映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・マックァリー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1936年 まで合計6映画作品)

1936年

平原児

  • 1936年当年公開
  • 出演(Geneal_Merrtt 役)

「十字軍」に次いでセシル・B・デミルが監督・製作した映画で、「オペラ・ハット」同様ゲイリー・クーパーとジーン・アーサーが主演する。ワイルド・ビル・ヒコックに関するコートニー・ライリー・クーパー及びフランク・J・ウイルスタッチの2つの実話小説に基づきデニルの旧作に参興しきったジェニー・マクファーソンが資料を編集し、それによって、「十字軍」に協力したウォルデマー・ヤング、ハロルド・ラムが更にリン・リグスと共に脚本を書いたものである。助演者は「疾風無敵男」のジェームズ・エリスン、「新世紀」「運河のそよ風」のチャールズ・ビックフォード、デミルが新たに発見した新人女優ヘレン・バージェス、「将軍暁に死す」のポーター・ホール、「罪じゃないわよ」のジョン・ミルジャン、「化石の森」のポール・ハーヴェイ、「ロバータ」のヴィクター・ヴァルコニ、「美しき野獣」のフレッド・コーラー等である。撮影は「十字軍」「クレオパトラ(1934)」のヴィクター・ミルナーの担当。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジーン・アーサー ジェームズ・エリスン チャールス・ビックフォード
1933年

坊やはお休み

  • 1933年当年公開
  • 出演(Henry_Joudain 役)

「今晩愛して頂戴ナ」に次ぐモーリス・シュヴァリエ主演のオペレット映画で、リオ・ホーニマーの原作を「七月の肌着」「マタ・ハリ」のベンジャミン・グレイザーが書き改め、「暴君ネロ(1932)」「今晩愛して頂戴ナ」のウォルデマー・ヤングがナナリー・ジョンソンと共同して脚色し、監督には「お化け大統領」「王様ごっこ」のノーマン・タウログが当たった。助演者は「ハア・マン」「空中大曲芸団」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「極楽特急」「犯罪都市(1931)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「競馬天国」「謎の真空管」のエイドリアン・エイムス、特に選ばれたベビィ・レロイ、を始め、アール・フォックス、リー・レイ、ベティー・ロレイン、ガートルード・マイケル等で、キャメラは「地下の雷鳴」「恋を食べる女」のチャールズ・ラングの担任。なお作詞は「君とひととき」「ラジオは笑う」のラルフ・レインジャーがそれぞれ受け持った。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ エドワード・エヴァレット・ホートン エイドリアン・エイムス
1923年

大北の怪異

  • 1923年当年公開
  • 出演(Constable_of_France 役)

サタディ・イヴニング・ポースト誌に載せられたクラレンス・バディントン・ケランド氏原作の小説を、「船に打乗り海原指して」「最後の一瞬」「ヴェニスの一夜」等を監督したエドワード・スローマン氏が監督したもの。チャールズ・E・ウィティカー氏が脚色の任に当たった。舞台に長い経験のあるアルフレッド・ラント氏が映画界に入った第1回作品で、氏の相手は「良人の危険時代」「土曜日の夜」等出演のエディス・ロバーツ嬢である。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
エディス・ロバーツ アルフレッド・ラント Major James Doyle William B. Mack
1922年

怪指紋(1922)

  • 1922年当年公開
  • 出演(Judge_Walbrough 役)

アーサー・ソマーズ・ローシェの原作「歩み疲れて」「神の変えし女」等と同じくドティー・ホバートが脚色し、「死人無言」「歩み疲れて」等と同じくトム・テリスが監督したもの。主役は「ユーモレスク(1920)」等出演のアルマ・ルーベンス、「影に怖えて」「浮気女房」等出演のハリソン・フォードで「暗黒の妖星」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のノーマン・ケリーも出演する。

監督
トム・テリス
出演キャスト
アルマ・ルーベンス Eileen Huban ハリソン・フォード ジョージ・マックァリー
1921年

沈黙の都

  • 1921年当年公開
  • 出演(Mike_Kearney 役)

「海の壮漢」「子煩悩」等同様パ社トーマス・ミーアン氏主演映画で、「海の壮漢」と同じくかつて俳優としても知られたトム・フォーマン氏が監督した。ジョン・モロッフ氏の小説 The Quarry からフランク・コンドン氏が脚色したもので、相手役はお馴染みのロイス・ウィルソン嬢。

監督
トム・フォーマン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ロイス・ウィルソン ケイト・ブルース ポール・エヴァートン
1920年

愛の花

  • 1920年当年公開
  • 出演(Her Father 役)

コリアー週報に掲載されたラルフ・ストック原作の「黒き海岸」Black BeachをD・W・グリフィスが自ら監督して製作したロマンスで、「東への道」「ブロークン・ブラッサムス」に続いて1920年9月に連合芸術家会社から発売されたもの。主役はリチャード・バーセルメスと「勇士の血」出演のキャロル・デンプスターである。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
リチャード・バーセルメス キャロル・デンプスター ジョージ・マックァリー アンダース・ランドルフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・マックァリー