映画-Movie Walker > 人物を探す > エリオット・グールド

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2015年 まで合計31映画作品)

2015年

ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男

  • 2015年10月3日(土)公開
  • 出演

「M★A★S★H マッシュ」、「ナッシュビル」など、数々の名作を世に送り出したアメリカ・インディペンデント映画の父、ロバート・アルトマン監督の実像に迫るドキュメンタリー。ポール・トーマス・アンダーソンやジュリアン・ムーアを始めとした関係者の証言に、貴重なアーカイブ映像を交えて、その素顔が明かされてゆく。

監督
ロン・マン
出演キャスト
ロバート・アルトマン ポール・トーマス・アンダーソン ジェームズ・カーン キース・キャラダイン
2012年

ルビー・スパークス

  • 2012年12月15日(土)公開
  • 出演(ローゼンタール博士 役)

スランプに陥った作家が、目の前に現れた小説の主人公の女性と恋に落ちるファンタジックなラブストーリー。出演は「カウボーイ&エイリアン」のポール・ダノ、本作の脚本も執筆したエリア・カザンの孫ゾーイ・カザン(「恋するベーカリー」)。監督は「リトル・ミス・サンシャイン」のジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス。

監督
ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファリス
出演キャスト
ポール・ダノ ゾーイ・カザン アントニオ・バンデラス アネット・ベニング
2011年

コンテイジョン

  • 2011年11月12日(土)公開
  • 出演(イアン・サスマン医師 役)

巨匠スティーヴン・ソダーバーグ監督が、突然、世界中に蔓延していく謎のウイルスの恐怖を描くサスペンス・ドラマ。最初にウイルスの犠牲者となる女性をグウィネス・パルトロウが演じるほか、その夫役のマット・デイモンら豪華キャストが集結。綿密なリサーチに裏付けられたリアリティあふれる設定が恐怖感を高めている。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
マット・デイモン ケイト・ウィンスレット ローレンス・フィッシュバーン ジュード・ロウ
2007年

オーシャンズ13

  • 2007年8月10日(金)公開
  • 出演(ルベン・ティシュコフ 役)

ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットら豪華スター競演によるクライム・ムービーの第3弾。オーシャンズと対決するカジノ王には、名優アル・パチーノが扮している。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
ジョージ・クルーニー ブラッド・ピット マット・デイモン アンディ・ガルシア
2005年

オーシャンズ12

  • 2005年1月22日(土)公開
  • 出演(ルーベン・ティシュコフ 役)

豪華スター共演による、痛快犯罪劇の続編。カジノ王から盗んだ金を返すため、再結集したチームが再び大計画に挑む。キャサリン・ゼタ=ジョーンズら新キャストにも注目。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
ジョージ・クルーニー ブラッド・ピット マット・デイモン キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
2002年

オーシャンズ11

  • 2002年2月2日(土)公開
  • 出演(Reuben Tishkoff 役)

鬼才スティーブン・ソダーバーグ監督が豪華キャストでおくる集団犯罪劇。巨大金庫に眠る莫大な現金を狙って、個性的な犯罪のプロたちがチームを組む痛快娯楽作だ。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
ジョージ・クルーニー バーニー・マック ブラッド・ピット エリオット・グールド
2000年

アメリカン・ヒストリーX

  • 2000年2月19日(土)公開
  • 出演(Murray 役)

白人至上主義集団のカリスマ的リーダーとなった兄と彼を崇める弟がたどる心の軌跡を描く問題作。監督・撮影はCM界の奇才トニー・ケイで、本作が監督デビューとなる。脚本は新鋭デイヴィッド・マッケンナ。製作はジョン・モリッシー。製作総指揮はローレンス・ターマン、スティーヴ・ティッシュ、キアリー・ピーク、ビル・カラーロ。音楽はアン・ダドリー。美術はジョン・ゲーリー・スティール。編集はアラン・ハイムとジェリー・グリーンバーグ。出演は「ファイト・クラブ」のエドワード・ノートン、「I love ペッカー」のエドワード・ファーロング、「ビッグ・ヒット」のエイヴリー・ブルックスとエリオット・グールド、「ウォーターボーイ」のファイルーザ・バルク、「ベガス・バケーション」のビヴァリー・ダンジェロ、「エスケープ・フロム・L.A.」のステイシー・キーチほか。

監督
トニー・ケイ
出演キャスト
エドワード・ノートン エドワード・ファーロング ビヴァリー・ダンジェロ ジェニファー・リエン
1999年

ビッグ・ヒット

  • 1999年1月23日(土)公開
  • 出演(Mortor Shulman 役)

腕は超一流ながら優柔不断な性格のヒットマンが仲間の裏切りで絶体絶命のピンチに陥る顛末を描いたアクション・コメディ。監督は「新ポリス・ストーリー」「野獣特捜隊」などハードな香港アクションで知られるカーク・ウォンで、彼のハリウッド進出第1作。製作総指揮は「フェイス/オフ」「リプレイスメント・キラー」のジョン・ウーとテレンス・チャン、「グース」のジョン・M・エッカート。製作は「ホワイトハウスの陰謀」の俳優ウェズリー・スナイプスとウォーレン・サイド。脚本は本作がデビューとなる新鋭のベン・ラムジィ。撮影はダニー・ノワク。音楽は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のグレアム・レヴェルがスコアをつとめ、音楽監修をピラー・マッカリィが担当。美術はターヴォ・スーダー。編集はロビン・ラッセル(TV『新トワイライトゾーン』)とピエトロ・スカリア(「JFK」)。衣裳は『ボディ・スナッチャーズ』のマーガレット・M・モーア。出演は「ブギーナイツ」のマーク・ウォルバーグ、「レネゲイズ」のルー・ダイアモンド・フィリップス、モデル出身で本作がデビューとなるチャイナ・チャウ、「グリッドロック」のボキーム・ウッドバイン、TV『メルローズ・プレイス』のアントニオ・サバトー・Jr.、「愛と哀しみの旅路」のサブ・シモノほか。

監督
カーク・ウォン
出演キャスト
マーク・ウォルバーグ ルー・ダイアモンド・フィリップス チャイナ・チャウ クリスティナ・アップルゲイト
1997年

バッド・デイズ

  • 1997年11月1日(土)公開
  • 出演(Loan shark 役)

ロサンゼルスを巻き込だ新旧のギャングたちの抗争を描いた本格的なフィルム・ノワール。ジャン=ピエール・メルビル監督の55年作品「賭博師ボブ」を現代風にアレンジした。監督は「湖畔のひと月」のジョン・アーヴィン。製作は「ストーリービル」のエヴゼン・コーラー。脚本はTVシリーズの脚本家として知られるケン・ソラーツ(製作も)。製作総指揮はバー・ポッター。撮影は「トイ・ソルジャー」のトーマス・バースティン。音楽は「ハーモニー」のスティーヴン・エンデルマン、美術はマイケル・ノヴォトニー。編集はマーク・コンテ。衣裳はエデュアルド・カストロ。主演は「レザボアドッグス」「真夏の出来事」のハーヴェイ・カイテル。共演は「スペース・トラッカー」のスティーヴン・ドーフ、「ビューティフル・ガールズ」のティモシー・ハットン、『ロード・オブ・イリュージョン』(V)のファムケ・ヤンセンほか。なお、エリオット・グールドがノンクレジットで出演している。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
ハーヴェイ・カイテル スティーブン・ドーフ ティモシー・ハットン ファムケ・ヤンセン

ジョンズ

  • 1997年9月13日(土)公開
  • 出演(Manny Gould 役)

生き抜くために街角に立ち続けるストリート・ハスラー(男娼)たちの夢と絶望を描いた、異色の青春映画。監督・脚本は、アメリカ・フィルム・インストテュート在学中から3編の短編映画が評価され、卒業してからはCBSテレビボストン支局でドキュメンタリー作品の制作に携わっていたスコット・シルヴァーで、彼の商業映画デビュー作。音楽は74歳の伝説のブルースマン、チャールズ・ブラウンと、ダニー・キャロン。主演は「スクリーム」のデイヴィッド・アークエットと「マーズ・アタック!」のルーカス・ハース。共演は「ボルケーノ」のキース・デイヴィッド、「ロスト・ワールド」のアーリス・ハワード、「M★A★S★H」のエリオット・グールドほか。96年度サン・セバスチャン国際映画祭、最優秀監督賞を受賞。

監督
スコット・シルヴァー
出演キャスト
ルーカス・ハース デイヴィッド・アークエット キース・デイヴィッド エリオット・グールド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エリオット・グールド