TOP > 映画監督・俳優を探す > テレンス・モーガン

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1968年 まで合計7映画作品)

1968年

密室(1967)

  • 1968年6月1日(土)
  • 出演(Bruce 役)

C・スコット・フォーブスの舞台劇「検針員」(1964年9月ロンドン王立演劇学校が上演)をテレビ出身の新鋭ピーター・コリンソンが脚色・監督したもので、彼の劇場用映画、第1作である。撮影は新人アーサー・レイビス、音楽はジョン・ホークスワースが担当。なお主題歌「さびしい男でいっぱいの世界」はジョン・ホークスワース作曲、ハロルド・シェーバー作詞で、人気女性歌手リサ・シャインが歌っている。出演は「いつも心に太陽を」のスージー・ケンドール、イギリスの中堅スターで「ハムレット(1947)」の、テレンス・モーガン、アイルランドの舞台俳優ノーマン・ロドウェイ、テレビ出身のトニー・ベックリー、「恐竜100万年」のマルチーヌ・ベズウィックなど。

監督
ピーター・コリンソン
出演キャスト
スージー・ケンドール テレンス・モーガン トニー・バックレイ ノーマン・ロッドウェイ
1961年

裸の鏡

  • 1961年9月22日(金)
  • 出演(Augie 役)

ロンドンの売春組織の実態をあばいた犯罪ドラマ。リー・ヴァンスとジョン・レモントが共同で書き下したシナリオを、日本初登場のジョン・レモントが監督した。撮影に当ったのはブレンダ・J・スタッフォード。音楽担当はフィリップ・グリーン。出演しているのは「フランケンシュタインの逆襲」のヘイゼル・コート、「息子と恋人」のドナルド・プレゼンス他、ビル・オーエン、ロバート・ビーティなど。製作はノーマン・ウィリアムズ。

監督
ジョン・レモント
出演キャスト
テレンス・モーガン ヘイゼル・コート ドナルド・プレゼンス ビル・オーエン
1956年

地獄の喝采

  • 1956年10月5日(金)
  • 出演(Syd Cotman 役)

英の文豪サマーセット・モームの“ジゴロとジゴレット”の映画化。曲芸師夫婦の愛情の葛藤を描く、脚色はエリック・アンブラー、監督は「豪族の砦」のハロルド・フレンチ、撮影は「黒い天幕」のデスモンド・ディキンソン、作曲はリチャード・アディンセル。主演は「島のならず者」のグリニス、ジョーンズ、「魔人スヴェンガリ」のテレンス・モーガン。

監督
ハロルド・フレンチ
出演キャスト
グリニス・ジョンズ テレンス・モーガン デヴィッド・ハッチソン チャールズ・ゴルドナー
1955年

魔人スヴェンガリ

  • 1955年12月14日(水)
  • 出演(Billy 役)

魔力を持つ男スヴェンガリと、その虜になった女トリルビィの交渉を描いたジョルジュ・デュ・モーリア原作の三度目の映画化。「裸の島」のノエル・ラングリーが脚色・監督し、「断固戦う人々」のウィルキー・クーパーが撮影を、「春風と百万紙幣」のウィリアム・オルウィンが音楽を、夫夫担当した。・音楽指揮は「島のならず者」のミューア・マシーソン。主な出演者は「二つの世界の男」のヒルデガード・ネフ(ヒルデガルド・クネフ)、英劇壇の俳優ドナルド・ウォルフィット、「艦長ホレーショ」のテレンス・モーガン、デレク・ボンド、ポール・ロジャースなど。英ジョージ・ミンター・プロ製作。

監督
ノエル・ラングリー
出演キャスト
ヒルデガード・ネフ ドナルド・ウォルフィット テレンス・モーガン デレク・ボンド
1963年

悪の分岐点

  • 1963年12月10日(火)
  • 出演(David 役)

出所した三人の女がその夜までに辿ったセミ・ドキュメンタリードラマ。ジョン・ブロフィの原作を、製作者のモーリス・コーワンと共同で脚色した「砂漠の決闘」のジャック・リーが監督した。撮影はジェフリー・アンスワース、音楽をミッシャ・スポリアンスキーが担当した。出演者は「裸の鏡」のテレンス・モーガン、「戦塵末だ消えず」のイヴォンヌ・ミッチェル、「焦土作戦」のキャスリーン・ハリソン、「ピラミッド」のジョーン・コリンズなど。

監督
ジャック・リー
出演キャスト
イヴォンヌ・ミッチェル テレンス・モーガン ジョーン・コリンズ キャスリーン・ハリソン
1952年

艦長ホレーショ

  • 1952年11月1日(土)
  • 出演(2nd_Lt._Gerard 役)

「絶望の空路」のラウール・ウォルシュが監督に当たったテクニカラーの海洋活劇1951年作品、C・S・フォレスター(「アフリカの女王」)の原作小説を、著者自身映画用に潤色し、アイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツ、イーニアス・マッケンジー(「黒騎士」)の3人が脚色した。撮影はガイ・グリーン、作曲はロバート・ファーノンの担当。主演は「愛欲の十字路」のグレゴリー・ペックと「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴァージニア・メイヨで、ロバート・ビーティ(「邪魔者は殺せ」)、ジェームズ・R・ジャスティス(「四重奏」)、デニス・オディア(「邪魔者は殺せ」)らのイギリス俳優が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
グレゴリー・ペック ヴァージニア・メイヨ ロバート・ビーティ ジェームズ・R・ジャスティス
1949年

ハムレット(1947)

  • 1949年9月10日(土)
  • 出演(Laertes 役)

「ヘンリー五世(1945)」に次いでローレンス・オリヴィエが製作・監督・主演したシェイクスピア劇映画で、フィリッポ・デル・ジュウディテェが製作指揮に任じた一九四七年作品。装置と衣装は「ヘンリー五世(1945)」の衣装デザイナーのロジャー・ファースがカーメン・ディランの協力を得て担当し、撮影は「ハングリー・ヒル」のデスモンド・ディキンソン、音楽は「ヘンリー五世(1945)」と同じくウィリアム・ウォルトンが作曲し、演奏はフィルハーモニア・オーケストラである。台本編修も同様アラン・デントが受持っている。オリヴィエのハムレットを囲って「大いなる遺産」のジーン・シモンズ。シェイクスピア劇俳優のベイジル・シドニー及びノーマン・ウーランド、「双頭の鷲」の舞台に出演したアイリーン・ハーリー、「ミスター人類」の舞台にオリヴィエを助演したテレンス・モーガン、「ヘンリー五世(1945)」のフェリックス・エイルマー、ジョン・ローリー、エズモンド・ナイト及びハーコート・ウィリアムス、「逢びき」のスタンリー・ホロウェイ、その他ピーター・カッシング、アンソニー・クェイル、ラッセル・ソーンダイッ等が出演する。

監督
ローレンス・オリヴィエ
出演キャスト
ローレンス・オリヴィエ ベイジル・シドニー アイリーン・ハーリー ノーマン・ウーランド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > テレンス・モーガン

ムービーウォーカー 上へ戻る