映画-Movie Walker > 人物を探す > 亀井亨

年代別 映画作品( 2000年 ~ 2016年 まで合計22映画作品)

2016年

無垢の祈り

  • 2016年10月8日(土)公開
  • 監督、脚本

「私の奴隷になりなさい」の亀井亨が、ホラー作家・平山夢明の短編小説を自主製作で映画化。学校でイジメを受け、自宅では義父から虐待される日々を送る10歳の少女フミはある日、自宅周辺で発生する連続殺人事件の犯行現場を巡る小さな旅を始める……。原作小説は児童虐待や宗教、連続殺人などを盛り込んだ過激な内容ゆえ、映像化が難しいとされてきた。出演は撮影当時9歳の福田美姫、お笑い芸人のBBゴロー、『マメシバ一郎』の下村愛(“穂花”から改名)。

監督
亀井亨
出演キャスト
福田美姫 BBゴロー 下村愛 サコイ

闇刻の宴

  • 2016年4月8日(金)公開
  • 監督、製作、製作総指揮

「うつしえ」「子の棲む家」「36℃の視線」「幽閉 confinement」「岩」「ひなげし」の短編6作をまとめたオムニバスホラー。「私の奴隷になりなさい」の亀井亨やピンク映画で活躍する国沢実ら5人の監督が、女の中の闇に巣食う悪夢の断片を描出する。出演はTV『ファースト・クラス』の河嶋遥伽、「AKECHIくノ一忍法外伝」の太三、くわの空、「おやじ男優Z」の星野ゆず、「行旅死亡人」の藤堂海、「あんこまん」の和田光沙、「虎影」の水井真希、「世界最後の日々」の谷川みゆき。

監督
坂元啓二 菊嶌稔章 三宮英子 亀井亨
出演キャスト
河嶋遥伽 太三 星野ゆず YOSHIHIRO
2014年

幼獣マメシバ 望郷篇

  • 2014年9月20日(土)公開
  • 監督

愛犬のマメシバ一郎と中年の引きこもり・芝二郎の日常をテレビドラマや映画で描く人気シリーズ第4弾。第一作目「幼獣マメシバ」よりニート中年・芝二郎を演じている佐藤二朗が引き続き同役で主演。ペットショップで働き始め居場所ができたものの仕事も人間関係も放り出して愛犬のマメシバ一郎とともに家出した芝二郎が、旅先で占有屋の仕事に巡り合う。監督はこれまでも本シリーズ映画版を手がけてきた「私の奴隷になりなさい」「心中エレジー」の亀井亨。脚本も引き続き「猫侍」「心中エレジー」の永森裕二が担当。ほか「テルマエ・ロマエ」の宍戸開、「東京公園」の高橋洋、「1/11 じゅういちぶんのいち」の竹富聖花らが出演。

監督
亀井亨
出演キャスト
佐藤二朗 宍戸開 高橋洋 竹富聖花
2013年

マメシバ一郎 フーテンの芝二郎

  • 2013年2月9日(土)公開
  • 監督

ニートの中年男・芝二郎とかわいらしい豆柴犬の一郎が困難に立ち向かいながらも、解決するでもなく…というゆるいスタンスで繰り広げられるテレビドラマの劇場版第3弾。前作で脱ニートに成功し、ペットショップ店員という職にもありつけた芝二郎に新たな試練が訪れる。佐藤二朗が前2作に引き続き、ダメ中年役を好演する。

監督
亀井亨
出演キャスト
佐藤二朗 南沢奈央 高橋洋 高橋直純

私の奴隷になりなさい ディレクターズ・カット

  • 2013年1月26日(土)公開
  • 監督

ベストセラーとなったサタミシュウのSM青春小説を、29歳でグラビアデビューした壇蜜を主演に迎えて映画化した官能ドラマ。既婚のOLがSMにはまり、別の男性の奴隷となっていくさまがひとりの青年の目線を通して描かれる。話題を呼んだ壇蜜のフルヌードシーンはもちろん、さらに過激なシーンが加えられ、R18+指定に。

監督
亀井亨
出演キャスト
壇蜜 真山明大 板尾創路 古舘寛治
2012年

私の奴隷になりなさい

  • 2012年11月3日(土)公開
  • 監督

ベストセラーとなったサタミシュウのSM青春小説を、29歳でグラビアデビューした壇蜜を主演に迎えて映画化した官能ドラマ。既婚のOLがSMにはまり、別の男性の奴隷となっていくさまがひとりの青年の目線を通して描かれる。壇蜜がフルヌードを披露するなど、過激なシーンが次々に登場する。ヒロインに恋する“僕”を演じるのは真山明大。

監督
亀井亨
出演キャスト
壇蜜 真山明大 板尾創路 古舘寛治

くろねこルーシー

  • 2012年10月6日(土)公開
  • 監督

日本一黒猫に横切られるツイてない男の姿を描き人気を博している、山本耕史主演の連続テレビドラマの前日譚となる初の劇場版。テレビ版ではすでに亡くなっている主人公の父親をテレビ版同様にお笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅が演じ、ルーとシーという2匹の黒猫を使って人の運勢を占う男の物語がつづられる。

監督
亀井亨
出演キャスト
塚地武雅 安めぐみ 大政絢 濱田マリ

マメシバ一郎

  • 2012年2月4日(土)公開
  • 監督

2009年のヒット作『幼獣マメシバ』の続編となるハートフルストーリー。前作でアルゼンチンへと旅立った佐藤二朗扮する中年ニート、芝二郎とマメシバ犬の異色コンビが、今度は心の旅に出る。永森裕二の脚本が醸し出す緩やかなユーモアに、イヌたちのフワフワ感をリアルに表現した3D映像が加わって、なごみ効果は抜群だ。2D版でも上映あり。

監督
亀井亨
出演キャスト
佐藤二朗 臼田あさ美 高橋洋 高橋直純
2011年

犬飼さんちの犬

  • 2011年6月25日(土)公開
  • 監督

『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』のスタッフによる“おっさんと動物”の異色コンビが活躍する動物映画シリーズの1作。離島に単身赴任中だった犬嫌いの主人公が、家族が内緒で飼っていたサモエド犬のサモンと距離を縮めていく姿を、笑いと感動を交えてつづっていく。犬嫌いの主人公を演じるのは、演技派俳優の小日向文世。

監督
亀井亨
出演キャスト
小日向文世 ちはる 木南晴夏 池田鉄洋
2010年

ねこタクシー

  • 2010年6月12日(土)公開
  • 監督、編集

カンニング竹山主演の心温まる人間ドラマ。家にも職場にも居場所を見つけられないうだつの上がらないタクシー運転手が一匹のネコと出会い、新たな人生を切り開いていく。

監督
亀井亨
出演キャスト
カンニング竹山 鶴田真由 山下リオ 芦名星

関連ニュース

塚地武雅、猫耳ファッションの安めぐみと大政絢に囲まれてデレデレ
塚地武雅、猫耳ファッションの安めぐみと大政絢に囲まれてデレデレ(2012年10月6日)

人気ドラマの劇場版『くろねこルーシー』の初日舞台挨拶が、10月6日にヒューマントラストシネマ有楽町で開催。塚地武雅、安めぐみ、大政絢、亀井亨監督、黒猫のルーとシ…

安めぐみが猫耳で「幸せ度マックス!子供は3人ほしい」と新婚生活をアピール
安めぐみが猫耳で「幸せ度マックス!子供は3人ほしい」と新婚生活をアピール(2012年10月2日)

『くろねこルーシー』(10月6日公開)の先行プレミア上映会が10月2日、シネマート新宿で開催され、ドランクドラゴンの塚地武雅、安めぐみ、濱田マリ、直江喜一、亀井…

悶絶レベルの可愛さ! マメシバにひたすら癒される3D映画って?
悶絶レベルの可愛さ! マメシバにひたすら癒される3D映画って?(2012年2月5日)

今やすっかり一般的となった3D映画。とはいえ、公開される3D作品のタイプは、どうしても迫力や臨場感を追い求めたアクションやアドベンチャーなどに偏りがちだ。それも…

『犬飼さんちの犬』5ヶ所で初日舞台挨拶&笑う犬の生写真先着プレゼント
『犬飼さんちの犬』5ヶ所で初日舞台挨拶&笑う犬の生写真先着プレゼント(2011年6月23日)

犬嫌いの父が家庭内での居場所を賭けて犬と戦うコメディ『犬飼さんちの犬』(6月25日公開)で、小日向文世と共に主演をはっている、サモエド犬の“サモン”。モフモフ&…

犬好きなのに犬嫌いの役の小日向文世、サモンにデレデレ!「犬を怖がる芝居はしんどかった」
犬好きなのに犬嫌いの役の小日向文世、サモンにデレデレ!「犬を怖がる芝居はしんどかった」(2011年6月13日)

犬嫌いの父が家庭内での居場所を賭けて犬と戦うコメディ『犬飼さんちの犬』(6月25日公開)の完成披露試写会が6月13日、スペースFS汐留で行われ、出演者の小日向文…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 亀井亨