TOP > 人物を探す > ビリー・ビーヴァン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 2014年 まで合計27映画作品)

1932年

沈黙の証人

  • 1932年
  • 出演(Horace_Ward 役)

ジャック・デ・レオン及びジャック・セレスチン合作の舞台劇を「踊子夫人」のダグラス・デオティが脚色し、フォックス社でフランス版の多くを監督しているマルセル・ヴァーネルがR・H・ハウと協同で監督に当たり、「白銀の翼」「速成成金」のジョセフ・オーガストが撮影した。主役は舞台でこの役勤めたことのある英国の舞台俳優ライオネル・アトウィルで、「龍の娘」「悪魔スヴェンガリ」のプラムウェル・フレッチャー、「各国の女」「大西洋横断」のグレタ・ニッセン、舞台出のウウェルドン・ヘイバーン及びヘレン・マックが主なる主演者である。その他メアリー・フォーブス、ウィンダム・スタンジング、アラン・モウプレイ、ハーバート・マンディン、ビリー・ビーヴァンが助演する。

監督
マルセル・ヴァーネル R・L・ハウ
出演キャスト
ライオネル・アトウィル グレタ・ニッセン ウェルドン・ヘイバーン ヘレン・マック
1931年

洋上の怪事件

  • 1931年
  • 出演(Hudgins 役)

「リオ・リタ」「恋の花園」の原作者ガイ・ボルトンと「女に賭けるな」「踊り子をめぐりて」のリン・スターリングの二人が協同で組み立てたものを基に「クリスティナ」「二つの顔(1930)」のウィリアム・K・ハワードが監督にあたった映画である。主演者は「二つの顔(1930)」「拳銃の洗礼」のエドモンド・ロウと「歓楽の巷」「踊るカレッジ」のロイス・モーラン二人。助演者として「アビーの白薔薇」「猫は這いよる」のジャン・ハーショルド、「各国の女」「ファジル」のグレタ・ニッセン、「愉快な武士道」「肉と霊」のマーナ・ローイ、ジョン・ハリデイ、「拳銃の洗礼」のアール・フォックス、ビリー・ビーヴァンその他が出演。カメラは「決死隊」「四つの壁」のジェームズ・ウォン・ホウである。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
エドモンド・ロウ ロイス・モラン ジョン・ハリデイ ジーン・ハーショルト
1930年

暁の総攻撃

  • 1930年
  • 出演(2nd_Lieut._Trotter 役)

R・C・シェリフの名小説の映画化で、その舞台劇化に成功したジェームズ・ホエールが監督に当たったもの。脚色には「暗黒街全滅」のジョゼフ・モンキュア・マーチが任じた。主演は同舞台劇と同じくコリン・クライヴで、「愛の鳴咽」のデイヴィッド・マナース、「紅はこべ」のアンソニー・ブッシェル、「嵐の三色旗」のビリー・ビーヴァン、アイアン・マクラレン等が共演。撮影は「弓矢荘の惨劇」のベンジャミン・H・クラインの担当である。

監督
ジェームズ・ホエール
出演キャスト
コリン・クライヴ アイアン・マクラレン アンソニー・ブッシェル デイヴィッド・マナース
1929年

ツエッペリン倫敦襲撃

  • 1929年
  • 出演(Tommy_Berry 役)

「疑惑晴れて」「母ぞよく知る」と同じくジョン・G・ブライストーン氏の監督作品で、リュウェリン・ヒューズ氏作の戦争小説をヒューズ氏自らキャンベル・ガラン氏と共同して脚色し、ガラン氏が台詞を執筆した。主役は英国劇壇の人気俳優たりしジョン・ギャリック氏が勤め「最敬礼」「悲恋の楽聖」のヘレン・チャンドラー嬢、「熱沙果つるところ」のギルバート・エメリー氏、「最敬礼」のジョイス・コンプトン嬢、「黒時計聯隊」のラムズデン・ヘーア氏、「想夫舞曲」のダフネ・ポラード嬢、短篇喜劇スターのビリー・ビーヴァン氏、レノックス・ポール氏等が助演している。キャメラは「熱沙果つるところ」「巴里酔語」のコンラッド・ウェルズ氏が担任している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジョン・ガーリック ヘレン・チャンドラー ギルバート・エメリー ラムスデン・ヘーア
1928年

赤毛布恋の渦巻

  • 1928年
  • 出演(Paris_Cabman 役)

「四人の息子(1928)」「血涙の志士」と同じくジョン・フォード氏の監督作品で、「アビーの白薔薇」「お針娘バーサ」のJ・ファーレル・マクドナルド氏が主演する映画である。フレッド・スタンリー氏とジェームズ・グルーエン氏とが協力して書卸したシナリオによったものである。「速成恋愛術」のルイズ・ファゼンダ嬢、「青春万歳(1928)」のデイヴィッド・ローリンス氏、「光明の彼岸へ」のナンシー・ドレクセル嬢が、助演するほか、トム・ウィルスン氏、ビリー・ビーヴァン氏、等も出演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
J・ファーレル・マクドナルド ルイズ・ファゼンダ ナンシー・ドレクセル デイヴィッド・ローリンス
1927年

女賊怪賊

  • 1927年
  • 出演(Gilhully 役)

ウィリアム・A・バートン氏とポール・クルーガー氏との合作舞台劇を映画化したもので、ルイス・スティーヴンス氏が脚色し「鉄腕の男」「陶酔の毒盃」等と同じくジョージ・アーチェンボード氏が監督した。主演者は「本塁打王」「幸運の風」等出演のアンナ・Q・ニルソン嬢と「霧の裏街」「肉弾王」等出演のケネス・ハーラン氏で、二巻喜劇のスターだったビリー・ビーヴァン氏、フィロ・マッカロー氏、チャールズ・セロン氏、カール・ストックデール氏等が助演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
アンナ・Q・ニルソン ケネス・ハーラン ビリー・ビーヴァン チャールズ・セロン
1921年

村の人気者

  • 1921年
  • 出演(Director of Two-Gun Sam 役)

昨年2月セネットがエイ・ビー社の第1回作品として発表した長篇喜劇で、氏自身の原作をアール・C・ケントンが監督したもの。主役にはベン・ターピン、フィリス・ヘイヴァー始めマリー・プレヴォー、チャールズ・マレイそのほかのおなじみが雲の如くに出演する。セネット氏一流の軽妙滑稽は随所に見られ、活動写真撮影場面などには数千人の臨時雇を使用して壮大目を驚かすものがあるという。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ベン・ターピン ジェームズ・フィンレイソン フィリス・ヘイヴァー バート・ローチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ビリー・ビーヴァン

ムービーウォーカー 上へ戻る