TOP > 映画監督・俳優を探す > 森太郎

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2020年 まで合計26映画作品)

2020年

宇宙でいちばんあかるい屋根

野中ともその同名小説を、『新聞記者』の藤井道人監督が映画化した人間ドラマ。『いちごの唄』の清原果耶を主演に迎え、14歳の少女が不思議な出会いを経て成長していく姿を描く。少女の前に現れる老婆を桃井かおりが、少女が恋する大学生を伊藤健太郎が演じるほか、吉岡秀隆、坂井真紀らが共演。シンガーソングライターのCoccoが書き下ろした主題歌を、清原が持ち前の美声で伸びやかに歌い上げる。

監督
藤井道人
出演キャスト
清原果耶 桃井かおり 伊藤健太郎 吉岡秀隆
2019年

ヒキタさん! ご懐妊ですよ

  • 2019年10月4日(金)
  • ラインプロデューサー

自身の体験を基にしたヒキタクニオによる同名エッセイを原作に、日本を代表する名バイプレーヤー・松重豊主演で映画化。一回り以上年が離れた妻サチと暮らす49歳のヒキタ。ある日、妻の一言をきっかけに妊活を始めるが、実は彼の精子は老化現象を起こしていた。共演は「スマホを落としただけなのに」の北川景子、「あの日のオルガン」の山中崇、「本能寺ホテル」の濱田岳。監督・脚本は「オケ老人!」の細川徹。

監督
細川徹
出演キャスト
松重豊 北川景子 皆川猿時 河野安郎

映画 賭ケグルイ

  • 2019年5月3日(金)
  • ラインプロデューサー

TVアニメやドラマにもなった河村ほむらの人気コミックが原作の異色学園サスペンスの劇場版。“ギャンブルの強さ”がすべてを決める学園を舞台に、学園を支配する生徒会とそれに立ち向かう生粋のギャンブラーであるヒロインとの対決を描く。TVシリーズに引き続き、浜辺美波が最強のギャンブラー、蛇喰夢子を演じるほか、オリジナルキャラクターも登場する。

監督
英勉
出演キャスト
浜辺美波 高杉真宙 宮沢氷魚 福原遥
2018年

犬猿

  • 2018年2月10日(土)
  • 製作担当

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督が、地方都市に暮らす、まるで正反対な兄弟と姉妹という4人の男女の運命が交錯していくさまを描くユニークな人間ドラマ。マジメな弟を窪田正孝、その兄を新井浩文、印刷会社を切り盛りする姉をお笑いコンビ、ニッチェの江上敬子、その妹を筧美和子と、実力派4人が顔を揃える。

監督
吉田恵輔
出演キャスト
窪田正孝 新井浩文 江上敬子 筧美和子
2017年

未成年だけどコドモじゃない

  • 2017年12月23日(土)
  • ラインプロデューサー

実写映画化された『今日、恋をはじめます』で知られる水波風南の人気コミックが原作の青春ラブ・コメディ。周囲に秘密の結婚生活を送る高校生カップルとヒロインに思いを寄せる幼なじみとの三角関係の行方が描かれる。平祐奈が世間知らずなお嬢様のヒロインを、憧れの先輩を中島健人、恋のライバルを知念侑李が演じる。

監督
英勉
出演キャスト
中島健人 平祐奈 知念侑李 山本舞香
2016年

オケ老人!

  • 2016年11月11日(金)
  • ラインプロデューサー

勘違いで、演奏経験の浅い老人ばかりの交響楽団に入団してしまった主人公の奮闘を描く、荒木源の同名小説を主人公を女性に置き換えて、杏主演で映画化したコメディ。左とん平、小松政夫といったベテラン俳優たちがヒロインを翻弄する老人に扮し、ユニークな物語を盛り上げる。放送作家や演出家としても活躍する細川徹が監督を務める。

監督
細川徹
出演キャスト
黒島結菜 坂口健太郎 左とん平
2015年

アンフェア the end

  • 2015年9月5日(土)
  • ライン・プロデューサー

篠原涼子演じる敏腕女刑事・雪平夏見の活躍を描く、人気シリーズの劇場版3作目にして完結編。刑事だった父親の後を追うように刑事となった雪平が、警察内部の闇に迫っていく姿が描かれる。雪平の上司役の阿部サダヲや相棒役の加藤雅也など、おなじみのキャストが勢ぞろいする。前作に引き続き、佐藤嗣麻子が監督を務める。

監督
佐藤嗣麻子
出演キャスト
篠原涼子 永山絢斗 阿部サダヲ 加藤雅也

エイプリルフールズ

  • 2015年4月1日(水)
  • ラインプロデューサー

「リーガルハイ」の監督&脚本コンビによる、戸田恵梨香、松坂桃李ら出演のコメディ。4月1日、1年に1度嘘をついてもいい“エイプリルフール”を舞台に、対人恐怖症の妊婦、SEX依存症の天才外科医など個性豊かな27人の登場人物たちが何気なくついた嘘が次第に大きなトラブルへと発展していくさまがつづられる。

監督
石川淳一
出演キャスト
戸田恵梨香 松坂桃李 ユースケ・サンタマリア 小澤征悦
2013年

R100

  • 2013年10月5日(土)
  • ライン・プロデューサー

『さや侍』以来2年ぶりとなる松本人志監督第4作。入ったら最後、1年間絶対に退会する事ができない謎のクラブに入会してしまった男に降りかかる不思議な出来事の数々が描かれる。大森南朋が奇妙な体験をする主人公に扮するほか、彼の前に現れる女性たちを、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子らが演じる。

監督
松本人志
出演キャスト
大森南朋 大地真央 寺島しのぶ 片桐はいり
2012年

ぱいかじ南海作戦

  • 2012年7月14日(土)
  • ライン・プロデューサー

“現代版ロビンソン・クルーソー”と評された椎名誠の同名小説を映画化したサバイバル・コメディ。気分転換で訪れた西表島で全財産を奪われるも、前向きかつのほほんと生きる主人公を阿部サダヲが好演。そんな彼と生活を友にする若者役に永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希が扮する。監督は本作が初長編作となる新鋭、細川徹。

監督
細川徹
出演キャスト
阿部サダヲ 永山絢斗 貫地谷しほり 佐々木希

森太郎の関連人物

森下能幸  大森南朋  阿部サダヲ  寺島進  根岸季衣 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 森太郎

ムービーウォーカー 上へ戻る