TOP > 人物を探す > ダグラス・ブラックリー

年代別 映画作品( 1935年 ~ 1936年 まで合計3映画作品)

1936年

処女散歩

  • 1936年
  • 出演(College_Boy 役)

「ギャングの花嫁」「春を手さぐる」のキャロール・ロンバートと、「ポンペイ最後の日(1935)」「愛の弾丸」のプレストン・フォスターが主演する映画で、「激浪」「カーニバル」のウォルター・ラングが監督した。原作はフェイス・ボールビンの小説で、されを「恋をしましょう(1933)」「春を手さぐる」のハーバート・フィールズが脚色した。助演者は「バラはなぜ紅い」のジャネット・ピーチャー、「米国の機密室」のシーザー・ロメロ、「偉大なる人生」のベティー・ローフォードを始め、ダグラス・ブラックリー、ドン・ブリッグス、バート・ローチ、アンドレ・ド・ベランジェ、ジョイス・コンプトンなどである。撮影は「パリは夜もすがら」「さらば海軍兵学校」のテッド・スズラフが担当した。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
キャロル・ロンバード プレストン・フォスター ジャネット・ビーチャー セザール・ロメロ
1935年

無電非常線

  • 1935年
  • 出演(Blatsky 役)

「輝ける百合」のフレッド・マクマレイ、「ベンガルの槍騎兵」「久遠の誓い」のサー・ガイ・スタンディング、「西部の掟」「ロッキーの怪人」のアン・シェリダン、「坊やが盗まれた」「合点!!承知!!」のウィリアム・フローリーが共演する映画で、カール・デザーが書き下ろした物語を自ら「男子闘わざる関わらず」のC.ガードナー・サリヴァンと協力して脚色し「戦う幌馬車」「ロッキーの怪人」のチャールズ・バートンが監督し、「盲目の飛行士」「西部の掟」のウィリアム・C.メラーが撮影した。前記のほかフランク・クレイヴン、ディーン・ジャガー、マリナ・シューバード等も出演。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ サー・ガイ・スタンディング アン・シェリダン ウィリアム・フローリー

学生怪死事件

  • 1935年
  • 出演(Dan 役)

「彼女は僕を愛さない」「ソプラノ奥様」のエリオット・ニュージェントが監督に当たった映画で、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、「過去から来た男」のケント・テイラー、「無電非常線」のウィリアム・フローリー、英国から来た新人ウェンディー・バリー、舞台からきたベニー・ベイカー、「彼女は僕を愛さない」のエドワード・ヌージェント等が共演するもの。原作はビューラ・マリー・ディックスとバートラム・ミルハウザーが書き卸し、フランク・パートス、チャールズ・ブラケット、マーゲリット・ロバーツが共同脚色した。撮影は「生命の雑踏」のテオドル・スパークールの担任。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
アーリン・ジャッジ ケント・テイラー ウェンディ・バリー ウィリアム・フローリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ダグラス・ブラックリー