映画-Movie Walker > 人物を探す > ギグ・ヤング

年代別 映画作品( 1943年 ~ 1978年 まで合計24映画作品)

1978年

ブルース・リー 死亡遊戯

  • 1978年4月15日(土)公開
  • 出演(Jim_Marshall 役)

国際的犯罪シンジケートに立ち向かう青年の姿を描くブルース・リーの遺作。製作はレイモンド・チョウ、製作協力はアンドレ・モーガン、監督は「燃えよドラゴン」のロバート・クローズ、脚本はジャン・スピアーズ、撮影はゴッドフリー・ゴダー、音楽はジョン・バリー、録音はダニー・ダニエル、特殊効果はファー・イースト・イフェクツが各々担当。出演はブルース・リー、ギグ・ヤング、ディーン・ジャガー、ヒュー・オブライエン、コリーン・キャンプ、ロバート・ウォール、カリーム・アブドゥル・ジャバール、ダニー・イノサントス、メル・ノバックなど。

監督
ロバート・クローズ
出演キャスト
ブルース・リー ギグ・ヤング ディーン・ジャガー ヒュー・オブライエン
1976年

ヒンデンブルグ

  • 1976年7月10日(土)公開
  • 出演(Edward_Douglas 役)

今世紀最大のミステリーといわれる、ヒンデンブルグ号の謎の大爆発を、当時のニューズ・フィルムを盛り込んで描くサスペンス。監督は「ふたり」のロバート・ワイズ、脚本はネルソン・ギディング、脚色はリチャード・レビンソンとウィリアム・リンク、原作はマイケル・M・ムーニー、撮影はロバート・サーティース、音楽はデイヴィッド・シャイア、編集はドン・キャンバーン、特殊効果はアルバート・ウィトロック、特殊撮影はクリフォード・スタインが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、アン・バンクロフト、ウィリアム・アザートン、ロイ・シネス、ギグ・ヤング、バージェス・メレディス、チャールズ・ダーニング、ロバート・クラリイ、リチャード・A・ダイザートなど。

監督
ロバート・ワイズ
出演キャスト
ジョージ・C・スコット アン・バンクロフト ウィリアム・アザートン ロイ・シネス

キラー・エリート(1976)

  • 1976年4月24日(土)公開
  • 出演(Cap_Collis 役)

CIAも手が出せないダーティな任務を業とする謎の民間組織『コムテグ』で暗躍する殺し屋たちの生態を描く。製作はマーティン・バウムとアーサー・ルイス、製作総指揮はヘルムート・ダンティーン、監督は「ガルシアの首」のサム・ペキインー、脚本はマーク・ノーマンとスターリング・シリファント、原作は元合衆国政府職員ロバート・ロスタンドが書いた「中間の猿」、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジェリー・フィールディング、編集はガース・クレーヴンが各々担当。出演はジェームズ・カーン、ロバート・デュバル、アーサー・ヒル、ギグ・ヤング、マコ、ボー・ホプキンス、バート・ヤング、ティアナなど。

監督
サム・ペキンパー
出演キャスト
ジェームズ・カーン ロバート・デュヴァル ギグ・ヤング アーサー・ヒル
1975年

ガルシアの首

  • 1975年7月12日(土)公開
  • 出演(Quill 役)

首に100万ドルという巨額の金がかけられた男を追う一匹狼とシンジケートの戦いを描く。製作総指揮はヘルムート・ダンティーン、製作はマーティン・バウム、監督は「ビリー・ザ・キッド 21才の生涯」のサム・ペキンパー、脚本はゴードン・ドーソンとペキンパー、撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、編集はガース・クレーヴンが各々担当。出演はウォーレン・オーツ、イセラ・ベガ、ギグ・ヤング、ロバート・ウェバー、ヘルムート・ダンティーン、エミリオ・フェルナンデス、クリス・クリストファーソンなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。デラックスカラー、ビスタサイズ。1974年作品。

監督
サム・ペキンパー
出演キャスト
ウォーレン・オーツ イセラ・ベガ ギグ・ヤング ロバート・ウェバー
1970年

ひとりぼっちの青春

  • 1970年12月8日公開
  • 出演(Rocky 役)

不況時代のハリウッドを舞台にマラソン・ダンスに、人生の“孤独”と“狂気”と“退廃”を賭けた人間達を描く。製作は「汚れた7人」のコンビ、アーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ、監督は「大反撃」のシドニー・ポラック、ホレース・マッコイの小説「彼等は廃馬を撃つ」をジェームズ・ポーとロバート・E・トンプソンが共同脚色、撮影は「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のフィリップ・ラスロップ、音楽は「オリバー!」のジョニー・グリーン。出演は「世にも怪奇な物語」のジェーン・フォンダ、「猫」のマイケル・サラザン、「甘い抱擁」のスザンナ・ヨーク、「太陽の爪あと」のギグ・ヤング、「駅馬車(1965)」のレッド・バトンズ、「さすらいの大空」のボニー・ベデリアなど。メトロカラー、パナビジョン。1970年作品。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
ジェーン・フォンダ マイケル・サラザン スザンナ・ヨーク ギグ・ヤング
1967年

太陽の爪あと

  • 1967年5月20日公開
  • 出演(Mike 役)

怪奇小説家H・P・ラブクラフトの小説を、ネイザニエル・タンチュックが脚色し、映画は初めてというデイヴィッド・グリーンが監督した恐怖映画。撮影はケン・ホッジス、音楽はジャック・カザンが担当。出演は「バニー・レークは行方不明」のキャロル・リンレイ、「花を送らないで」のギグ・ヤング、オリヴァー・リード、「北京の55日」のフローラ・ロブソンほか。総指揮はバーナード・シュウォルツ、製作はフィリップ・ヘイゼルトン。

監督
デイヴィッド・グリーン
出演キャスト
キャロル・リンレイ ギグ・ヤング オリヴァー・リード フローラ・ロブソン
1965年

お熱い出来事

  • 1965年4月30日公開
  • 出演(Richard_Bramwell 役)

ノーマン・パナマとメルヴィン・フランクのストーリーを、メルヴィン・フランクとマイケル・パートウィーが脚色、メルヴィン・フランクが製作・監督したコメディ。撮影はレオ・トーヴァー、音楽はリー・ハーラインが担当した。出演は「九月になれば」のコンビ、ロック・ハドソンとジーナ・ロロブリジーダのほかにギグ・ヤング、エドワード・ジャッドなど。

監督
メルヴィン・フランク
出演キャスト
ロック・ハドソン ジーナ・ロロブリジーダ ギグ・ヤング エドワード・ジャッド
1964年

坊やの作戦命令

  • 1964年7月7日公開
  • 出演(Key_Weedon 役)

バーバラ・ルーサーの原作を「ハートでキッス」のルース・ブルックス・フリッペンが脚色、「ラスベガス万才」のジョージ・シドニーが演出したホーム・コメディ。撮影は「うしろへ突撃!」のミルトン・クラスナー、音楽は「ラスベガス万才」のジョージ・ストールが担当した。製作は「けっさくなエディ」のジョー・パスターナク。出演は「けっさくなエディ」のシャーリー・ジョーンズ、「恋のクレジット」のギグ・ヤング、「史上最大の作戦」のレッド・バトンズ、「西部開拓史」のキャロリン・ジョーンズ、子役のピーター・ロビンスほか。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
シャーリー・ジョーンズ ギグ・ヤング レッド・バトンズ キャロリン・ジョーンズ
1963年

恋のクレジット

  • 1963年7月27日公開
  • 出演(Sonny_Smith 役)

監督は「プレイボーイ」のマイケル・ゴードン、脚本はラリー・マークスとマイケル・モリス、撮影はクリフォード・スタイン、音楽はジョセフ・ガーシェンソンが担当している。出演者は、「ガン・ファイター」のカーク・ダグラス、「南太平洋」のミッチー・ゲイナー、「ミンクの手ざわり」のギグ・ヤング、「裏窓」のセルマ・リッター、「影なき狙撃者」のレスリー・パリッシュ、「プレイボーイ」のウィリアム・ベンディックスなど。製作はロバート・アーサー。

監督
マイケル・ゴードン
出演キャスト
カーク・ダグラス ミッチー・ゲイナー ギグ・ヤング セルマ・リッター

真夜中へ五哩

  • 1963年5月18日公開
  • 出演(David_Barnes 役)

ピーター・ヴィアテルとヒュー・ウィーラーの脚本を「さよならをもう一度」のアナトール・リトヴァクが監督したサスペンス・スリラー。撮影はアンリ・アルカン、音楽は「死んでもいい」のミキス・テオドラキス。出演者は「戦場を駈ける女」のソフィア・ローレン、「死んでもいい」のアンソニー・パーキンス、「恋のKOパンチ」のギグ・ヤング、ヨランド・ターナー、トミー・ノールデンなど。製作もアナトール・リトバク。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
ソフィア・ローレン アンソニー・パーキンス ギグ・ヤング ヨランド・ターナー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギグ・ヤング