TOP > 映画監督・俳優を探す > 岡野正広

年代別 映画作品( 2019年 ~ 2015年 まで合計28映画作品)

2019年

血を吸う粘土~派生

  • 2019年10月
  • VFX

呪いの粘土“カカメ”による恐怖を映し出すホラー「血を吸う粘土」の続編。カカメの犠牲者・伏見恭三が火葬され、遺骨を受け取った娘の果林。しかし、果林が参加する美術作品制作キャンプで、伏見の遺骨の中に残されていた身体の一部からカカメが復活を遂げる。出演は、本作で映画初主演を務める藤井愛稀、ミスiD2018出身のAMIKO。前作に続き、黒沢あすか、津田寛治が脇を固め、監督も前作同様、梅沢壮一が手がける。特集企画『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019』にて上映。

監督
梅沢壮一
出演キャスト
藤井愛稀 AMIKO 藍染カレン 正本レイラ
2015年

ニート・オブ・ザ・デッド

  • 2015年6月13日(土)
  • VFX 造形

引きこもりの息子がゾンビになってしまった一家をコミカルに描き、家族の在り方を問う異色のゾンビ映画。「いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~」など脚本家として多数の作品を手がけ、2014年4月に急逝した南木顕生。本作が初監督作品にして最期の作品となった。「寝ずの番」の木下ほうかと「希望の国」の筒井真理子の名バイプレイヤーコンビがゾンビになった息子をめぐり言い争いをする夫婦を演じるほか、金子修介監督の息子・金子鈴幸、「昭和残侠伝」シリーズのプロデューサー・吉田達、映画監督の白石晃士らバラエティに富んだ顔ぶれが揃う。ゾンビになった夫を愛し続ける妻を描いた短編「遺言」との同時上映で劇場公開される。

監督
南木顕生
出演キャスト
筒井真理子 木下ほうか 金子鈴幸 吉田達
2014年

悪夢ちゃん The 夢ovie

  • 2014年5月3日(土)
  • VFX&特殊造形プロデューサー

他人の未来に起きる災難を予知夢として見る事ができる“悪夢ちゃん”こと結衣子とその悪夢を読み解く事ができる教師・彩未が次々と起きる不可解な出来事を解決していくさまを描き、人気を博した北川景子主演のテレビドラマの初の劇場版。突如現れた謎の転校生がひきおこす事件の行方が、CG映像による夢を表現したビジュアルと共に描かれる。

監督
佐久間紀佳
出演キャスト
北川景子 Gackt 優香 木村真那月
2012年

映画 妖怪人間ベム

  • 2012年12月15日(土)
  • 特撮監修

“はやく人間になりたい!” 醜い姿で生まれ、人間になりたいと願いながら、悪と戦う3人の妖怪人間の姿を描いた、1960年代の人気アニメをKAT-TUNの亀梨和也主演で実写化したドラマの劇場版。人間とのふれあいを通し、より人間になることを望む彼らの前に最強の敵が現れる。亀梨以外にも、ドラマ版のキャストが引き続き出演。

監督
狩山俊輔
出演キャスト
亀梨和也 鈴木福 柄本明
2009年

山形スクリーム

  • 2009年8月1日(土)
  • VFX

山形の寒村を舞台に、女子高生と落ち武者ゾンビ軍団との壮絶なバトルを描く、竹中直人監督による痛快コメディ。成海璃子やEXILEのAKIRAら豪華キャストがヘンテコキャラに。

監督
竹中直人
出演キャスト
成海璃子 波瑠 紗綾 桐谷美玲

オカルト

  • 2009年3月21日(土)
  • VFXアドバイザー

「口裂け女」などの鬼才、白石晃士監督による異色ホラー。観光地で発生した通り魔殺人事件の裏に潜む驚愕の真相を、フェイク・ドキュメンタリーの形式で活写する。

監督
白石晃士
出演キャスト
宇野祥平 野村たかし 東美伽 吉行由実
2007年

ROBO☆ROCK

  • 2007年11月23日(金)
  • VFXプロデューサー、特殊造形プロデューサー

巨大ロボットを操縦できる声を持つ青年が、危険な騒動に巻き込まれながら、地球の危機を守るために奔走する青春SF劇。CGによる巨大ロボの勇姿が見もの。

監督
須賀大観
出演キャスト
塩谷瞬 中山祐一朗 美波 本多章一

オリヲン座からの招待状

  • 2007年11月3日(土)
  • VFXプロデューサー

ベストセラー「鉄道員(ぽっぽや)」に所収された短編をもとにした感動作。美しい京都の町を背景に、伝統ある映画館を守り続けた夫婦の姿を、宮沢りえと加瀬亮が好演する。

監督
三枝健起
出演キャスト
宮沢りえ 加瀬亮 宇崎竜童 田口トモロヲ

犯人に告ぐ

  • 2007年10月27日(土)
  • VFXプロデューサー

豊川悦司が初めて刑事役に挑んだミステリー映画。雫井脩介の同名ベストセラー小説をもとに、メディアを使った大胆な捜査手法で難事件に挑む刑事の苦闘を描く。

監督
瀧本智行
出演キャスト
豊川悦司 小澤征悦 片岡礼子 中村育二
2006年

BLACK NIGHT ブラック ナイト 第二夜 闇

  • 2006年6月24日(土)
  • VFX、特殊造型プロデューサー

香港・日本・タイの気鋭監督が自国の首都を舞台にし、女性を主人公に据えて作り上げたオムニバス・サイコホラー。主演は、日本篇は瀬戸朝香(「バレット・オブ・ラブ」)、香港篇は本作が二本目の映画出演となるアニー・リウ、タイ篇が実力派ピッチャナー・サクサゴーンである。監督は日本篇が秋山貴彦(「HINOKIO」)、香港篇がパトリック・レオン(「野獣の瞳」)、タイ篇がタニット・チッタヌクン(「デッドライン」)。

監督
秋山貴彦
出演キャスト
瀬戸朝香 柏原崇 田口トモロヲ

岡野正広の関連人物

大竹佑季  石橋蓮司  竹中直人  佐伯新  大樹克行 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 岡野正広

ムービーウォーカー 上へ戻る