映画-Movie Walker > 人物を探す > ドナルド・クック

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1951年 まで合計17映画作品)

1951年

われら自身のもの

  • 1951年5月22日(火)公開
  • 出演(Mr._Macaulay 役)

「我等の生涯の最良の年」のサミュエル・ゴールドウィン製作になる1950年度作品。「愉快な家族」のF・ヒュー・ハーバードのオリジナル脚本を「ビリー・ザ・キッド」のデイヴィッド・ミラーが監督、「虹を掴む男」のリー・ガームスが撮影を、「征服されざる人々」のヴィクター・ヤングが音楽を担当する。「彼と人魚」のアン・ブライス、「銃弾」のジェーン・ワイアット、「炎の街」のアン・ドヴォラクの他、新人のファアレイ・グレンジャー、ジョーン・エヴァンスらが共演。

監督
デイヴィッド・ミラー
出演キャスト
アン・ブライス ファーリー・グレンジャー ジョーン・エヴァンス ジェーン・ワイアット
1936年

ショウボート(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Steeve 役)

ジーグフェルドが大当たりを取ったミュージカル・コメディの2度目のトーキー化で、「愛と光」「ロバータ」のアイリーン・ダンが主役を勤めている。原作はエドナ・ファーバーの小説であるが、映画はオスカー・ハマースタイン2世脚色・作詞ジェローム・カーン作曲の舞台版によって、ハマーシュタイン二世が映画脚色し、「不在証明なき殺人」「女は求む」「客間の燭台」のジョン・J・メスコールが撮影した、助演者は「オペラは踊る」「ローズ・マリイ(1936)」のアラン・ジョーンズ、初演以来のアンディー役者チャールズ・ウインジャー、同じくジュリィ役のヘレン・モーガン、同じくジョウ役のポール・ロブソン、同じくフランク役のサミー・ホワイト「ロバータ」のヘレン・ウェストリー、「ミシシッピ」のクイーニー・スミス、「奇傑パンチョ」のドナルド・クック、ハティー・マクダニエルその他である。

監督
ジェームズ・ホエール
出演キャスト
アイリーン・ダン アラン・ジョーンズ チャールズ・ウィニンジャー ポール・ロブスン

密林の魔獣

  • 1936年当年公開
  • 出演(Kenneth_Grainger 役)

「放送ビルディング」のコンラッド・ネーゲルと新人ケイ・リネカーが主演する映画で、レジノルド・キャンベルの小説をウェリン・トットマンとエンダー・ボームが協力脚色し、「広野の叫び」のハワード・ブレザートンが監督したもの。助演は「奇傑パンチョ」のドナルド・クック、「ハリウッド大通り」のエスター・ロールトン等である。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ケイ・リネカー ドナルド・クック エスター・ロールストン
1935年

春の宵

  • 1935年当年公開
  • 出演(Toni 役)

「猫と提琴」「砂漠の新月」のラモン・ノヴァロと「夕暮れの歌」のイヴリン・レイが主演する音楽映画で、ヴィッキ・パウムの原作に基づくオスカー・ハマーシタイン第二世のオペレット物を「アイスクリーム娘」のエドガー・アレン・ウルフが「花咲く頃」のフランツ・シュルツと協力して脚色し、「巨人ジョーンズ」のダッドリー・マーフィーが監督に当たり、「晩春」「猛獣師の子」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「猫と提琴」のチャールズ・バターウォース、「メリイ・ウイドウ(1934)」のユーナ・マーケル、「西班牙狂想曲」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「奇傑パンチョ」のドナルド・クック、ヘンリー・スチヴンスン、ロザリンド・クック、ヘンリー・スチヴンスン、ロザリンド・ラッセル、等である。

監督
ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ イヴリン・レイ チャールズ・バターウォース ウナ・マーケル
1934年

九番目の客

  • 1934年当年公開
  • 出演(Jim_Daley 役)

「十三日の殺人」「突進大飛行船」のロイ・ウィリアム・ニールが監督した映画で、オーウェン・デイヴィスの舞台劇を「恐怖城」のガーネット・ウェイン・スリープ済トンが脚色したもの。出演者は「ジャングルの怒り」のドナルド・クック、「恩讐」のジュヌヴィエーヴ・トバン、「三角の月」のハーディー・オルヴライトで、エドワード・エリス、ヴィンス・バーネット、ネラ・ウォーカーその他が助演している。撮影は「恩讐」のベンジャミン・H・クラインの担当。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
ドナルド・クック ジュヌヴィエーヴ・トバン ハーディー・オルブライト エドワード・エリス

奇傑パンチョ

  • 1934年当年公開
  • 出演(Don_Felipe 役)

「バワリイ」「酔いどれ船」のウォーレス・ビアリーが主演する映画で、パンチョ・ヴィラの伝記小説を「生活の設計」のベン・ヘクトが脚色し「舌戦速射砲」「旅客機の怪盗」のジャック・コンウェイが監督し、ジェームズ・ウォング・ホウとチャールズ・G・クラークが共同撮影した。助演者は「バワリイ」のフェイ・レイ、「恐怖の四人」のレオ・カリーロ、「九番目の客」のドナルド・クック、「南風」のスチュアート・アーウィン、「クレオパトラ(1934)」のジョセフ・シルドクラウト、ジョージ・E・ストーン、キャサリン・デミル、ヘンリー・E・ウォルソール等である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー レオ・カリーロ フェイ・レイ ドナルド・クック
1933年

ジェニイの一生

  • 1933年当年公開
  • 出演(Lester_Kane 役)

「アメリカの悲劇」の作者セオドア・ドライザー原作の小説を映画化したもので「ブロンド・ヴィナス」のS・K・ローレンと「謎の真空管」のフランク・パートスが共同して改作し、「お蝶夫人」「七月の肌着」の共同脚色者ジョセフィン・ラヴェットとジョセフ・モンキュア・マーチが共同脚色し、「舗道」「お蝶夫人」と同じくマリオン・ガーリングが監督し、シルヴィア・シドニーが主演するもの。助演者は「民衆の敵」「街の狼」のドナルド・クック、「リリオム」「鉄血士官校」のH・B・ワーナー、「火の翼」「狼火」のメアリー・アスター、「戦慄街」「放送室の殺人」のエドワード・アーノルドが主なるもので、ルイズ・カーター、ドロシー・リベーア、その他が助演している。撮影はレオン・シャムロイの担当。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ドナルド・クック メアリー・アスター エドワード・アーノルド

ジャングルの怒り

  • 1933年当年公開
  • 出演(Allen 役)

「十三日の殺人」「突進大飛行船」のロイ・ウィリアム・ニールが監督した映画でホレース・マッコイの原作をエセル・ヒルとドア・シャーリーが共同脚色した。出演者は「ジェニイの一生」「紅唇罪あり」のドナルド・クック、「赤道を泳ぐ女」「選手権目指して」のペギー・シャノン、「彼女の用心棒」「殺人魔の魂」のアラン・ダインハート、「凡その人生」「巨人ジョーンズ」のダッドリー・ディグス「風雲の支那」の森俊恵、ハロルド・ヒューバー等で、撮影は「突進大飛行船」のジョン・ステューマーの担当である。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
ドナルド・クック ペギー・シャノン アラン・ダインハート ハロルド・ヒューバー

十三日の殺人

  • 1933年当年公開
  • 出演(Sebastian 役)

「ナイトクラブの女」と同じくサッチャー・コルトを主人公とするアンソニー・アボット原作の探偵映画で、アドルフ・マンジュウが主演し、ローセンマ・スチーヴンスが助演すること、前作と同じである。脚色は「アメリカの暴露」「プラチナ・ブロンド」のジョー・スワーリングで「海底二千尺」のロイ・ウィリアム・ニールが監督した。助演者は「紅唇罪あり」「ジェニイの一生」のドナルド・クック、「レヴュー艦隊」のグレタ・ニッセン、「フランケンシュタイン(1931)」のドワイト・フライ、等で、撮影は「沈黙の証人」「たそがれの女」のジョセフ・オーガストの担任。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ グレタ・ニッセン ルーセルマ・スティーヴンス ドワイト・フライ

世界は還る

  • 1933年当年公開
  • 出演(Richard 役)

「仮面の米国」と同じくマーヴィン・ルロイが監督に当たったポール・ムニ主演映画でシェリダン・ギブニー作の小説「アメリカは危うく」に基づいて「地獄の市長」「戦線の嵐」のエドワード・チョドロフが脚色したもの。撮影は「凡その人生」のトニー・ゴーディオの担任。助演者は「餓ゆるアメリカ」のアリーン・マクマホン、「ケンネル殺人事件」のメアリー・アスター、「紅唇罪あり」のドナルド・クック、舞台から来た新人ジーン・ミューア、「戦線の嵐」のマーガレット・リンゼイ、「舗道の三人女」のパトリシア・エリスその他である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ポール・ムニ アリーン・マクマホン メアリー・アスター ドナルド・クック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドナルド・クック