映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・デイ

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1931年 まで合計11映画作品)

1931年

呪われし青春

  • 1931年当年公開
  • 出演(Barbara 役)

『サニー』『ローズマリー』その他のミュージカル・コメディーの作家オスカー・ハマースタイン二世が同方面の作家シグモンド・ロンバーグと共同して書き下ろしたミュージカル・ロマンスで、「エロ大行進」「ジャズ・シンガー(1927)」のアラン・クロスランドが監督し「歓楽地帯」「某重大事件」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。主演者はニューヨークミュージカル・コメディーの花形ヴィヴィエン・シーガル、「恋の花園」「浮気成り金」のアレクサンダー・グレイ、「ジョアンの嘆き」にかつて出演したバリトーンのウォルター・ピジョンで、「アビーの白薔薇」のジーン・ハーショルト、「浮気成り金」のバート・ローチ及びルイズ・ファゼンダ、「流行の寵児」のアリス・デイ等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ヴィヴィエン・シーガル アレクサンダー・グレイ ウォルター・ピジョン ジーン・ハーショルト
1929年

愛の曳綱

  • 1929年当年公開
  • 出演(Allie_Parker 役)

「ウイリー・リバー」に次ぐリチャード・バーセルメス氏主演映画でウィリアム・ダッドリー・ペリー氏作の小説に基いて「ウィリー・リバー」と同じスタッフすなわち脚色ブラッド・リー・キング女史、監督フランク・ロイド氏、撮影アーネスト・ホーラー氏によって製作されたものである。助演者は「野球成金」「金髪騒動」のライラ・リー嬢、「ゴリラ(1927)」「結ぶ縁恋の釣天井」のアリス・デイ嬢を始め、ルシアン・リトルフィールド氏、トム・デユーガン氏等。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ライラ・リー アリス・デイ ルシアン・リトルフィールド

踊り子をめぐりて

  • 1929年当年公開
  • 出演(Elsa 役)

マーク・エドモンド氏の原作を「猿は語る」「ネヴァタ男」のゴードン・リグビー氏が脚色し、名犬リン・ティン・ティン映画の監督者であったレイ・エンライト氏が監督したものである。「南海の白影」「太平洋横断」のモルト・ブルー氏、「ウィリー・リバー」「ストリート・ガール」「紐育の波止場」のベティー・カンプソン嬢共演映画で、「シンギング・フール」で発見された天才子役デヴィー・リー少年、「愛の曳綱」のアリス・デイ嬢、「サンダーボルト(1929)」のタリー・マーシャル氏等が助演し、他にジョン・デーブィッドスン氏、ジョーヂ・ストーン氏などが出演している。撮影は「ノアの箱船」バーネー・マッギル氏。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
モント・ブルー ベティー・カンプソン デヴィー・リー アリス・デイ

赤熱のスピード

  • 1929年当年公開
  • 出演(Buddy 役)

「幸運デニー」「夜遊び三羽鳥」に次ぐレジナルド・デニー氏主演の映画。監督は「結ぶ縁恋の釣天井」「無理矢理ロッキ破り」「コブラ」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏である。デニー氏の相手役は「ゴリラ(1927)」「結ぶ縁恋の釣天井」主演のアリス・デイ嬢で、そのほかチャールズ・バイアー氏、トマス・リッケツ氏、フリッツィ・リッヂウェイ嬢、ドウィット・ジェニングス氏等が助演する。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
レジナルド・デニー アリス・デイ チャールズ・バイアー トマス・リケッツ

流行の寵児

  • 1929年当年公開
  • 出演(Gail_Wilson 役)

ジャズ音楽界の人気者テッド・ルイス氏が主演する映画で監督は「坊や」と同じくアーチー・L・メイヨ氏。ジョセフ・ジャクソン氏並びにジェームズ・A・スター氏が共同でストーリーを執筆し脚色に当り、「彼と女優」「母なれば」のベン・F・レイノルズ氏がきゃメラをクランクした。主演者を助けて「愛の曳綱」「踊り子をめぐりて」のアリス・デイ嬢、ジャズ・ダンス界の花形アン・ペニントン嬢、ローレンス・グラント氏、ジュリア・スウェイン・ゴードン夫人等が出演している。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
テッド・ルイス アリス・デイ アン・ペニントン ローレンス・グラント
1928年

踊り子フィリス

  • 1928年当年公開
  • 出演(Phylis 役)

「氷原の侠児」と同じくエルンスト・レムレエ氏の監督作品で、「結ぶ縁恋の釣天井」「ゴリラ(1927)」等主演のアリス・デイ嬢と「三人」「特性鋼鉄人形」等主演のマット・ムーア氏とが共演する映画である。原作者はアーサー・グレゴア氏、脚色者はジョン・B・クライマー氏である。「椿姫(1927)」「他言は御無用」のリリアン・タシュマン嬢、エドモンド・バーンズ氏、デュエイン・トンプソン嬢、等が助演する。

監督
エルンスト・レムレ
出演キャスト
アリス・デイ マット・ムーア リリアン・タッシュマン エドモンド・バーンズ

闇を行く(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Nora 役)

「ドノヴァン」「サブマリン」と同じくフランク・キャプラ氏監督作品でウィリアム・コンセルマン氏が原作脚色しピーター・ミルン氏が撮影脚本を書いた。主役を演ずるは「海の荒鷲(1926)」「ボー・サブルウ」のミッチェル・ルイズ氏でアリス・デイ嬢、マーガレット・リビングスチン嬢、セオドア・フォン・エルツ氏が助演している。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ミッチェル・ルイス アリス・デイ マーガレット・リヴィングストン セオドア・フォン・エルツ
1927年

ゴリラ(1927)

  • 1927年当年公開
  • 出演(Alice_Townsend 役)

一昨年来ブロードウェイに於いて長期興行を続けたラルフ・スペンス氏原作の探偵喜活劇を映画化したもので、ジェームズ・T・オドノヒュー氏が改作し、アル・コーン氏及びヘンリー・マッカーティー氏が共同脚色し、「熱血挙闘手」「想ひ叶うて」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した特作品である。出演俳優は「喧嘩友達」「与太奮戦記」のチャールズ・マレイ氏、警官役者として有名なフレッド・ケルシー氏を始め、「結ぶ縁恋の釣天井」のアリス・デイ嬢、「甘い親爺」のガストン・グラス氏、「ジョアンの嘆き」のウォルター・ピジョン氏、その他タリー・マーシャル氏、クロード・ギリングウォーター氏、ブルックス・ベネディクト氏等のオール・スター・キャストである。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
チャールズ・マレイ フレッド・ケルシー アリス・デイ タリー・マーシャル

結ぶ縁恋の釣天井

  • 1927年当年公開
  • 出演(Ruth_Morrisey 役)

ウィリアム・H・クリフオード氏原作の物語をジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し、「毒蛇」「ピンチ・ヒッター」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏が監督したもので、主役は「地下鉄サディー」「甘い親爺」等出演のジャック・マルホール氏が演じ、相手役は新進のアリス・デイ嬢で、マック・スウェイン氏、ジョージ・フォーセット氏、クロフォード・ケント氏、ウィリアム・オーラモンド氏、バー・マッキントッシュ氏等が共演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ジャック・マルホール アリス・デイ マック・スウェイン ジョージ・フォーセット

夜稼ぎ二人組

  • 1927年当年公開
  • 出演(Anna 役)

アルバート・シェルビー・ル・ヴィノ氏のオリジナル・ストーリーを映画化したものでガートルード・オール女史が脚色し、「鉄腕の男」と同じくジョージ・アーチェンボード氏が監督したものである。主役を演ずるのは、「絹の靴下」「娘一人に婿百人」のジョニー・ハロン氏、「ギャング・ワー」のエディ・グリッボン氏、「ゴリラ(1927)」「踊子フィリス」のアリス・デイ嬢、この3人であるが、そのほかに「速力時代」のウォルター・ハイアース氏、等も出演している。キャメラは「アマゾンの紅薔薇」のチェスター・ライオンズス氏。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
アリス・デイ ジョニー・ハロン エディ・グリッボン ウォルター・ハイアース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・デイ