映画-Movie Walker > 人物を探す > ブライス・ダナー

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2019年 まで合計21映画作品)

2019年

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

サンダンス映画祭やサウス・バイ・サウスウエストで上映された音楽ドラマ。元バンドマンで今はレコードショップを営むフランクは妻を事故で失って以来、一人で娘サムを育ててきた。ある日、二人で作った曲をフランクがネットにアップすると思わぬ反響がある。出演は、「SING シング」のニック・オファーマン、「さよなら、僕のマンハッタン」のカーシー・クレモンズ、「プライベート・ライアン」のテッド・ダンソン、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのブライス・ダナー、「ミュリエルの結婚」のトニ・コレット、「ヘルボーイ」のサッシャ・レイン。監督は、「ザ・ヒーロー」のブレット・ヘイリー。

監督
ブレット・ヘイリー
出演キャスト
ニック・オファーマン カーシー・クレモンズ トニ・コレット テッド・ダンソン
2012年

一枚のめぐり逢い

  • 2012年6月16日(土)公開
  • 出演(エリー 役)

『きみに読む物語』の原作を手がけた人気作家ニコラス・スパークスの恋愛小説を、『シャイン』のスコット・ヒックス監督で映画化。『ハイスクール・ミュージカル』シリーズの人気アイドル、ザック・エフロンがイラク帰還兵を演じるため徹底的に肉体改造。運命の女性を探し求める青年の一途な想いをロマンティックに体現する。

監督
スコット・ヒックス
出演キャスト
ザック・エフロン テイラー・シリング ブライス・ダナー ライリー・トーマス・スチュワート
2011年

宇宙人ポール

  • 2011年12月23日(金)公開
  • 出演(タラ・ウォルトン 役)

『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』で一躍注目を集めたイギリスの迷コンビ、サイモン・ペッグとニック・フロストが、下ネタ連発の毒舌エイリアンと珍道中を繰り広げる爆笑SFコメディ。『E.T.』など往年の名作映画へのオマージュにSFファンは思わずにんまり。まさかの大物ゲストによる“怪演”も見逃せない。

監督
グレッグ・モットーラ
出演キャスト
サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジェイソン・ベイトマン クリステン・ウィグ
2008年

旅するジーンズと19歳の旅立ち

  • 2008年8月6日(水)公開
  • 出演(Greta 役)

ベストセラー小説を映画化した青春ドラマ「旅するジーンズと16歳の夏」の続編。少女から大人へと成長をとげていく4人のヒロインの新たなドラマが描かれる。

監督
サナー・ハムリ
出演キャスト
アンバー・タンブリン アメリカ・フェレーラ ブレイク・ライヴリー アレクシス・ブレーデル
2005年

ミート・ザ・ペアレンツ2

  • 2005年11月26日(土)公開
  • 出演(Dina Byrnes 役)

米国で実写コメディの歴代1位となる大ヒットを記録。前作で恋人のパパにイジメられた青年が、両家の対面によって新たな危機に直面する姿を描いた爆笑作だ。

監督
ジェイ・ローチ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ベン・スティラー ダスティン・ホフマン バーブラ・ストライサンド
2004年

シルヴィア

  • 2004年12月25日(土)公開
  • 出演(Aurelia Plath 役)

アカデミー賞女優グウィネス・パルトロウが、カリスマ的女流詩人シルヴィア・プラスに扮した伝記映画。30歳の若さで壮絶な自殺をとげた彼女の、はかなくも情熱的な生きざまをつづる。

監督
クリスティン・ジェフズ
出演キャスト
グウィネス・パルトロウ ダニエル・クレイグ ジャレッド・ハリス マイケル・ガンボン
2001年

姉のいた夏、いない夏。

  • 2001年7月7日(土)公開
  • 出演(Gail 役)

人気女優キャメロン・ディアス主演による、ノスタルジックな愛のドラマ。姉の遺した絵葉書と思い出を頼りに、ヨーロッパを横断する少女の成長と姉妹の深い愛を描く感動作。

監督
アダム・ブルックス
出演キャスト
キャメロン・ディアス ジューダナ・ブリュースター クリストファー・エクルストン ブライス・ダナー

ミート・ザ・ペアレンツ

  • 2001年3月31日(土)公開
  • 出演(Dina Byrnes 役)

恋人の父親に苦戦する青年を描くラブ・コメディ。娘のボーイフレンドをいびる厳格な父親と、彼に気に入られようと苦戦する青年との関係をつづる爆笑作だ。

監督
ジェイ・ローチ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ベン・スティラー テリー・ポロ ブライス・ダナー
2000年

ノー・ルッキング・バック

  • 2000年5月13日(土)公開
  • 出演(Claudia's Mom 役)

 「彼女は最高」(′96)のE・バーンズが監督・製作・脚本・主演を手掛けたラブ・ストーリー。対照的な2人の男との愛の葛藤を経て成長する女性の生き方を、しみじみとつづる。

監督
エドワード・バーンズ
出演キャスト
エドワード・バーンズ ローレン・ホリー ジョン・ボン・ジョヴィ ブライス・ダナー
1999年

恋は嵐のように

  • 1999年8月7日(土)公開
  • 出演(Virginia 役)

結婚を控えた青年が飛行機事故に遭遇、そこでめぐりあった奔放な女性に翻弄されて心揺れ動く姿をコミカルに描いたラヴ・ロマンス。監督は新鋭女性監督ブロンウェン・ヒューズで『Hamletthe Spy』に続く第2作。脚本は「ライフwithマイキー」のマーク・ロレンス。製作は「プライベート・ライアン」のイアン・ブライス、「妹の恋人」のスーザン・アーノルドとドナ・アーコフ。撮影は「アウト・オブ・サイト」のエリオット・デイヴィス。音楽は「フェイス/オフ」のジョン・パウエル。美術は「シン・レッド・ライン」のレスター・コーエン。編集はクレイグ・ウッド。衣裳はドナ・ザコウスカ。出演は「プラクティカル・マジック」のサンドラ・ブロック、「インディアナ・ポリスの夏 青春の傷跡」のベン・アフレック、「パーフェクト・カップル」のモーラ・タイニー、「ロポコップ」のロニー・コックスほか。

監督
ブロンウェン・ヒューズ
出演キャスト
サンドラ・ブロック ベン・アフレック Maura Tierney スティーヴ・ザーン

関連ニュース

グウィネス・パルトローの母親、原発反対運動をしていた過去を語る
グウィネス・パルトローの母親、原発反対運動をしていた過去を語る(2011年3月27日)

グウィネス・パルトローの母親で女優のブライス・ダナーが、米FOXニュースに対し、過去の原発反対運動にもかかわらず、米国にも原子力発電所があることに失望していると…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブライス・ダナー