映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤井秀剛

年代別 映画作品( 2000年 ~ 2019年 まで合計4映画作品)

2019年

超擬態人間

  • 2019年当年公開
  • 監督、プロデューサー、脚本、撮影、編集

監督
藤井秀剛
出演キャスト
杉山樹志 田中大貴 望月智弥 宮下純
2017年

狂覗

  • 2017年7月22日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、脚本、撮影、編集

「生地獄」の藤井秀剛監督が、宮沢章夫の戯曲『14歳の国』を下地に、学校が抱える問題に切り込んだサスペンス。体育の授業を狙って秘密裏に荷物検査が行われることに。やがて中学生たちの実態や教師の闇、そしてある女生徒の化け物のような面が露わになる。藤井監督はSNSと中学生たちとの関わりを取り上げた新聞記事に触発され、本作を企画。『探偵物語』はじめ数々のテレビドラマのプロデューサーを手がけてきた山口剛が製作総指揮を務める。出演俳優がスタッフも兼ねる体制で制作された。

監督
藤井秀剛
出演キャスト
杉山樹志 田中大貴 宮下純 坂井貴子
2001年

マネーざんす

  • 2001年11月24日(土)公開
  • 監督、原案、脚本、出演

深夜番組「つんくタウン」企画・製作による映画シリーズ第8弾。“お金”をテーマに、天野ひろゆき、野沢直子、勝村政信ら芸能人が監督に挑戦したオムニバス・コメディだ。

監督
天野ひろゆき 野沢直子 藤井秀剛 とよた真帆
出演キャスト
下元史朗 上野潤 高川裕也 藤田清二
2000年

生地獄

  • 2000年6月1日(木)公開
  • 監督、脚本、編集、出演(光武 役)

車椅子生活を送る青年に降りかかる恐怖と、やがて明かされる彼の忌まわしい出生の秘密に迫るフランティック・ホラー。監督は、本作が初の劇場用作品となる藤井秀剛で、脚本も自らが執筆。撮影を「恐竜泥棒」の奥原一男が担当している。主演は本田博仁。尚、本作は『つんくタウンFILMS』の3丁目企画として製作、公開された。ドイツFantasy Filmfest 2000 第14回サイエンスフィクション・ホラー&スリラー国際映画祭出品作品。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
藤井秀剛
出演キャスト
本田博仁 白石嘉子 森直子 諏訪部仁
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤井秀剛