映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・アンダーソン

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1995年 まで合計20映画作品)

1995年

グラス・シールド

  • 1995年10月27日(金)公開
  • 出演(Watch Commnader Clarence Massey 役)

心ならずも偽証に加担したことから、警察内部の腐敗に巻きこまれていく黒人警官をめぐるポリス・サスペンス。監督・脚本はチャールズ・バーネット、製作はトム・バーンズ、キャロライン・シュローダー、エグゼクティヴ・プロデューサーはチェット・ウォーカー、撮影は「マザーズボーイ 危険な再会」のエリオット・デイヴィス、音楽は「ポリス・アカデミー4 市民パトロール」「ポリス・アカデミー5 マイアミ特別勤務」のスティーヴン・テイラー、編集は「カウガール・ブルース」のカーティス・クレイトンがそれぞれ担当。出演は「旅立ちの時」のマイケル・ボートマン、「フリー・ウィリー」「タンク・ガール」のロリ・ペティ、「ハイヤー・ラーニング」のアイス・キューブ、「スキャナーズ」「レッド・スコルピオン2」のマイケル・アイアンサイド、「ロング・グッドバイ」「バグジー」のエリオット・グールド、「ブレードランナー」のM・エメット・ウォルシュ、「シャーキーズ・マシーン」のバーニー・ケーシーほか。

監督
チャールズ・バーネット
出演キャスト
マイケル・ボートマン ロリ・ペティ アイス・キューブ マイケル・アイアンサイド
1979年

闘争の宴

  • 1979年6月24日(日)公開
  • 出演(ヤクの売人 役)

時代劇やシリアスな活劇を監督している三上康雄にとっては唯一の荒唐無稽なアクション映画。サラリーマンがハンググライダー、カーチェイス、殺陣、カンフーを駆使して神戸の組織暴力団と闘う。神戸、琵琶湖、信州駒ケ岳、サンフランシスコロケを敢行。

監督
三上康雄
出演キャスト
三上康雄 土倉孝之 大高恵子 高野進
1978年

野性の証明

  • 1978年10月7日(土)公開
  • 出演(ロバーツ大佐 役)

国家権力によって比類ない殺人技術を叩きこまれた男が、一人少女のなかに、自らの人間性の回復を託そうとする男の姿を描く森村誠一原作の映画化。角川映画第三弾。脚本は「日本の首領 完結篇」の高田宏治、監督は「人間の証明 Proof of the Man」の佐藤純彌、撮影は「順子わななく」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
高倉健 中野良子 薬師丸ひろ子 夏八木勲
1970年

セコンド

  • 1970年6月6日(土)公開
  • 出演(Dr._Innes 役)

“第二の人生”という人間の夢を、異様なリアリティの中でとらえた作品。製作は「5月の7日間」のエドワード・ルイス、監督は「さすらいの大空」のジョン・フランケンハイマー。デイヴィッド・イーリーの原作をルイス・ジョン・カルリーノが脚色。撮影は「バラの刺青」のアカデミー賞カメラマン、ジェームズ・ウォン・ホウ、美術はテッド・ハワース、音楽はジェリー・ゴールドスミス、セットはジョン・オースティン、編集はフェリス・ウェブスターがそれぞれ担当。出演は「大いなる男たち」のロック・ハドソン、セローム・ジェンス、ジョン・ランドルフ、「5月の7日間」のリチャード・アンダーソン、「不意打ち」のジェフ・コーリー、「野望の系列」のウィル・ギア、ウェズリー・アディ。他にマレイ・ハミルトン、フランシス・リード、ジョン・ローレンスなど。黒白、スタンダード。1966年作品。

監督
ジョン・フランケンハイマー
出演キャスト
ロック・ハドソン セローム・ジェンス ジョン・ランドルフ リチャード・アンダーソン
1967年

縛り首の三人

  • 1967年9月8日(金)公開
  • 出演(Steve_Carlson 役)

ストーリーをルチ・ワードとジャック・ナットフォードが共同で書き、脚本は2人のほかにウィリアム・バワーズが加わって執筆、テレビ出身のアラン・ラフキンが監督。撮影はジーン・ポリト、音楽は「シェラマドレの決斗」のフランク・スキナー。製作はハワード・クリスティ。出演者は、「西部の人」のジャック・ロード、「大将軍」のジェームズ・ファレンティノ、「ジェリコ」のドン・ギャロウェイ、他にメロディ・ジョンソン、リチャード・アンダーソン、ロバート・ユーロー、エド・ペックなど。

監督
アラン・ラフキン
出演キャスト
ジャック・ロード ジェームズ・ファレンティーノ ドン・ギャロウェイ メロディ・ジョンソン
1965年

セクシー・ダイナマイト

  • 1965年11月30日(火)公開
  • 出演(Grant 役)

ウェイド・ミラーの原作を新人ダグラス・ヘイズが脚色・監督した。スリルのある事件ドラマ。撮影はジョセフ・バイロック、音楽はジョセフ・ガーシェンソンが担当した。出演は「シンシナティ・キッド」のアン・マーグレット、「ブラボー砦の脱出」のジョン・フォーサス、ほかにピーター・ブラウン、リチャード・アンダーソン、ジェームズ・ワード、ダイアン・セイヤーなど。製作はハリー・ケラー。

監督
ダグラス・ヘイズ
出演キャスト
アン・マーグレット ジョン・フォーサス ピーター・ブラウン リチャード・アンダーソン

長く熱い夜(1958)

  • 1965年6月8日(火)公開
  • 出演(Alan_Stewart 役)

ウィリアム・フォークナーの小説「村」を「悶え」のアーヴィング・ラヴェッチとハリエット・フランク・ジュニアが共同脚色、「悶え」のマーティン・リットが監督した文芸映画。撮影はジョセフ・ラシェル、音楽はアレックス・ノースが担当した。出演は「暴行」のポール・ニューマン、「パリが恋するとき」のジョアン・ウッドワード、「審判」のオーソン・ウェルズのほかにアンソニー・フランシオサ、リー・レミック、アンジェラ・ランズベリーなど。製作はジェリー・ウォルド。

監督
マーティン・リット
出演キャスト
ポール・ニューマン ジョアン・ウッドワード オーソン・ウェルズ アンソニー・フランシオーサ
1964年

ひとりぼっちのギャング

  • 1964年5月15日(金)公開
  • 出演(Correspondent 役)

ジョン・マックパートランドの「ジョニー・クールの王国」をジョセフ・ランドンが脚色、TV作家のウィリアム・アッシャーが演出・製作したギャングドラマ。撮影はサム・リーヴィット、音楽はビリー・メイが担当した。タイトル・ソングはサミー・カーンとジミー・ヴァン・ヒューゼンのコンビで、サミー・デイヴィス・ジュニアがうたう。出演は「荒野の3軍曹」のヘンリー・シルヴァ、エリザベス・モンゴメリー、「おかしな、おかしな、おかしな世界」のジム・バッカス、「太陽の帝王」のブラッド・デクスター、「三文オペラ」のサミー・デイヴィス・ジュニア、マーク・ローレンスほか。

監督
ウィリアム・アッシャー
出演キャスト
ヘンリー・シルヴァ エリザベス・モンゴメリー リチャード・アンダーソン ジム・バッカス
1963年

ミサイル空爆戦隊

  • 1963年9月14日(土)公開
  • 出演(Col._Gruber 役)

ロバート・ピロッシュの脚本を「ミンクの手ざわり」のデルバート・マンが監督した空軍もの。撮影は「ポリアンナ」のラッセル・ハーラン、音楽は「ジャングル地帯」のジェリー・ゴールドスミス。出演者は「ミンクの手ざわり」のロック・ハドソン、「予期せぬ出来事」のロッド・テイラー、「年上の女」のメアリー・ピーチ、「荒野の3軍曹」ヘンリー・シルヴァなど。製作はサイ・バートレットである。

監督
デルバート・マン
出演キャスト
ロック・ハドソン ロッド・テイラー メアリー・ピーチ バリー・サリバン
1961年

ダッジ・シティ

  • 1961年3月31日(金)公開
  • 出演(Dave 役)

西部の名シェリフ・バット・マスタースンを主人公にした西部劇。ダニエル・B・ウルマンのオリッジナル・ストーリーをウルマンとマーティン・M・ゴールドスミスが共同で脚色し、「皆殺し砦」のジョセフ・M・ニューマンが監督した。撮影も「皆殺し砦」のカール・ガスリー、音楽をハンス・J・サルターが担当した。出演は「皆殺し砦」のジョエル・マクリー、「タラワ肉弾特攻隊」のジュリー・ダムス、ジョン・マッキンタイア、ナンシー・ゲイツら。製作ウォルター・M・ミリッシュ。

監督
ジョゼフ・M・ニューマン
出演キャスト
ジョエル・マクリー ジュリー・アダムス ジョン・マッキンタイア ナンシー・ゲイツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・アンダーソン