映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ディヴェイン

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2014年 まで合計15映画作品)

2014年

インターステラー

  • 2014年11月22日(土)公開
  • 出演(ウィリアムス 役)

クリストファー・ノーラン監督によるSFドラマ。環境の変化などの影響で食糧危機に陥り、滅亡の危機を迎えた人類が新たな星を目指す姿がつづられる。宇宙へ旅立つ元パイロットの主人公をマシュー・マコノヒーが演じ、彼とその娘との愛が描かれる。彼と共に新天地を目指す宇宙飛行士をオスカー女優のアン・ハサウェイが演じる。

監督
クリストファー・ノーラン
出演キャスト
マシュー・マコノヒー アン・ハサウェイ ケイシー・アフレック ジェシカ・チャステイン
2000年

スペース・カウボーイ

  • 2000年11月3日(金)公開
  • 出演(Eugene Davis 役)

 C・イーストウッド監督・主演のアドベンチャー・ドラマ。70歳になる男たちが老体にムチ打って宇宙への夢に挑む姿を、ドラマティックに描いた痛快作。渋さが魅力のベテラン男優陣の共演も話題だ。

監督
クリント・イーストウッド
出演キャスト
クリント・イーストウッド トミー・リー・ジョーンズ ドナルド・サザーランド ジェームズ・ガーナー

インビジブル

  • 2000年10月14日(土)公開
  • 出演(Dr.Kramer 役)

 鬼才P・バーホーベンが放つ、驚異の最新SFX満載のサスペンス・ホラー。透明人間の研究にとりつかれた天才科学者の野心と狂気が、血みどろの惨劇を招く衝撃作。

監督
ポール・バーホーベン
出演キャスト
エリザベス・シュー ケヴィン・ベーコン ジョシュ・ブローリン キム・ディケンス
1999年

ペイバック

  • 1999年5月15日(土)公開
  • 出演(Carter 役)

裏切られ、全てを失った男の復讐を描いたハードボイルド・アクション。原作はリチャード・スタークの犯罪小説の名作『悪党パーカー』シリーズの一編「人狩り」(ハヤカワミステリ文庫・刊)で、67年のジョン・ブアマン監督、リー・マーヴィン主演「ポイント・ブランク 殺しの分け前」に次ぐ二度目の映画化となる。監督は「陰謀のセオリー」「L.A.コンフィデンシャル」の脚本を手掛け、これが初演出となるブライアン・ヘルゲランドで、脚本は彼と「マッドマックス サンダードーム」のテリー・ヘイズの共同。製作は「アンナ・カレーニナ」のブルース・デイヴィ、製作総指揮も同作のスティーヴン・マクヴィーティ。撮影は「187」のエリクソン・コア。音楽は「ジョー・ブラックをよろしく」のリス・ボードマン。美術は「ナイトウォッチ」のリチャード・フーヴァー。編集は「ブレーキ・ダウン」のケヴィン・スティット。衣裳は「ネゴシエーター」のハ・ニューエン。出演は「リーサル・ウェポン4」のメル・ギブソン、「スター・トレック 叛乱」のグレッグ・ヘンリー、「イレイザー」のジェームズ・コバーン、「ブレイド」のクリス・クリストファーソン、「マイティ・ジョー」のデイヴィッド・ペイマー、「クラッシュ」のデボラ・カーラ・アンガー、「ローリング・サンダー」のウィリアム・ディヴェインほか。

監督
ブライアン・ヘルゲランド
出演キャスト
メル・ギブソン グレッグ・ヘンリー ジェームズ・コバーン クリス・クリストファーソン
1996年

エクセプション 殺意のダイヤモンド

  • 1996年公開
  • 出演(Lawrence Kellerman 役)

プロの犯罪者の美女と一夜を共にした妻ある男が陥る危機を描くサスペンス。監督はデイヴィッド・ウィニング。出演は「アンフォゲタブル」のキム・キャトラル、「ジキル博士はミス・ハイド」のショーン・ヤング、「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のエリック・マコーマック、「フリーフォール」のウィリアム・ディヴェインほか。

監督
デイヴィッド・ウィニング
出演キャスト
キム・キャトラル エリック・マコーマック ショーン・ヤング ウィリアム・ディヴェイン

テロリスト・ゲーム2 危険な標的

  • 1996年1月13日(土)公開
  • 出演(Nick Caldwell 役)

多様化・複雑化する凶悪な国際犯罪に対処する国連のUNACO(国際犯罪対策機構)エージェントの活躍を描くスパイ・アクション。前作「テロリスト・ゲーム」に続き、冒険小説の巨匠アリステア・マクリーンが遺した原案に基づく「UNACOファイル」シリーズ第2作。監督・脚本は前作に続き、デイヴィッド・S・ジャクソン。製作も前作と同じ、「赤い影」「オーロラ殺人事件」のピーター・スネル。撮影はマイケル・B・ネグリン、音楽は「キングコング2」「ライオン・ハート」のジョン・スコット、美術はマーティン・ハバート、編集はエリック・ボイド=パーキンスが担当。主演は前作に続き、「ゴールデンアイ」のピアース・ブロスナン。共演も同じく前作のアレクサンドラ・ポール、「ローリング・サンダー」のウィリアム・ディヴェインほか。CATV用に作られた作品を日本では劇場公開した。

監督
デイヴィッド・S・ジャクソン
出演キャスト
ピアース・ブロスナン アレクサンドラ・ポール ウィリアム・ディヴェイン マイケル・J・シャノン
1990年

ダイアン・レイン 愛と青春の鼓動

  • 1990年10月12日(金)公開
  • 出演(Dr.Chatham 役)

医学校3年の5人が織りなす愛と葛藤の青春映画。監督はマリサ・シルヴァー、製作はローリー・パールマンとキャスリーン・サマーズ、脚本はラリー・ケトロンとジェブ・スチュワート、原案はラリー・ケトロン、撮影はジョン・リンドレイ、音楽はマイルス・グッドマン、編集はロバート・ブラウンとダンフォード・B・グリーン、美術はトッド・ハロウェル、衣装デザインはデボラ・エヴァートンがそれぞれ担当。なお、この作品は「フォード・フェアレーンの冒険」(90)の地方併映作品として公開されたが、同作の記録的不入りのために一緒に打ち切られてしまった不幸な作品。

監督
マリサ・シルヴァー
出演キャスト
エイドリアン・パスダー ダイアン・レイン Jack Gwaltney ローラ・サン・ジャコモ
1984年

テスタメント

  • 1984年9月1日(土)公開
  • 出演(Tom_Wetherly 役)

核爆発で人々が死亡してゆくさまを描いて、核戦争の狂気と無意味さを訴えるドラマ。公共放送PBSのために、その子会社アメリカン・プレイハウスが製作。出資者がTV放映前に劇場公開の権利を得てパラマウントと配給契約を結んで劇場公開された。製作はジョナサン・バーンスタインとリン・リットマン。監督はドキュメンタリー出身で、77年のNumber Our Daysでアカデミー賞を得たリン・リットマン。キャロル・エイメンが『ミズ』誌に発表した3ページの短編The Last Testamentをジョン・セイクレット・ヤングが脚色。撮影はスティーヴン・ポスター、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はジェーン・アレクサンダー(この作品の演技でアカデミー主演女優賞にノミネートされた)、ウィリアム・ディヴェイン、ロス・ハリス、マコなど。日本版字幕は戸田奈津子。CFIカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
リン・リットマン
出演キャスト
ジェーン・アレキサンダー ウィリアム・ディヴェイン ロス・ハリス ロクサーナ・ザル
1981年

ヤンクス

  • 1981年2月14日(土)公開
  • 出演(John 役)

第2次大戦末期のイギリスを舞台に、ヤンクス(アメ公)と呼ばれるアメリカ兵とイギリス女性の愛を通して、異なった文化と歴史を越えた人間の真の触れ合いを描く。製作はジョセフ・ジャンニとレスター・パースキー、監督は「マラソンマン」のジョン・シュレシンジャー。コリン・ウェランドの原案を基にコリン・ウェランドとウォルター・バーンシュタインが脚色。撮影はディック・ブッシュ、音楽はリチャード・ロドニー・べネット、編集はジム・クラーク、製作デザインはブライアン・モリスが各々担当。出演はリチャード・ギア、リサ・アイクホーン、バネッサ・レッドグレーブ、ウィリアム・デベイン、チック・ベネラ、ウェンディ・モーガン、レイチェル・ロバーツ、トニー・メロディ、マーティン・スミスなど。

監督
ジョン・シュレシンジャー
出演キャスト
リチャード・ギア リサ・アイクホーン ヴァネッサ・レッドグレイヴ ウィリアム・ディヴェイン
1979年

ザ・ダーク(1978)

  • 1979年12月1日(土)公開
  • 出演(Roy_Warner 役)

恐怖の原点ともいわれる暗闇。その暗闇における恐怖体験を描くサスペンス映画。製作はディック・クラークとエドワード・L・モントロ、監督はジョン・バッド・カルドス、脚本はスタンフォード・ウィットモア、撮影はジョン・モリル、音楽はロジャー・ケラウェイ、特殊効果はロビー・ノットが各々担当。出演はウィリアム・ディベイン、キャシー・リー・クロスビー、リチャード・ジャッケル、キーナン・ウィンなど。

監督
ジョン・バッド・カルドス
出演キャスト
ウィリアム・ディヴェイン キャシー・リー・クロスビー リチャード・ジャッケル キーナン・ウィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ディヴェイン