映画-Movie Walker > 人物を探す > 井浦新

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2019年 まで合計28映画作品)

2019年

宮本から君へ

第38回小学館漫画賞で青年一般部門を受賞した新井英樹の同名コミックを、2018年のテレビドラマ化に続いて原作の後半部分を映画化。文具メーカーで営業マンとして働く宮本浩。自立した女性・中野靖子と恋に落ちた彼に人生最大の試練が降りかかる。ドラマ版から続投となる池松壮亮、蒼井優らのほか、新たに井浦新、一ノ瀬ワタルらが出演。監督は『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也。

監督
真利子哲也
出演キャスト
池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル

嵐電

  • 2019年5月24日(金)公開
  • 出演(平岡衛星 役)

京都市内を走る京福電気鉄道嵐山線、通称“嵐電”を舞台に、三組の男女の姿を綴った物語。鎌倉から来たノンフィクション作家・平岡衛星は、嵐電にまつわる不思議な話の取材を開始。一方、修学旅行の女子学生・北門南天は、地元の少年・有村子午線に恋をする。出演は「止められるか、俺たちを」の井浦新、「菊とギロチン」の大西礼芳。監督は「ゾンからのメッセージ」の鈴木卓爾。

監督
鈴木卓爾
出演キャスト
井浦新 大西礼芳 安部聡子 金井浩人

ドキュメンタリー映画 岡本太郎の沖縄

日本を代表する芸術家・岡本太郎の二度に渡る沖縄への旅を振り返るドキュメンタリー。「日本人とは何か?」「自分自身とは?」と問い続けた芸術家・岡本太郎は、その答えを求めて1959年と1966年、沖縄を訪れた。そこで彼が目にしたものとは……。監督を務めたのは、雑誌編集や大学職員を経て、ドキュメンタリー映画の企画・製作を行なっている葛山喜久。2018年10月27日より沖縄・桜坂劇場ほか順次公開。

監督
葛山喜久
2018年

止められるか、俺たちを

  • 2018年10月13日(土)公開
  • 出演(若松孝二 役)

「孤狼の血」の白石和彌監督が、師匠である故・若松孝二の若き日を映し出す青春群像劇。1969年、21歳で若松プロダクションの門を叩き、助監督として奔走した吉積めぐみの目を通して、映画や政治、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時が綴られる。吉積めぐみを「サニー/32」の門脇麦が、若松孝二を「光(大森立嗣監督)」の井浦新が演じる。脚本は「あいときぼうのまち」の井上淳一。撮影を「だれかの木琴」の辻智彦が務める。

監督
白石和彌
出演キャスト
門脇麦 井浦新 山本浩司 岡部尚

菊とギロチン

  • 2018年7月7日(土)公開
  • 出演(村木源次郎 役)

「64-ロクヨン- 前編/後編」の瀬々敬久が、構想30年の企画を実現させた入魂の作品。大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく。出演はTVドラマ『デリバリーお姉さん』の木竜麻生、「散歩する侵略者」の東出昌大、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の寛一郎、「霊的ボリシェヴィキ」の韓英恵。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
木竜麻生 韓英恵 東出昌大 寛 一 郎

ニワトリ★スター

  • 2018年3月17日(土)公開
  • 出演

「ハブと拳骨」の原案、音楽を担当した田中雄一郎が、“かなた狼”名義で監督を務め、自著を映画化。人生の目標もなく草太と楽人がダラダラと毎日を過ごす東京のアパート“ギザギザアパートメント”を舞台に、奇妙な住人たちが様々な人間模様を繰り広げる。出演は「二十六夜待ち」の井浦新、「キセキ -あの日のソビト-」の成田凌。

監督
かなた狼
出演キャスト
井浦新 成田凌 紗羅マリー 阿部亮平
2017年

二十六夜待ち

  • 2017年12月23日(土)公開
  • 出演

佐伯一麦による同名小説を「海辺の生と死」の越川道夫監督が映画化。震災で何もかも失い福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働き始める。だが、店主の杉谷は記憶をすべて失い、自分が何者かさえ分からない孤独を抱え込んでいた。出演は「悼む人」の井浦新、「愛を語れば変態ですか」の黒川芽以、「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の山田真歩、「海のふた」の鈴木慶一、「笑う招き猫」の諏訪太朗。撮影を「永い言い訳」の山崎裕、音楽を「アレノ」の澁谷浩次が担当する。

監督
越川道夫
出演キャスト
井浦新 黒川芽以 天衣織女 鈴木晋介

光(大森立嗣監督)

  • 2017年11月25日(土)公開
  • 出演

本屋大賞を受賞した「舟を編む」などで知られる三浦しをんの同名作を、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督が映画化した人間ドラマ。平穏な日常を過ごす男女の前に、25年前に離島で起きた悲惨な事件を知る男が現れ、運命を狂わせていくさまがつづられる。事件の加害者である中学生のその後を井浦新、彼を脅す幼なじみを瑛太が演じる。

監督
大森立嗣
出演キャスト
井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ

HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION

  • 2017年11月11日(土)公開
  • 出演

映画、コミック、SNS、アルバム、LIVEなどあらゆるメディアを巻き込んで展開される総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH&LOW』。『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の続編となる劇場版長編。5つのチームが覇権を競う街、SWORD地区で新たな抗争が勃発する。前作同様、EXILE TRIBEのメンバーが多数出演。

監督
久保茂昭 中茎強
出演キャスト
AKIRA 青柳翔 井浦新 TAKAHIRO

HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY

  • 2017年8月19日(土)公開
  • 出演

映画、コミック、SNS、アルバム、LIVEなどあらゆるメディアを巻き込んで展開される総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH&LOW』。2016年公開の『HiGH&LOW THE MOVIE』の続編となる劇場版長編。5つのチームが覇権を競う街、SWORD地区に強大な敵が襲来。新たな戦いの火ぶたが切られる。

監督
久保茂昭 中茎強
出演キャスト
岩田剛典 鈴木伸之 町田啓太 山下健二郎

関連ニュース

若松孝二監督の追悼上映に井浦新たちが登壇、「若松監督は怒りを力にして映画を作った」
若松孝二監督の追悼上映に井浦新たちが登壇、「若松監督は怒りを力にして映画を作った」(2012年10月26日)

10月17日に不慮の事故で亡くなった若松孝二監督の追悼上映が、10月26日に第25回東京国際映画祭で開催。上映作品は第20回東京国際映画祭で日本映画・ある視点部…

【追悼】反骨の才人・若松孝二監督「映画はずっと生き続けることができる」
【追悼】反骨の才人・若松孝二監督「映画はずっと生き続けることができる」(2012年10月23日)

名古屋にはオーナーが映画監督という映画館がある。名前はシネマスコーレ。ラテン語で「映画の学校」。命名したのは創設者でもある若松孝二監督。70半ばを過ぎても精力的…

林遣都が『莫逆家族』裏話を告白!徳井義実の下ネタは「異次元の世界だった!」
林遣都が『莫逆家族』裏話を告白!徳井義実の下ネタは「異次元の世界だった!」(2012年8月30日)

累計400万部を超える田中宏の人気コミックを映画化した『莫逆家族 バクギャクファミーリア』(9月8日公開)のマスコミ会見と完成披露試写会が8月30日に有楽町朝日…

『横道世之介』高良健吾演じる主人公の両親役で余貴美子&きたろうが出演!
『横道世之介』高良健吾演じる主人公の両親役で余貴美子&きたろうが出演!(2012年7月10日)

高良健吾×吉高由里子の共演で、吉田修一の同名小説を実写映画化した『横道世之介』(2013年公開)に井浦新、國村隼、堀内敬子、きたろう、余貴美子が出演することがわ…

益田ミリ原作「すーちゃん」シリーズの映画化!柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶが初共演
益田ミリ原作「すーちゃん」シリーズの映画化!柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶが初共演(2012年3月30日)

30・40代女性から支持されている益田ミリの原作「すーちゃん」シリーズを映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』で柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶが主演…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 井浦新