映画-Movie Walker > 人物を探す > ナスターシャ・キンスキー

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2002年 まで合計29映画作品)

1991年

ムーンリットナイト

  • 1991年1月25日(金)公開
  • 出演(Joelle 役)

自分がエイズ感染者であることを知ったジャーナリストが愛の力でエイズに打ち勝ってゆくまでを描くラブ・ストーリー。製作はフルヴィオ・ルチザーノとタラク・ベン・アマール、「流されて2」のリナ・ウェルトミューラーが自らの原案を基に監督・脚本、撮影はカルロ・タファーニ、音楽はグレコ・ダンジオとアヴィヨン・トラヴェルが担当。出演はルトガー・ハウアー、ナスターシャ・キンスキーほか。

監督
リナ・ウェルトミューラー
出演キャスト
ルトガー・ハウアー ナスターシャ・キンスキー ピーター・オトゥール フェイ・ダナウェイ
1990年

ザ・ブロンド

  • 1990年当年公開
  • 出演(Christine 役)

記憶喪失のブロンド美女と貧乏青年の束の間の愛を描いたラヴ・サスペンス。主演・監督は「殺意のサン・マルコ駅」で高い評価を受けた俳優/監督のセルジョ・ルビーニ。音楽は「時の翼に乗って/ファラウェイ・ソー・クロース!」などヴィム・ヴェンダース作品で知られるユルゲン・クニーパー。共演は「時の翼に乗って」「ターミナル・ベロシティ」のナスターシャ・キンスキーほか。

監督
セルジオ・ルビーニ
出演キャスト
セルジオ・ルビーニ ナスターシャ・キンスキー エンニオ・ファンタスキーニ ルカ・バルバレスキ

太陽は夜も輝く

  • 1990年12月22日(土)公開
  • 出演(Cristina Del Carpio 役)

レオ・N・トルストイの中篇『セルギイ神父』を、舞台を南イタリアに移し、世俗を捨て信仰の道へ入った一人の青年の受苦の日々を通して、人間にとって真実とは何かを描いた作品。製作はジュリアーニ・G・デ・ネグリ、監督は「グッドモーニング・バビロン!」のパオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ兄弟、脚本はタヴィアーニ兄弟とトニーノ・グエッラの共同、撮影はジュゼッペ・ランチ、音楽はニコラ・ピオヴァーニが担当。出演はジュリアン・サンズ、シャルロット・ゲンズブールほか。

監督
パオロ・タヴィアーニ ヴィットリオ・タヴィアーニ
出演キャスト
ジュリアン・サンズ ナスターシャ・キンスキー シャルロット・ゲンズブール マルガリータ・ロサーノ

マグダレーナ 「きよしこの夜」誕生秘話

  • 1990年10月27日(土)公開
  • 出演(Magdalena 役)

実話を基に若き神父が娼婦との禁じられた愛の中からひとつの賛美歌を生み出す様を描く。製作はエルンスト・リッター・フォン・トイマー、監督・脚本はファスビンダー作品などの女優出身のモニカ・トイバー、撮影は「フェラーラ物語」のアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はクリフ・アイデルマンが担当。出演はナスターシャ・キンスキー、スティーブ・ボンドほか。

監督
モニカ・トイバー
出演キャスト
ナスターシャ・キンスキー スティーヴ・ボンド デイヴィッド・ワーナー フランコ・ネロ

ハーレム(1985)

  • 1990年1月27日(土)公開
  • 出演(Diane 役)

ハーレムに迷い込んだ女性の当惑と愛を描くラブ・ストーリー。製作はアラン・サルド、監督・原案・脚本はアルトゥール・ジョフェ、共同脚本はトム・レイフィール、撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はナスターシャ・キンスキー、ベン・キングズレーほか。

監督
アルトゥール・ジョフェ
出演キャスト
ナスターシャ・キンスキー ベン・キングズレー Dennis Goldson Zohra Segal
1988年

恋の病い

  • 1988年6月16日(木)公開
  • 出演(Juliette 役)

ボルドーを舞台に、一人の女性と二人の男性が織りなす愛の形を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはジャン・ミシェル・ユラエール、製作はマリー・ロール・リール、監督は「パリ警視J」のジャック・ドレー、アンジェイ・ズラウスキの原案・脚色を基にダニエル・トンプソンが脚本・台詞、撮影は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のジャン・フランソワ・ロバン、音楽は「悲しみのヴァイオリン」のロマノ・ムスマラが担当。出演はナスターシャ・キンスキー、ジャン・ユーグ・アングラード、ミシェル・ピッコリほか。

監督
ジャック・ドレー
出演キャスト
ナスターシャ・キンスキー ジャン・ユーグ・アングラード ミシェル・ピッコリ ジャン・クロード・ブリアリ

レボリューション めぐり逢い

  • 1988年4月9日(土)公開
  • 出演(Deisy 役)

アメリカ独立前夜を背景に父と子、男女の愛を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはクリス・バート、監督は「グレイストーク ターザンの伝説」のヒュー・ハドソン、脚本はロバート・ディロン、撮影はベルナール・リュティック、編集はスチュワート・ベアードが担当。出演はアル・パチーノ、ナスターシャ・キンスキーほか。

監督
ヒュー・ハドソン
出演キャスト
アル・パチーノ ナスターシャ・キンスキー ドナルド・サザーランド デクスター・フレッチャー
1987年

溝の中の月

  • 1987年6月13日(土)公開
  • 出演(Loretta 役)

波止場の裏町を舞台に、貧しい若者の愛を求める姿を描く。製作はリズ・ファイヨル、監督は「ディーバ」のジャン・ジャック・ベネックス。デイヴィッド・グーディスの原作を基にベネックスとオリヴィエ・メルゴーが脚色。撮影はフィリップ・ルスロ、音楽はガブリエル・ヤーレが担当。出演はジェラール・ドパルデュー、ナスターシャ・キンスキーほか。

監督
ジャン・ジャック・ベネックス
出演キャスト
ジェラール・ドパルデュー ナスターシャ・キンスキー ビクトリア・アブリル ヴィットリオ・メッゾジョルノ
1986年

ホテル・ニューハンプシャー

  • 1986年7月12日(土)公開
  • 出演(Susie_the_Bear 役)

3つのホテル・ニューハンプシャーを舞台に、ベリー一家の不思議な体験を描く。製作はニール・ハートリー。ジョン・アーヴィングの同名原作(集英社刊)を基にトニー・リチャードソンが監督・脚色。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はレイモンド・レパードが担当。出演はジョディ・フォスター、ロブ・ロウなど。

監督
トニー・リチャードソン
出演キャスト
ジョディ・フォスター ロブ・ロウ ボー・ブリッジス ナスターシャ・キンスキー
1985年

マリアの恋人

  • 1985年12月14日(土)公開
  • 出演(Maria_Bosic 役)

1940年代のペンシルヴァニアの片田舎を舞台に戦争生活を終えて故郷に帰った若者と彼が愛する娘マリアが結ばれるまでを描く。製作はボスコ・ジョルジェヴィッチとローレンス・テイラー・モートーフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督はソ連の監督で米国で仕事を続ける「ワーニャ伯父さん」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はコンチャロフスキー、ジェラール・ブラック、ポール・ジンデル、マージョリー・デイヴィッドの共同。撮影はファン・ルイス・アンシア、音楽はゲイリー・S・リマルが担当。出演はナスターシャ・キンスキー、ジョン・サヴェージなど。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
ナスターシャ・キンスキー ジョン・サヴェージ ロバート・ミッチャム キース・キャラダイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ナスターシャ・キンスキー