TOP > 映画監督・俳優を探す > Fred Warren

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1934年 まで合計11映画作品)

1934年

ロイドの大勝利

  • 1934年
  • 出演(Tien_Wang 役)

「ロイドの活動狂」に次いでハロルド・ロイド会社が製作したロイド主演喜劇で、サタディ・イヴニング・ポーストに連載されたクラレンス・バディントン・ケランド作の物語に基いて「お転婆キキ(1931)」「悪魔の富籖」のサム・テイラーが脚色監督に当り、ロイド喜劇専属のウォルター・ランディンが撮影したもの。助演者は「爆弾の頬紅」「光は野より」のユーナ・マーケルを始め、「ヒョットコ夫婦」のジョージ・バービア、「女難アパート」のグレイス・ブラッドリー、「一日だけの淑女」のナット・ペンドルトン、「彼女の用心棒」のアラン・ダインハート、グラント・ミッチェル、ウォーレン・ハイマー、J・ファーレル・マクドナルド子役デイヴィッド・ジャック・ホルト等である。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
ハロルド・ロイド ウナ・マーケル ジョージ・バービア ナット・ペンドルトン
1933年

電光石火

  • 1933年
  • 出演(Blake 役)

「輝く西部」「西部無敵王」と同じくデイヴィット・ハワードが監督したジョージ・オブライエン主演西部劇で、「輝く西部」「西部の渡り鳥」のゼーン・グレイが原作を書き、「輝く西部」のゴードン・リグビーがシドニー・ミッチェルと共同脚色したもの。助演者は「武装ラグビー」のネル・オデイ、フランク・アトキソンン、子役ベッツィ・キング・ロス、「山に住む女」のモーガン・ウォーレス、ヴァジニア・セール等で、撮影はシドニー・ワグナーの担任。

監督
デイヴィッド・ハワード
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ネル・オデイ ベッツィ・キング・ロス フランク・アトキソン
1931年

戦時特務機関

  • 1931年
  • 出演(General_Grant 役)

「シマロン(1931)」「ドノヴァン・キッド」と同じくリチャード・ディックス主演映画でウィリアム・ジレット作の舞台劇をバーナード・シューバートが脚色し、脚色者だったJ・ウォルター・ルーベンが監督に当たったもの。助演者は新進のシャーリー・グレイ、「ロマンス」「燃ゆる海原」のギャヴィン・ゴードン、ウィリアム・ポスト・ジュニア、ハロルド・キニー、クラレンス・ミューズ等で撮影はディクス映画専属のエド・クロンジェガーの担当である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
リチャード・ディックス シャーリー・グレイ ウィリアム・ポスト・ジュニア ギャヴィン・ゴードン
1930年

世界の英雄

  • 1930年
  • 出演(General_Grant 役)

「男女の戦」「心の歌」に次いでD・W・グリフィスが監督した作品で、リンカーンの伝記を劇化せる映画。ジョン・W・コンシダイン・ジュニアがストーリーを執筆し、スティーブン・ヴィンセント・ベネットと前2作の脚色者ゲリット・ロイドが脚色、台詞を担当し、「スキピイ」「悪魔が跳び出す」のカール・ストラッスがクランクした。主役リンカーンには「戦争と貞操」「女は嘘つき」のウォルター・ヒューストンが扮し、「コウモリは囁く」のユーナ・マーケル、「トレスパサー」のケイ・ハモンドその他が助演している。

監督
デイヴィッド・ウォーク・グリフィス
出演キャスト
ルシル・ラ・ヴァーン ウィリアム・L・ソーン ヘレン・フリーマン オットー・ホフマン
1929年

懐しのアリゾナ

  • 1929年
  • 出演(I_iano_Player 役)

100パーセントのフォックス・ムーヴィートーン発声映画で、戯曲家として知られたトム・バリー氏が原作を書卸し、あわせて台詞をも執筆したものにより、「栄光」「紅の踊」のラウール・ウォルシュ氏と「暗黒街のローマンス」「闇より光へ」のアーヴィング・カミングス氏とが協力して監督完成したものである。主役を演ずるのは「ある男の一生」「三罪人」のウォーナー・バタスター氏、「栄光」「闇より光へ」のエドモンド・ロウ氏、それと舞台から来たドロシー・バージェス嬢とこの三人であるが、それを助けて「3悪人」で共演したトム・サンチ氏、ジェー・J・ファーレル・マクドナルド氏、フランク・カンポー氏を始めとし、アイヴァン・リノウ氏、ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニアー氏、その他の人々が出演している。

監督
ラウール・ウォルシュ アーヴィング・カミングス
出演キャスト
エドモンド・ロウ ドロシー・バージェス ワーナー・バクスター J・ファーレル・マクドナルド
1928年

旅役者

  • 1928年
  • 出演(The_Barker 役)

ハル・コンクリン氏のオリジナル・ストーリーの映画化で、かつて脚色者たりしテイ・ガーネット氏が監督したものである。脚色はコンクリン、ガーネットの二氏がこれに当った。主役を演ずるのは「空の鍛冶屋」「オグレス」のアラン・ヘール氏と「曙光の森」「ミシガン小僧」のルネ・アドレー嬢との二人であるが、それを助けて「女の一生」「非常線(1928)」のフレッド・コーラー氏と「ニューヨークの波止場」「港々の女難想」のクライド・クック氏とが重要な役を演じている。この映画は無声、発声の両種が輸入せられているが、発声の方は伴奏、擬音を主とした部分トーキーである。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
アラン・ヘイル ルネ・アドレー フレッド・コーラー クライド・クック
1926年

ベルス(1926)

  • 1926年
  • 出演(Baruch_Koweski 役)

エルクマン、シャトリアン合作の有名な舞台劇を映画化したもので、「千客万来」「プルシャの暴君」等と同じくジェームズ・ヤング氏が脚色監督した。主役は「アメリカ」「闇を衝く影」等出演のライオネル・バリモア氏で、「真紅の光線」等出演のローラ・トッド嬢、「雀」等出演のグスタフ・フェン・セイフェティツ氏、エディ・フィリップ氏、オット・レデラー氏等が助演している。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ライオネル・バリモア Caroline Frances Cokke グスタフ・フォン・セイファーティッツ ロリマー・ジョンストン
1925年

幸運の風

  • 1925年
  • 出演(Kid_Blidges 役)

レックス・ビーチ氏作のアラスカ金鉱物語を映画化したもので「レー・ホーク」と同じくフランク・ロイド氏が監督製作した。主役は「女名捕手」「栄冠は吾れに」等出演のベンライオン氏、「女名捕手」「人生の舞台裏」等出演のアンナ・Q・ニルソン嬢、有名な英国俳優ヴィクター・マクラグレン氏及び「陶酔の毒盃」「美人懸賞」等出演のヴァイオラ・ダナ嬢が演じ、フィロ・マッカロー氏、ドロシー・セバスチャン嬢、ホバート・ボスウィース氏等が助演している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
アンナ・Q・ニルソン ベン・ライオン ヴァイオラ・ダナ ホバート・ボスウォース
1924年

極光に踊る女

  • 1924年
  • 出演(Ther_Ragtime_Kid 役)

英国の詩人ロバート・サーヴィス氏の書いた「ユーコンの魔力」という詩に基づき、ウィニフレッド・ダン女史が脚色し、「快男子ソーヤー」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもの。主役は「海賊アップルジャック」「心なき女性」等出演のハーバラ・ラ・マー嬢、「売られ行く魂」一風雲のゼンダ城一等出演のルウ・コディー氏、「冬来りなば」「消え行く灯」等出演のパーシー・マーモント氏、「クリスチャン」「女房征服」等出演のメイ・ブッシュ嬢等である。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
バーバラ・ラ・マー ルー・コディ メイ・ブッシュ パーシー・マーモント
1923年

地の極み迄(1923)

  • 1923年
  • 出演(Dr._Randolph 役)

リチャード・ハーディング・デイヴィスの原作を、ジョン・ラッセルが脚色し、エドモンド・モーティマーが監督した。主役は「巌窟王(1922)」主演のジョン・ギルバートで、ベティー・ボウトンが対手役である。

監督
エドモンド・モーティマー
出演キャスト
ジョン・ギルバート ベティー・ボウトン ジョン・ウェッブ・ディロン マーガレット・フィールディング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > Fred Warren

ムービーウォーカー 上へ戻る