TOP > 人物を探す > 菅野宏彰

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

藍色少年少女

  • 2019年7月26日(金)
  • 撮影

自然豊かな山里を舞台に、地元の少年と福島から来た少女の交流を綴ったドラマ。外で遊ぶ事を抑制されている福島の子どもたちを、“保養活動”として招く自然豊かな町。ここで暮らすテツオは、福島から来た少女シチカと共に、演劇の主役に抜擢されるが……。監督は「リトルウィング 3月の子供たち」の倉田健次。出演は「レミングスの夏」の遠藤史人。

監督
倉田健次
出演キャスト
遠藤史人 三宅花乃 広澤草 結城貴史
2014年

鎌田浩宮 福島・相馬に行く

  • 2014年10月4日(土)
  • 監督、撮影

阪急電鉄発車チャイムを作曲した鎌田浩宮が、福島県相馬市に住む27年来の友人を東日本大震災後に訪ね、哀しみの内でも交流する模様を記録したドキュメンタリー。監督は鎌田と大友太郎、菅野宏彰の共同。2014年10月4・5日、東京・渋谷UPLINK FACTORYにて上映。

監督
大友太郎 鎌田浩宮 菅野宏彰
出演キャスト
杉本紀男 杉本敏之 鎌田浪 鎌田浩宮

疾風・虹丸組

  • 2014年1月11日(土)
  • 撮影

桑原真也の同名ヤンキー漫画を実写映画化したアクション。伝説の遺産“インフィニティ・ゴールド”を巡り、名うての不良たちが抗争を繰り返す関東有数の危険都市・ナラシナ市を舞台に、堅い絆で結ばれた男たちの戦いと友情のドラマが繰り広げられる。出演は「映画 桜蘭高校ホスト部」の高木万平、「悪の教典」の竹内寿。

監督
吉村典久
出演キャスト
高木万平 竹内寿 五十嵐麻朝 滝裕可里
2013年

リトルウィング 3月の子供たち

  • 2013年7月27日(土)
  • 撮影

震災後、東京に避難してきた母子と空手の道場主の交流を通して、“真の強さとは何か”を描く人間ドラマ。監督は、「indies.B」の倉田健次。出演は、「母の唄がきこえる」の菜葉菜、「リアル鬼ごっこ5」の河合龍之介。JAPAN FILM FESTIVAL 2013 LOS ANGELES特別招待上映作品。

監督
倉田健次
出演キャスト
菜葉菜 河合龍之介 結城貴史 寺島進
2009年

俺にさわるな!

  • 2009年11月14日(土)
  • 撮影監督

横浜の野毛地区を舞台に、失踪した芸人の謎を追う週刊誌の記者と周囲の人々の姿を描く人間ドラマ。監督・脚本は『Green Tears 緑色の涙』の山家浩。出演は「悪夢のエレベーター」のいか八朗、TVドラマ『富豪刑事デラックス』の相川由里、「囚人プロレス」の近藤善揮、「童貞放浪記」の速水今日子、「エンジェル・ダスト」の秋山仁など。

監督
山家浩
出演キャスト
いか八朗 相川由里 近藤善揮 速水今日子
2003年

怪談 こっちを見ないで…

  • 2003年8月16日(土)
  • 撮影

「呪怨」の清水崇監督が幽霊コメディを、「張り込み」(篠原哲雄監督)の脚本を手がけた豊島圭介がほのぼの宇宙人映画を競作する、脱力系短編オムニバス。

監督
清水崇
出演キャスト
山中崇 大國千緒奈 藤井亜紀 藤貴子
1999年

indies.B

  • 1999年6月5日(土)
  • 監督、脚本、撮影

1999年1月から3月にかけて放送されたテレビ東京の深夜番組『はいかい』の中で放映された、5分間のミニドラマを集めた短篇集。監督は国内外の映画祭などで高い評価を得ているインディーズ・ムービーの若手監督たち12人で、彼らが中心になって作ったコミュニティ「indies. B」の活動第一弾としてBOX東中野で特別レイトショウ公開された。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

監督
岩橋直哉 杉浦昭嘉 水戸ひねき 歌川恵子
出演キャスト
知絵 堀口文宏 水戸ひねき ウィリアム・マーシュ

菅野宏彰の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 菅野宏彰