映画-Movie Walker > 人物を探す > マーティン・シーン

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2018年 まで合計42映画作品)

2018年

赤毛のアン 卒業

  • 2018年11月2日(金)公開
  • 出演

L.M.モンゴメリの名作文学を孫娘のケイト・マクドナルド・バトラー製作総指揮で映画化した3部作の完結編。アンは教師を目指し、ギルバートらとクイーン学院を受験し合格。初めての下宿生活でホームシックになりながらも、大学奨学金を獲得して卒業するが……。本シリーズを支えるジョン・ケント・ハリソン監督や、音楽のローレンス・シュレイジ、アンを演じるエラ・バレンタインや、サラ・ボッツフォード、マーティン・シーン、ジュリア・ラロンド、ドゥルー・ヘイタオグルーらスタッフ、俳優陣が再集結。脚本は第1作「赤毛のアン」を担当したスーザン・コイン。

監督
ジョン・ケント・ハリソン
出演キャスト
エラ・バレンタイン サラ・ボッツフォード マーティン・シーン ジュリア・ラロンド

赤毛のアン 初恋

  • 2018年10月5日(金)公開
  • 出演

L・M・モンゴメリの名作文学を孫娘のケイト・マクドナルド・バトラー製作総指揮で映画化した三部作の第2部。アンがマシュウとマリラの家に来て2年。親友のダイアナと友情を深める一方で、ケンカしていたギルバートとは和解のチャンスが訪れるが……。出演は「ザ・モンスター」のエラ・バレンタイン、「逆行」のサラ・ボッツフォード。

監督
ジョン・ケント・ハリソン
出演キャスト
エラ・バレンタイン サラ・ボッツフォード マーティン・シーン ジュリア・ラロンド
2017年

赤毛のアン

  • 2017年5月6日(土)公開
  • 出演(マシュウ・クスバート 役)

世界中で親しまれ続けるL.M.モンゴメリの名作を、「スタンドオフ」のエラ・バレンタイン主演で実写化。プリンス・エドワード島に住む年配のマシュウとマリラの兄妹のもとに手違いでやってきた孤児のアン。明るい彼女はやがて周囲と打ち解けていくが……。カナダのオンタリオ州やプリンス・エドワード島で撮影され、想像力豊かな少女アンの成長を美しい風景とともに描いていく。製作総指揮として、L.M.モンゴメリの孫にあたるケイト・マクドナルド・バトラーが参加。「地獄の黙示録」「トラッシュ! -この街が輝く日まで-」のマーティン・シーンが、アンの良き理解者となるマシュウを演じる。

監督
ジョン・ケント・ハリソン
出演キャスト
エラ・バレンタイン サラ・ボッツフォード マーティン・シーン ジュリア・ラロンド
2015年

トラッシュ! この街が輝く日まで

  • 2015年1月9日(金)公開
  • 出演(ジュリアード神父 役)

『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー監督による人間ドラマ。ゴミを拾って生活する少年たちがひとつの財布を拾ったことから起きる奇跡の物語がつづられる。オーディションで選ばれた無名の少年たちの姿が物語にリアリティを与えている。『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティスが脚本を担当。

監督
スティーヴン・ダルドリー
出演キャスト
ルーニー・マーラ マーティン・シーン ヴァグネル・モーラ セルトン・メロ
2012年

アメイジング・スパイダーマン

  • 2012年6月30日(土)公開
  • 出演(ベン・パーカー 役)

『ソーシャル・ネットワーク』で多くの演技賞に輝いたアンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』シリーズ最新作。主人公だけでなく、スタッフ&キャストを一新、高校時代の主人公ピーター・パーカーの物語が繰り広げられる。監督は『(500)日のサマー』で一躍注目を集めたマーク・ウェブ。

監督
マーク・ウェブ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン リース・イーヴァンズ キャンベル・スコット

星の旅人たち

  • 2012年6月2日(土)公開
  • 出演(トム 役)

世界遺産、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう800kmの道程の途中、志半ばで亡くなった息子の思いを引継ぎ、そのバックパックを背に旅することになった男の姿を描くヒューマンドラマ。名優マーティン・シーンが、息子エミリオ・エステベスの『ボビー』以来となる監督作で主演を務め、その実力を存分に発揮する。

監督
エミリオ・エステヴェス
出演キャスト
マーティン・シーン エミリオ・エステヴェス デボラ・カーラ・アンガー ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン

顔のないスパイ

  • 2012年2月25日(土)公開
  • 出演(ハイランド 役)

『ウォンテッド』の脚本家マイケル・ブラントが監督を務めた、リチャード・ギア&トファー・グレイス主演のサスペンス・アクション。冷戦時代の元CIA諜報員と若きFBI捜査官が、上院議員暗殺の犯人とされる旧ソ連の伝説のスパイを追う様が描かれる。謎が二転三転するプロットから最後まで目が離せない。

監督
マイケル・ブラント
出演キャスト
リチャード・ギア トファー・グレイス スティーヴン・モイヤー オデット・ユーストマン
2008年

ボーダータウン 報道されない殺人者

  • 2008年10月18日(土)公開
  • 出演(ジョージ・モーガン 役)

ジェニファー・ロペス主演の社会派サスペンス。メキシコで実際に起こったという未解決事件をもとに、猟奇犯罪の解明に挑むヒロインの苦闘と、その社会的な背景を描く。

監督
グレゴリー・ナヴァ
出演キャスト
ジェニファー・ロペス アントニオ・バンデラス マヤ・ザパタ マーティン・シーン

GATE A TRUE STORY 世界に伝えたい、真実の物語。

  • 2008年7月19日(土)公開
  • 出演

1945、広島・長崎におきた核爆弾投下。この映画は、この世に二度と同じ悲劇を起こさないと願った、日本のある僧侶たちの祈りの行脚を追うドキュメンタリー。第二次世界大戦終戦という名目で落とされた世界初の原爆。一人の男性が、広島で残っていた「原爆の火」を持ち帰り、絶やすことなく「火」を燃やし続けていた。二度と原爆使用をさせまいという願いと、平和への祈りの象徴としてその炎はいまだに燃え続けている。長崎が原爆の恐ろしさを体験した、世界最後の都市である事を祈り、何十年にもわたって、禅宗の僧侶達は自らの身を削るように広島・長崎間を往復し続けていた。広島の原爆で起きた火を、60年もの間、燃やし続けていた奇跡に近い事実。その火を、原爆が生まれた場所であるアメリカの『トリニティーサイト』へ戻し、そこで消し去ることで、負の連鎖を絶ち永遠に眠らせたいと、ある僧侶たちが立ち上がった。この世に同じ悲劇が繰り返されることのないことを祈りながら。2005年7月16日。僧侶たちはアメリカンインディアンや様々な宗派の平和団体と共にサンフランシスコを出発し、世界で最初の原爆実験が行われたアメリカ、ニューメキシコの『トリニティーサイト』へ向かった。猛暑の砂漠、山、250以上の街を越える、2500kmの旅。これまで60年もの間、原爆投下の記念日にさえ、一度も開かれることがなかった『トリニティーサイト』のゲート。長い長い道のりを、ただひたすらに行脚する僧侶たちの思いと沈黙の祈り…。はたして、この重い扉は開くのだろうか…。本作の監督はGND Fund 世界核兵器解体基金の創始者であるマット・ テイラー。

監督
マット・テイラー
出演キャスト
マーティン・シーン
2007年

ボビー

  • 2007年2月24日(土)公開
  • 出演(ジャック・スティヴンス 役)

アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーンら豪華キャストが集結した群像劇。1968年のロバート・F・ケネディ大統領候補暗殺事件が発生した、とあるホテルの出来事を追う。

監督
エミリオ・エステヴェス
出演キャスト
ハリー・ベラフォンテ ジョイ・ブライアント ニック・キャノン<声> エミリオ・エステヴェス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーティン・シーン