TOP > 映画監督・俳優を探す > ミシェル・ミシェレ

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1963年 まで合計15映画作品)

1963年

キャプテン・シンドバッド

  • 1963年12月24日(火)
  • 音楽

アラビアンナイトに取材し、サミュエル・B・ウェストとハリー ・リリスが共同で脚本を書き、「機甲兵団」のバイロン・ハスキンが演出したアクションドラマ。「怪獣ゴルゴ」のトム・ハワードの特撮、撮影監督はグンター・ゼンフトレーベン、音楽は「妖姫クレオパトラ」のミシェル・ミシュレ、出演者はTV「快傑ゾロ」のガイ・ウィリアムス、「教室を出たら大人」のハイディ・ブルール、「逃亡者(1947)」のペドロ・アルメンダリス、「ボワニー分岐点」のエイブラハム・ソフィア、「四時の悪魔」のバーニー・ハミルトンら。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ガイ・ウィリアムス ハイジ・ブリュール ペドロ・アルメンダリス エイブラハム・ソフィア

妖姫クレオパトラ

  • 1963年4月19日(金)
  • 音楽

フルヴィオ・ジッカのオリジナル・ストーリーを、ジッカとアリジオ・モンタナリが共同で脚色し「裸女と海賊」のピエロ・ピエロッティが監督したクレオパトラの物語。撮影はアンジェロ・ロッティ、音楽はミシェル・ミシェレ。出演者は「艶ほくろ」のパスカル・プティ、ゴードン・スコット、ジョルジョ・アルディソン、エイキム・タミロフなど。製作はアルベルト・チメンツとビコ・パボーニ。

監督
ピエロ・ピエロッティ
出演キャスト
パスカル・プティ ゴードン・スコット ジョルジョ・アルディソン エイキム・タミロフ
1959年

大いなる神秘 王城の掟

  • 1959年11月14日(土)
  • 音楽

インドの秘境に展開するアクション・ドラマ。ヴェルナー・イョルグ・リュデッケの脚本を「口紅殺人事件」のフリッツ・ラングが監督。撮影をリヒャルト・アングスト、音楽をミシェル・ミシェレが担当している。出演は「十戒」のデブラ・パジェット、「鮫と小魚」のポール・ハブシュミット、他にクラウス・ホルム、ザビーネ・ベートマン、ワルター・レヤー、インキジノフ等。製作エベルハルト・マイクマー。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
デブラ・パジェット ポール・ハブシュミット クラウス・ホルム ザビーネ・ベートマン

黒い瞳(1958)

  • 1959年1月23日(金)
  • 音楽

往年のフランス映画「黒い瞳(1935)」のドイツにおける再映画化。日本初登場のパウル・マーティンが監督し、戦前数々の山岳映画を手がけたリヒャルト・アングストが撮影を担当している。ヴィクトル・トゥールジャンスキーとテーレンの原作をマックス・ノセックとヨハネス・ヘンドリッヒが脚色、音楽はミシェル・ミシェレ。新人ヨハンナ・フォン・コツィアンが主演する他、「女の一生」のイヴァン・デニ、「戦場の叫び」のクラウス・ビーダーシュテットとテレーズ・ギーゼ、「エロイカ」のエヴァルト・バルザー等が出演している。製作ホルスト・ヴェンドランド。

監督
パウル・マーティン
出演キャスト
エヴァルト・バルザー ヨハンナ・フォン・コツィアン イヴァン・デニ クラウス・ビーダーシュテット
1954年

ターザンと密林の女王

  • 1954年11月20日(土)
  • 音楽

「ターザンの憤激」のソル・レッサーが製作したターザン映画1951年作品。サミュエル・ニューマンとフランシス・スワンの脚本から「黒い絨毯」のバイロン・ハスキンが監督、「ライムライト」のカール・ストラッスが撮影、ミシェル・ミシュレが音楽を担当した。出演者は「ターザンの憤激」のレックス・バーカー、「突然の恐怖」のヴァージニア・ヒューストン、ジョージ・マクレディ、ダグラス・フォーリーら。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
レックス・バーカー ヴァージニア・ヒューストン ジョージ・マクレディ ダグラス・フォーリー
1952年

モロッコ城塞

  • 1952年8月28日(木)
  • 音楽

製作者ジョゼフ・N・エルモリーフが書いたストーリーをチャールズ・グレイスンとポール・デ・サンテ・コロームが共同で脚色し、「片眼のジョニー」のロベール・フローリーが監督した1949年作品。撮影にはルシエン・アンドリオット(「片眼のジョニー」)、作曲にはミシェル・ミシュレが当たった。主演は「大雷雨」のジョージ・ラフトと「東は東」のマリー・ウィンザーで、エイキム・タミロフ、ジョン・ライテル、エドワード・フランツらが助演する。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ジョージ・ラフト マリー・ウィンザー エイキム・タミロフ ジョン・ライテル
1936年

赤ちゃん

  • 1936年
  • 音楽

エディター、助監督を経て監督に昇進したレオニード・モギーの第一回作品で、ジョン・ギットン書卸しのストーリーに基づきダニエル・マヤ、監督モギー及びアンドレ・セルフが協力して脚本を書いた。キャメラは「みどりの園」のミシェル・ケルベがパージュ、アゴスチニと協力し、音楽は「海のつわもの」のミシェル・レヴィーンが担任。出演者は「恋愛交叉点」「巴里の女」のリュシアン・バルウ、孤児院から選抜されたフィリップ坊や、「南方飛行」のガブリエル・ドルジア及びポーリーヌ・カルトン、「巴里暗黒街」のピエール・ラブリ、「狙われた男」(1937)のマドレーヌ・ロバンソン、ジルベール・ジル、ナーヌ・ジェルモン其の他である。

監督
レオニード・モギー
出演キャスト
リュシアン・バルウ ガブリエル・ドルジア ポーリーヌ・カルトン ミリー・マチス
1935年

海のつわもの

  • 1935年
  • 編曲

「沐浴」「巴里の暗黒街」のマルセル・シャンタル、「みどりの園」「最後の戦闘機」のジャン・ピエール・オーモン、「戦いの前夜」のヴィクトル・フランサンの三人が主演する映画で、「女だけの都」「我等の仲間」のシャルル・スパーク原作の小説によって「かりそめの幸福」「戦いの前夜」のマルセル・レルビエが脚色監督し、「商船テナシチー」「最後の戦闘機」のアルマン・ティラールとルイ・ネが協同撮影した。助演者は「みどりの園」のローラン・トゥータン、「南方飛行」のジャック・ボーメー、「最後の戦闘機」のギイ・スルウ、ピエール・ポンセエ等である。音楽はミシェル・レヴィーンとシャニオンが編曲している。なお「戦いの前夜」のエヴ・フランシス、「かりそめの幸福」出演のジャック・カトラン、アンドレ・アレクサンドルの三人が助監督を勤めている。

監督
マルセル・レルビエ
出演キャスト
マルセル・シャンタル ヴィクトル・フランサン ジャン・ピエール・オーモン ジャック・ボーメー

フロウ氏の犯罪

  • 1935年
  • 音楽

「グレート・ワルツ」「婚約リレー」のフェルナン・グラヴェ、「ゴルゴダの丘」のエドウィジュ・フィエール、「舞踏会の手帖」「どん底」のルイ・ジューヴェが主演する映画で、ガストン・ルルー作の小説を素材として、「舞踏会の手帖」「格子なき牢獄」の台詞を書いたアンリ・ジャンソンが脚本と台詞を執筆し、「激情の嵐」「人間廃業」のロバート・シオドマクが監督に当ったもの。助演者は「どん底」「乙女の湖」のウラジミール・ソコロフを始め、「赤ちゃん」のジャン・ペリエ、「かりそめの幸福」のアルヴェル、「望郷(1937)」のフィリップ・リシャール、「雪山の騎士」のジム・ジェラルド等である。音楽は「赤ちゃん」「海のつわもの」のミシェル・レヴィーンが担当し、キャメラは「狙われた男(1937)」のルネ・ガウオー、「地中海」のジャン・バシュレ、「女だけの都」の助手アンドレ・トーマが分担している。

監督
ロバート・シオドマク
出演キャスト
フェルナン・グラヴェ エドウィジュ・フィエール ルイ・ジューヴェ ウラジミール・ソコロフ

ミルトンの幸運児

  • 1935年
  • 音楽監督

「ミルトンの与太者」「ミルトンの一攫千金」と同じくレオン・マトが監督したジョルジュ・ミルトン主演映画で、アンドレ・バルド作、ラウール・モレッティ作曲のオペレットに取材して、右記二映画と同じくルネ・ピュジョールが脚色したもの。助演者は「巨人ゴーレム(1936)」「巴里-伯林」のジェルメーヌ・オーセエ、「若き日」、「沐浴」のポーレット・デュボー、「泣き笑い千法札」のアキスタパース、「掻払いの一夜」の故エディット・メラ、「胡椒娘」のエチュパール、「赤ちゃん」のポーリーヌ・カルトン、「上から下まで」のモルトン、其の他多勢である。撮影はルネ・ガヴォーとポール・ポルティエが担当。音楽はミシェル・レヴィーンが編曲、指揮に当たっている。

監督
レオン・マト
出演キャスト
ジョルジュ・ミルトン ジェルメーヌ・オーセエ ポーレット・デュボー アキスタパース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ミシェル・ミシェレ

ムービーウォーカー 上へ戻る