映画-Movie Walker > 人物を探す > モンロー・オーズリー

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1936年 まで合計13映画作品)

1931年

新版結婚読本

  • 1931年当年公開
  • 出演(Rush_Bigelow 役)

シドニー・ハワード作の戯曲をエドウィン・H・ノッフが改作し台詞をつけ、「サブマリン」のウィニフレッド・ダンが脚色したものに基づいて「女は嘘つき」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督した作品である。舞台から来たジュネヴィエーヴ・トバンと「接吻」「ホリウッド・レビュー」のコンラッド・ネーゲルが主演し、モンロー・オーズリー、ベルサ・マン、イルカ・チェイス、ジョージ・アーヴィング、ザス・ピッツ嬢、スリム・サマーヴィル、リチャード・タッカー等が助演。「ブロードウェイ(1929)」「キング・オブ・ジャズ」のハル・モーアが撮影を担任している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ジュヌヴィエーヴ・トバン コンラッド・ネーゲル モンロー・オーズリー ベルサ・マン

十仙ダンス

  • 1931年当年公開
  • 出演(Eddie 役)

「希望の星」「夜の看護婦」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画。原作及び脚色者は共に「大飛行船」「ラスト・パレイド」と同じくジョー・スワーリング、ドロシー・ハウエルで監督者は「悪漢の歌」のライオネル・バリモア。主演者を助けて「マルタの鷹(1931)」「繁昌娘」のリカルド・コルテス、「彼女の名誉」「恋愛即興詩」のモンロー・オウスリー、「都会の世紀末」「蹴球大学」のサリー・ブレーンデイヴィッド・ニュウェル、シドニー・ブレイシー等が出演する。キャメラは「無冠の帝王」「二十四時間」のアーネト・ホーラーと「ショー・ボート」「薫る河風」のギルバート・ウォーレントンの二人が担当。

監督
ライオネル・バリモア
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック リカルド・コルテス モンロー・オーズリー サリー・ブレーン

縺れた愛情

  • 1931年当年公開
  • 出演(Jim_Woodward 役)

「トレスパサー」と同じくグロリア・スワンソンが主演する映画で、「50年後の世界」「サニー・サイド・アップ」と同じくデ・シルヴァ、ブラウン、ヘンダースンの3人組が脚本を書きおろし「極楽島満員」のレオ・マッケリーが監督した。助演者は「地獄の天使(1930)」「近代エロ双紙」のベン・ライオン、「足が第一」のバーバラ・ケント、「彼女の名誉」のモンロー・オーズリー、「空中サーカス」のアーサー・レイクで、カメラは「紐育の囁き」「こうもりは囁く」のレイ・ジューンと「曳かれゆく男」「怪紳士」のグレッグ・トーランド。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
グロリア・スワンソン ベン・ライオン モンロー・オーズリー バーバラ・ケント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > モンロー・オーズリー