映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ハーヴェイ

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1955年 まで合計38映画作品)

1937年

大帝の密使(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Tsar 役)

「たそがれの維納」「ワルツ合戦」のアドルフ・ウォールブリュクが渡米してアントン・ウォルブルックと改名しての第一回主演映画である。ジュール・ヴェルヌ作の小説に基いて「男装」のモーティマー・オフナーと「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが協力して台本を作り、「紅雀」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演俳優は「女性の反逆」のエリザベス・アラン、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「三銃士(1935)」のマーゴット・グラハム、舞台に名あるフェイ・ベインター、「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル、「大学の人気者」のエリック・ブローア、「情無用ッ」のエドワード・ブロフィー、ポール・ハーヴェイ、ドリス・ロイドその他である。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
アントン・ウォルブルック エリザベス・アラン エイキム・タミロフ マーゴット・グラハム
1936年

愛の花篭

  • 1936年当年公開
  • 出演(Perry_Winfield 役)

「小都会の女」「愛と光」のロバート・テイラーと、「ホワイト・パレード」「野生の叫び」のロレッタ・ヤングが主演する映画で、クリーヴス・キンキード作の舞台劇に基づき、「バーレスクの王様」のジーン・マーキーが「小総隊長」のウィリアム・コンセルマンと協力して脚色し、「サンクス・ミリオン」「踊るブロードウェイ」のロイ・デル・ルースが監督に当たり、「バーレスクの王様」のピヴァレル・マーリーが撮影したもの。助演者は「アンナ・カレニナ」のベジル・ラスボーン、「虹の都へ」のバッシー・ケリー、「テンプルの灯台守」のジェーン・ダーウェル、「百万弗小僧」のポール・ハーヴェイ、「私のダイナ」のマージョリー・ゲイトソンその他である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ロバート・テイラー ロレッタ・ヤング マージョリー・ゲイトソン ポール・ハーヴェイ

歩く死骸

  • 1936年当年公開
  • 出演(Blackstone 役)

「透明光線」「黒猫」のボリス・カーロフが主演する映画で、エワート・アダムソンとジョセフ・フィールズが共同して書き下ろし、脚色には原作者アダムソン、ピーター・ミルン、ロバート・ハーディ・アンドリュース、リリー・ヘイワードの四人が協力し、「海賊ブラッド」「真夏の夜の夢」のハル・モーアが撮影。助演者は「特高警察」「シスコ・キッド(1935)」のリカルド・コルテス、「女難アパート」のマーゲリット・チャーチル、「脱線僧正」のエドモンド・グウェン、「黒地獄」「Gメン」のバートン・マクレーン、新顔ウォーレン・ハル、ヘンリー・オニール、ジョセフ・キング、エディ・エイカフ等である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ボリス・カーロフ リカルド・コルテス エドモンド・グウェン マーゲリット・チャーチル

化石の森(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Mr._Chisholm 役)

「紅はこべ」「痴人の愛」のレスリー・ハワードと「青春の抗議 」「痴人の愛」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、原作はロバート・シャーウッド作の同名の戯曲である。脚色には「真夏の夜の夢」「街の花嫁」のチャールス・ケニヨンが「海行かば(1935)」のデルマー・デーヴィスと協力し、「最初の接吻」「国境の町」のアーチー・L・メイヨが監督にあたり、「海行かば(1935)」「Gメン」のソル・ポリートが撮影した。助演は「ロマンス乾杯」「接吻とお化粧」のジュヌヴィエーヴ・トバン、「生活と恋愛」「海行かば(1935)」のディック・フォーラン、舞台でもハワードを助けて悪役を勤めたハムフリー・ボガードの面々で、その他ジョセフ・ソーヤー、ポーター・ホール、チャーリー・グレイブウイン等出演。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
レスリー・ハワード ベティ・デイヴィス ジュヌヴィエーヴ・トバン ディック・フォーラン

証人席

  • 1936年当年公開
  • 出演(Martin 役)

「泉」「晩春」のアン・バーディングが主演する映画で、リタ・ウィーマンのオリジナルを「ホワイト・パレード」のライアン・ジェームズと「鋪道の雨」のガートルード・パーセルが協力脚色し、「紅雀」「大帝の密使」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、「偽装の女」のロバート・ダグラスが撮影した。助演者は「三銃士(1935)」のウォルター・エイベルおよびモローニ・オルセン、「永遠に愛せよ」のダグラス・ダンブリル、新顔のフランセス・セイジ等である。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
アン・ハーディング ウォルター・エイベル ダグラス・ダンブリル フランセス・セイジ

平原児

  • 1936年当年公開
  • 出演(Yellow_Hand 役)

「十字軍」に次いでセシル・B・デミルが監督・製作した映画で、「オペラ・ハット」同様ゲイリー・クーパーとジーン・アーサーが主演する。ワイルド・ビル・ヒコックに関するコートニー・ライリー・クーパー及びフランク・J・ウイルスタッチの2つの実話小説に基づきデニルの旧作に参興しきったジェニー・マクファーソンが資料を編集し、それによって、「十字軍」に協力したウォルデマー・ヤング、ハロルド・ラムが更にリン・リグスと共に脚本を書いたものである。助演者は「疾風無敵男」のジェームズ・エリスン、「新世紀」「運河のそよ風」のチャールズ・ビックフォード、デミルが新たに発見した新人女優ヘレン・バージェス、「将軍暁に死す」のポーター・ホール、「罪じゃないわよ」のジョン・ミルジャン、「化石の森」のポール・ハーヴェイ、「ロバータ」のヴィクター・ヴァルコニ、「美しき野獣」のフレッド・コーラー等である。撮影は「十字軍」「クレオパトラ(1934)」のヴィクター・ミルナーの担当。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジーン・アーサー ジェームズ・エリスン チャールス・ビックフォード

宝石と女賊

  • 1936年当年公開
  • 出演(Inspector_Parr 役)

「銀鼠流線型」の後日譚で、同じくフレデリック・アーヴィング・アンダーソン原作で、ガートルード・マイケルが女主人公をつとめるもの。脚色は「再び逢う日」のブライアン・マーロウとパターソン・マクナットが協力し、監督には「名馬物語」「地方検事」のジョージ・アーチェンボードがあたり、「美しき野獣」のジョージ・クレメンスが撮影を担当している。マイケルを助けて「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディングを始め、「輝ける百合」のレイ・ミランド、「薔薇は何故紅い」のエリザベス・パターソン、コリン・タッブリー、ポール・ハーヴェイ等が出演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ガートルード・マイケル サー・ガイ・スタンディング レイ・ミランド エリザベス・パターソン

ロジタ(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Boss_Martin 役)

ニューヨークメトロポリタン・オペラ座出演のグラディウス・スウォザウトが「赤毛パレード」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズと共に出演する映画で、リチャード・ウォルトン・タリーとデイヴィッド・ベラスコ合作の舞台劇より、「人生は42から」のハーラン・トンプソンがブライアン・フッカーと協力して潤色し、「アフリカ駐屯兵」のフランク・パートス及びチャールズ・ブラケットが更にアーサー・シークマン、ナット・ペリンと共同脚色し、「ルムバ」「路傍」のマリオン・ガーリングが監督に当たり、「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーが撮影した。助演者は「運河のそよ風」のチャールズ・ビックフォード、「ピストルと音楽」のグレイス・ブラッドリー、「ソレルとその子」のH・B・ワーナー、ヴォードヴィル俳優のウイリー・ハワード及びハープ・ウィリアムス、「久遠の誓い」のシャーロット・グランヴィル、「舗道の雨」のマイナー・ワトソン、「クカラチャ」のドン・アルヴァラド等である。音楽は「1936年の大放送」と同じくレオ・ロビン作詞、ラルフ・レインジャー作曲、舞踊振付は「絢爛たる殺人」のリロイ・プリンツの担任。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
ジョン・ボールズ グラディス・スウォザウト チャールス・ビックフォード ウィリー・ハワード

サンクス・ミリオン

  • 1936年6月18日(木)公開
  • 出演(Maxwell 役)

「海行かば(1935)」「真夏の夜の夢」のディック・パウエルが主演する音楽映画で、メルヴィル・クロスマンの原作を、「ロスチャイルド」のナナリー・ジョンソンが脚色し、「踊るブロードウェイ」「百万弗小僧」のロイ・デル・ルースが監督し、「巌窟王(1934)」「暗黒街全滅」のペヴァレル・マーレーが撮影している。助演者は「Gメン」のアン・ヴォーザーク、ポール・ホワイトマンとその管弦団、「その夜の真心」のレイモンド・ウォルバーン、「夜毎八時」のパッシー・ケリー、ヴァイオリン奏手ルビノフ、ヨット・クラブ・ボーイズ、「わたし貴婦人よ」のペニー・ベイカー、フレッド・アレン、アラン・ダインハート、ポール・ハーヴェイ、アンドルウ・トーマス等という贅沢なキャストである。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ディック・パウエル アン・ヴォーザーク フレッド・アレン パッシー・ケリー
1935年

命の雑踏

  • 1935年当年公開
  • 出演(Captain_Seaver 役)

「餓ゆるアメリカ」「つばさの天使」のリチャード・バーセルメスが主役を演じる映画で、「世界一の金持ち娘」を原作脚色したノーマン・クラスナが自作の舞台劇「小さい奇跡」を自ら映画脚色し、「絢爛たる殺人」「明日なき抱擁」のミッチェル・ライゼンが監督に当たり「女は要らねえ」「キャラバン」のテオドル・アウパークールが撮影した。バーセルメスを囲って「かぼちゃ太夫」のジョー・モスリン、「銀鼠流線型」のガートルード・マイケル、「ボクは芸人」のヘレン・マック、「輝ける百合」のレイ・ミランド、「これがアメリカ艦隊」のドロシー・ツリー、「ウィーンの再会」のヘンリー・トラヴァース、「盲目の飛行士」のロスコー・カーンス、「男の世界」のノエル・マディソン、チャールズ・C・ウィルソン等が出演している。なお本邦上映の分はウェスタンイレクトリック録音の日本語ダビング版である。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジョー・モリソン ガートルード・マイケル ヘレン・マック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ハーヴェイ