蕃地征服」をものしたハリー・J・ブラウン氏が監督したもの。相手役は「岡惚れハリー」「女権拡張」出演のグラディス・マッコネル嬢が勤め、J・P・マッゴワン氏、エド・ブラディー氏、ドット・ファーレイ嬢、ジョセフ・ジラード氏等が助演し、ターザン號が活躍していること例の通り。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード グラディス・マッコネル エド・ブラディー J・P・マッゴワン

キット・カーソン

  • 1928年
  • 出演(Jim_Sackett 役)

「ジェス・ジェームス」「先駆者時代」「黒衣の騎士」に次ぐフレッド・トムソン氏主演西部劇で、右三映画と同じく原作者はフランク・M・クリフトン氏、監督者はロイド・イングレアム氏とアルフレッド・ワーカー氏である。助演者は、「先駆の時代」「ジェス・ジェームス」「一夜の秘密」のノラ・レーン嬢を始め、ラウール・パオリ氏、ドロシー・ジャニス嬢、ウィリアム・コートライト氏等で白銀王が活躍すること例の通り。

監督
ロイド・イングレアム アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
フレッド・トムソン ノラ・レーン ラウール・パオリ ドロシー・ジャニス
1927年

喇叭手クーガン

  • 1927年
  • 出演(Luke 役)

「海洋児クーガン」と同じく、ジャッキー・クーガン君主演の映画でガードナー・サリヴァン氏原作により、ジョセフィン・ラヴェット女史が撮影台本を書き「キートンのカメラマン」「キートンの結婚狂」のエドワード・セジウィック氏が監督したもの。主演者のほかに「痛めつる胡蝶」「浮気禁制」のハーバート・ロウリンスン氏、「結婚破綻」「ブリキ帽」のクレア・ウィンザー嬢、トム・オブライエン氏、ハリイ・トッド氏その他が出演している。キャメラは「修羅のサーカス」アンドレ・バルラティエ氏が担当。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ジャッキー・クーガン ハーバート・ローリンソン クレア・ウィンザー トム・オブライエン
1925年

絶壁に闘う

  • 1925年
  • 出演(Long_Go_Stallings 役)

流行作家ハロルド・ベル・ライト氏作の小説を映画化したもので脚色はサンソニー・コールドウェイ氏の手により監督は「狂乱船」「南海の孤島」と同じくヴィクター・フレミング氏が担当した。主役は「飛行郵便」「金色の寝床」等出演のワーナー・バクスター氏と「情焔の曲」「人類の破滅」等出演のベシー・ラヴ嬢で、ウォルター・マッグレイル氏、カール・ストックデール氏、レイモンド・ハットン氏等が助演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ワーナー・バクスター ベッシー・ラブ ネルソン・マクドウェル ウォルター・マッグレイル
1924年

ルース乗り出す

  • 1924年
  • 出演(Nathan_Hodge 役)

ヘンリー・W・サヴェジ氏の演出によって知る人ぞ知る、原作はフランスの舞台喜劇でホールマン・ディ氏が改作したもの。脚色はウィニフレッド・ダン女史が担当し「少年ロビンソン」「滑稽恋愛三代記」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもので、主役は「恋盗人」「焼き餅禁物」等主演のヴァイオラ・ダナ嬢で相手役は「猛犬は裁く」「処女時代」等出演のレイモンド・マッキー氏でタリー・マーシャル氏、ウォルター・ハイアース氏、ヴィクター・ポーテル氏等が助演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ レイモンド・マッキー タリー・マーシャル ウォルター・ハイアース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ネルソン・マクドウェル

ムービーウォーカー 上へ戻る