映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・サンチ

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1931年 まで合計28映画作品)

1924年

嵐の娘(1924)

  • 1924年当年公開
  • 出演(Brute_Morgan 役)

プリシラ・ディーンのユ社における最後の作品である。リート・レニック・ブラウンの原作を、エドワード・モンテインが脚色し、ジョージ・アーチェンボードが監督した。ディーンの対手はトム・サンチ、ウィリアム・デイヴィッドソン等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
プリシラ・ディーン トム・サンチ ウィリアム・B・デイヴィッドソン J・ファーレル・マクドナルド

少年ロビンソン

  • 1924年当年公開
  • 出演(Captain_Dynes 役)

「フランダースの少年」に続くジャッキー・クーガン主役映画で、原作はウィラード・マック氏が特にクーガンのために書き卸したものである。監督は「サーカス・デイズ」「恋愛三代記」と同じくエドワード・クライン氏。クーがンの対手役として出演する人々のうちには「天晴れの名投手」のトム・サンチ氏、フォックスのスターなるジョージ・オブライエン氏の父である現桑港警察部長なるダニエル・オブライエン氏等という珍しい顔が見える。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャッキー・クーガン チーフ・ダニエル・オブライン ウィリアム・ウォーリング トム・サンチ
1923年

山河轟く

  • 1923年当年公開
  • 出演(Killdevil_Brenon 役)

ラリー・エヴァンスの原作を、イヴ・アンセルが脚色し、「影に怖えて」「天空征服」等と同じくトム・フォーマンが監督した。主役は「嵐の征服」「女性を讃えよ」等主演のロイド・ヒューズ、「ローナ・ドゥーン」「女性を讃えよ」出演のマッジ・ベラミーで、その他悪役の名手トム・サンチやユ社映画でお馴染みのハラム・クーリー等も出演する。愉快な喜活劇である。

監督
トム・フォーマン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ロイド・ヒューズ トム・サンチ ハーディー・カークランド

天地砕けよ

  • 1923年当年公開
  • 出演(Gorden_Van_Brock 役)

ジョン・ブラックウッドの原作をレイモンド・L・シュロックが脚色し、クララ・キモボール・ヤングの作品を数多く監督したハリー・ガースンが監督の任に当たったもので、主役には久しぶりのジャック・ウォーレン・ケリガンが扮し「血に燃ゆる空」「生霊の踊」等出演のアンナ・Q・ニルソンが対手役。その他トム・サンチ、エドモンド・バーンズ、ウィンター・ホール等が共演する。猛烈な大海嘯の場面が凄惨な情景を見せる。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
ジャック・ウォーレン・ケリガン アンナ・Q・ニルソン ウィンター・ホール トム・サンチ

我れ一度怒れば

  • 1923年当年公開
  • 出演(Campan 役)

チャールズ・アルデン・セルツァー氏の原作、チャールズ・ケニヨン氏の脚色で「天晴トニー」「天空万里」等と同じくリン・F・レイノルズ氏の監督になったもの。主役は「鉄火の試錬」「アラスカ魂(1919)」等と同じくウィリアム・ファーナム氏で、対手は「三十日間」「離婚希望」等出演のワンダ・ホウリー嬢、その他トム・サンチ氏やクレアー・アダムス嬢等も共演している。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
ウィリアム・ファーナム ワンダ・ホウリー トム・サンチ クレア・アダムス
1920年

燃え立つ義勇

  • 1920年当年公開
  • 出演(Tierney 役)

フレデリック・ブラッドベリーの原作を、例の通りランバート・ヒルヤー氏脚色および監督したウィリアム・S・ハート劇で、相手は珍しやアン・リットルである。そのほか今ユ社で2巻の活劇シリーズを作っているトム・サンチや、老女優ガートルード・クレアー夫人など出演する。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート アン・リットル ガートルード・クレアー トム・サンチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・サンチ