映画-Movie Walker > 人物を探す > エレーン・ストリッチ

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2019年 まで合計11映画作品)

2019年

カーライル ニューヨークが恋したホテル

数々のセレブたちから愛されてきたニューヨークの五つ星ホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”の魅力に迫るドキュメンタリー。ジョージ・クルーニー、ソフィア・コッポラなど、総勢38名のセレブが“秘密の宮殿”カーライルの魅力を語る。監督は「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」など、ニューヨークの老舗を対象にドキュメンタリーを手掛けるマシュー・ミーレー。

監督
マシュー・ミーレー
出演キャスト
ジョージ・クルーニー ウェス・アンダーソン ソフィア・コッポラ アンジェリカ・ヒューストン
2001年

おいしい生活

  • 2001年10月20日(土)公開
  • 出演(Chi Chi Potter 役)

スピルバーグ率いるドリームワークスと鬼才ウディ・アレンがタッグを組んだ話題作。銀行強盗の夫とその妻が繰り広げる騒動を、シニカルなギャグ満載でつづる爆笑コメディ。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン トレイシー・ウルマン ヒュー・グラント エレイン・メイ

オータム・イン・ニューヨーク

  • 2001年2月10日(土)公開
  • 出演(Dolly 役)

 R・ギア&W・ライダーの2大スターが“運命の恋”を演じる恋愛劇。NYの色づく秋を背景に、限られた時間のなかで育まれる男女の愛の行方をロマンチックにつづる。

監督
ジョアン・チェン
出演キャスト
リチャード・ギア ウィノナ・ライダー エレーン・ストリッチ アンソニー・ラパグリア
1989年

コクーン2 遥かなる地球

  • 1989年6月10日(土)公開
  • 出演(Ruby 役)

コクーンの威力によって若さを取り戻し、不老不死の惑星に旅立った老人達が、5年の月日を経て地球へ里帰りすることで起きる事件を描くシリーズ第2作。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウンとリリー・フィニー・ザナック、監督は「スクエアダンス」のダニエル・ペトリー、デイヴィッド・サパーステインが創作した登場人物を基に、原案はスティーブン・マクファーソンとエリザベス・ブラドリー、脚本はマクファーソン、撮影はタク・フジモト、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はスティーヴ・グッテンバーグ、ウィルフォード・ブリムリー、ドン・アメチほか。日本版字幕は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。ドルビーステレオ。1988年作品。

監督
ダニエル・ペトリー
出演キャスト
ドン・アメチ ウィルフォード・ブリムリー コートニー・コックス ヒューム・クローニン
1988年

セプテンバー

  • 1988年10月1日(土)公開
  • 出演(Diane 役)

サマー・ハウスに集まった3人の女性の愛と生活を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、製作はロバート・グリーンハット、監督・脚本は「ラジオ・デイズ」のウディ・アレン、撮影は「ラジオ・デイズ」のカルロ・ディ・パルマが担当。出演は「ラジオ・デイズ」のミア・ファロー、「ハンナとその姉妹」のダイアン・ウィースト、「モーリス」のデンホルム・エリオットほか。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
デンホルム・エリオット ダイアン・ウィースト ミア・ファロー エレーン・ストリッチ
1979年

プロビデンス

  • 1979年6月30日(土)公開
  • 出演(Helen Wiener 役)

78歳の誕生日の前夜、宏壮な館の奥深くで病魔に苦しむひとりの老作家が死の強迫観念に襲われながら、最後の力をふりしぼって構築する物語と現実を、重層的に交錯させて描く。製作総指揮はフィリップ・デュサール、製作はイヴ・ガスネールとクラウス・ヘルウィヒ、監督は「薔薇のスタビスキー」のアラン・レネ、脚本はデイヴィッド・マーサー、撮影はリカルド・アロノヴィッチ、音楽はミクロス・ローザ、製作デザインはジャック・ソルニエ、衣裳はイヴ・サンローランとジョン・ベイツが各々担当。出演はダーク・ボガード、エレン・バースティン、サー・ジョン・ギールグッド、デイヴィッド・ワーナー、エレーン・ストリッチなど。

監督
アラン・レネ
出演キャスト
ダーク・ボガード エレン・バースティン ジョン・ギールグッド デイヴィッド・ワーナー
1975年

らせん階段(1975)

  • 1975年公開
  • 出演(Nurse 役)

姿なき殺人鬼に追われる口のきけない人妻の恐怖を描くサスペンス。30年前のロバート・シオドマク監督作品の再映画化。製作総指揮はジョセフ・シャフテル、製作はピーター・ショウ、監督は「国際殺人局K・ナンバーのない男」のピーター・コリンソン、原作はエセル・リナ・ホワイト、脚本はアンドリュー・メルデス、撮影はケン・ホッジス、音楽はフィリップ・マーテル、編集はレイモンド・ポールトンが各々担当。出演はジャクリーン・ビセット、クリストファー・プラマー、ジョン・フィリップ・ロー、サム・ワナメイカー、ミルドレッド・ダンノック、ゲイル・ハニカット、エレーン・ストリッチなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1975年作品。

監督
ピーター・コリンソン
出演キャスト
ジャクリーン・ビセット クリストファー・プラマー ジョン・フィリップ・ロー サム・ワナメーカー
1966年

泥棒がいっぱい

  • 1966年10月25日公開
  • 出演(Secritary 役)

ジェン・ワングの小説をジョージ・ベラックが脚色し、舞台や映画で俳優として活躍するアブナー・バイバーマンが監督したアクション・ドラマ。撮影モーリス・ハーツバンド、音楽シド・ラミンと共に新顔が担当。主演は「グレート・レース」のピーター・フォークとブリット・エクランド、ジョアンナ・バーンズ、ネーミア・パーソフ、ピエール・オラフなどが脇を固めている。製作にはリチャード・アラン・シモンズが当っている。

監督
アブナー・バイバーマン
出演キャスト
ピーター・フォーク ブリット・エクランド ジョアンナ・バーンズ ネーミア・パーソフ
1959年

休暇はパリで

  • 1959年6月11日公開
  • 出演(Liz_Baker 役)

「挑戦者」のトニー・カーティスと、「ヴァイキング」のジャネット・リー夫妻を主演に、「年頃ですモノ!」のブレイク・エドワーズが監督した作品。3週間の休暇をパリに遊ぶ、北極圏駐屯アメリカ兵のラヴ・ロマンスが描かれる。脚本はスタンリー・シャピロ。撮影を「西部の渡り者」のフィリップ・ラスロップが担当している。音楽は作曲フランク・スキナー、音楽監督をジョセフ・ガーシェンソンが受けもっている。主題歌“完全なロマンス”が入っている。他の出演者は「愛する時と死する時」のキーナン・ウィン、リンダ・クリスタル、エレーン・ストリッチ、マルセル・ダリオら。製作ロバート・アーサー。

監督
ブレイク・エドワーズ
出演キャスト
トニー・カーティス ジャネット・リー キーナン・ウィン リンダ・クリスタル
1958年

武器よさらば

  • 1958年4月5日公開
  • 出演(Helen_Ferguson 役)

戦前「戦場よさらば」の邦題でフランク・ボザーギ監督作品となったことのあるアーネスト・ヘミングウェイの原作の、「白鳥(1956)」を監督したチャールズ・ヴィダーによる映画化。脚色は「失われたものの伝説」のベン・ヘクト。撮影は「白鯨」のオズワルド・モリスと「人間と狼」のピエロ・ポルタルピの2人。音楽はマリオ・ナシンベーネ。アンドリュウ・マートン、ステファン・グリムス、ピーター・ニューブルックの3人が、協力という名目でスタッフに名を連ねている。主演は「翼に賭ける命」のロック・ハドソンと「慕情」のジェニファー・ジョーンズ、「モンテカルロ物語」のヴィットリオ・デ・シーカ。「戦争と平和」のオスカー・ホモルカ、「失われたものの伝説」のカート・カズナー、マルセデス・マッケンブリッジ、フランコ・インテルレンギ、ヴィクター・フランサン等が助演。欧洲側の人材登用が目立つ。製作デイヴィッド・O・セルズニック。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
ロック・ハドソン ジェニファー・ジョーンズ ヴィットリオ・デ・シーカ アルバート・ソルディ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エレーン・ストリッチ