TOP > 人物を探す > アーロン・エッカート

年代別 映画作品( 2000年 ~ 2020年 まで合計26映画作品)

2011年

ラビット・ホール

  • 2011年11月5日(土)
  • 出演(ハウィー 役)

幼い息子を亡くした夫婦の喪失と再生を、静謐なタッチで見つめたヒューマン・ドラマ。製作と主演を兼ねたニコール・キッドマンは、ピューリッツァー賞に輝いた同名戯曲に感動し、自らの製作会社で映画化を実現させた。アカデミー賞主演女優賞候補にもなった彼女の繊細な演技と、温かさと深い余韻を誘う結末も印象的な感動作だ。

監督
ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演キャスト
ニコール・キッドマン アーロン・エッカート ダイアン・ウィースト タミー・ブランチャード
2008年

ダークナイト

クリスチャン・ベール主演による新生「バットマン」シリーズ第2弾。若くして急死したヒース・レジャーが、旧シリーズにも登場した人気キャラ、ジョーカー役を怪演。

監督
クリストファー・ノーラン
出演キャスト
クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ヒース・レジャー ゲイリー・オールドマン
2009年

幸せのセラピー

  • 2009年6月6日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー、出演(ビル 役)

アーロン・エッカート&ジェシカ・アルバ主演のラブ・コメディ。“逆玉”に乗ったもののさえない日々を送る男が、ある美女との出会いで“本当の幸せ”を悟る姿を軽妙に描く。

監督
メリッサ・ウォラック バーニー・ゴールドマン
出演キャスト
アーロン・エッカート ジェシカ・アルバ エリザベス・バンクス ローガン・ラーマン
2007年

幸せのレシピ

  • 2007年9月29日(土)
  • 出演(ニック 役)

ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」の脚本を基にしたラブ・コメディ。キャサリン・ゼタ=ジョーンズとアーロン・エッカートが、性格の異なる男女の恋愛劇を軽妙に演じている。

監督
スコット・ヒックス
出演キャスト
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アーロン・エッカート アビゲイル・ブレスリン パトリシア・クラークソン

ウィッカーマン

  • 2007年9月1日(土)
  • 出演(ドライブインの後援者 役)

1973年の英国製カルト・ムービーをニコラス・ケイジ主演でリメイク。奇怪な因習の残る孤島を訪れた警官の恐怖体験と、その壮絶な運命を描く異色サスペンス映画だ。

監督
ニール・ラビュート
出演キャスト
ニコラス・ケイジ エレン・バースティン ケイト・ビーハン フランセス・コンロイ

カンバセーションズ

  • 2007年2月3日(土)
  • 出演(彼 役)

パリで大ヒットを記録した、ユニークなラブ・ストーリー。10年ぶりに再会した元カップルが会話を重ねて胸の内を探り合う姿を、2分割画面で映し出す意欲作だ。

監督
ハンス・カノーザ
出演キャスト
ヘレナ・ボナム=カーター アーロン・エッカート ノラ・ザヘットナー エリック・アイデム
2006年

ブラック・ダリア

  • 2006年10月14日(土)
  • 出演(リー・ブランチャード 役)

「L.A.コンフィデンシャル」の原作者、ジェイムズ・エルロイが手がけた“暗黒のLA4部作”の第1作。戦後のLAを震撼させた、実在の迷宮入り事件を題材に描いたサスペンス。

監督
ブライアン・デ・パルマ
出演キャスト
ジョシュ・ハートネット スカーレット・ヨハンソン アーロン・エッカート ヒラリー・スワンク

サンキュー・スモーキング

  • 2006年10月14日(土)
  • 出演(ニック・ネイラー 役)

嫌煙運動が盛んな現代の“悪役”というべきタバコ業界のPRマンの物語。巧みな話術を駆使する主人公の奮闘を、知的な社会風刺を盛り込んで描くコメディだ。

監督
ジェイソン・ライトマン
出演キャスト
アーロン・エッカート マリア・ベロ キャメロン・ブライト アダム・ブロディ
2005年

サスペクト・ゼロ

  • 2005年2月11日(金)
  • 出演(トム・マッケルウェイ 役)

FBIの捜査力でも特定不可能な殺人鬼“サスペクト・ゼロ”を巡る異色スリラー。特殊な能力と経歴をもつ謎の男と、その正体に迫る捜査官の葛藤を描き出す。

監督
E・エリアス・マーハイジ
出演キャスト
アーロン・エッカート ベン・キングズレー キャリー=アン・モス
2004年

ペイチェック 消された記憶

  • 2004年3月13日(土)
  • 出演(James Rethrick 役)

SF小説の大家フィリップ・K・ディックの原作を、「フェイス/オフ」のジョン・ウー監督が映画化。3年分の記憶を消された男の、決死の逃避行をスリリングに描くアクションだ。

監督
ジョン・ウー
出演キャスト
ベン・アフレック アーロン・エッカート ユマ・サーマン ポール・ジアマッティ

関連ニュース

アーロン・エッカート主演作『ライブリポート』の魅力を、エッカート自ら解説!
アーロン・エッカートが語る、SNS時代のメディアと正義を描く秀作『ライブリポート』の魅力 6月10日 20:30

「私がこの映画を気に入っているのは、法執行機関とメディアがどのように連携しているかを両方の側面から示しているところです」。こう語るのは、『サンキュー・スモーキング』(06)でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされ…

全米興行収入初登場No.1を記録した『ミッドウェイ』の日本公開日が決定
豊川悦司、浅野忠信らも名を連ねる、R・エメリッヒ渾身作『ミッドウェイ』日本公開日が決定! 6月5日 09:00

『インデペンデンス・デイ』(96)のローランド・エメリッヒ監督が、第二次世界大戦下において日本の運命を決したと言われるミッドウェイ海戦を描く映画『ミッドウェイ』が、9月11日(金)より公開されることが決定した。 194…

“何かがおかしい”不穏な展開と、アッと驚く結末が待ち受ける(『ゲット・アウト』)
今年は“絶叫の秋”!?世界の最恐映画がゾクゾク日本上陸 10月27日 17:00

ここ数年で日本にもすっかり定着した“ハロウィン”。今年はそんなハロウィンのお祭り前後に、海外の映画ファンを恐怖に陥れた話題の映画が大挙して日本へやって来る! ■全米初登場No.1ヒットのサプライズ・スリラー まずは、…

来日したトム・ハンクス&アーロン・エッカートにインタビュー!
トム・ハンクス&アーロン・エッカート、イーストウッド監督の「無駄のない仕事」に感嘆! 9月23日 16:30

巨匠クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスが初めてタッグを組んだ映画『ハドソン川の奇跡』が、いよいよ9月24日(土)より公開となる。たくさんのオファーが舞い込むなかでも、「私たちが知らない事実が隠されていると思うと…

トム・ハンクス、イーストウッド監督の印象は?
トム・ハンクス、初タッグのイーストウッド監督は「寡黙な男」。顔マネ交えて演出術を紹介 9月16日 15:39

クリント・イーストウッド監督最新作『ハドソン川の奇跡』(9月24日公開)の来日記者会見が9月16日にザ・リッツ・カールトン東京で開催され、トム・ハンクスとアーロン・エッカートが出席。トムが、初タッグとなったイーストウッド…

トム・ハンクス、3年ぶりの来日!有楽町に降臨
海老蔵、トム・ハンクスから「日本のジェームズ・ボンド!」と言われて大照れ! 9月15日 19:28

クリント・イーストウッド監督最新作『ハドソン川の奇跡』(9月24日公開)のジャパンプレミアレッドカーペットイベントが9月15日に有楽町マリオンで開催され、来日を果たしたトム・ハンクス、アーロン・エッカートが出席。日本代表…

アジア人テロリストの襲撃で人質になってしまう大統領を演じたアーロン・エッカート
こんな人まで演じていた!?映画に見る米大統領史 6月7日 11:30

ハリウッド映画において、ある時は弱者を導くヒーローとして、またある時は冷酷無比なヒールとして、そうでなければ取るに足らない端役として登場する特殊な役柄が存在する。それが“アメリカ大統領”だ。恐らく、ハリウッド映画史の中で…

いぶし銀の魅力を発揮するアーロン・エッカート
遅れて来たアクションスター、アーロン・エッカートが命を賭けて戦う父親を熱演 1月12日 13:18

巨大組織に誘拐された娘を救うため、元CIA工作員の父親が国家レベルの陰謀に立ち向かうリベンジアクション大作『陰謀のスプレマシー』が1月12日(土)より公開されている。この映画で愛する娘のために奮闘する父親を演じているのが…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アーロン・エッカート