映画-Movie Walker > 人物を探す > レイ・ナザロ

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1962年 まで合計5映画作品)

1962年

カンサス大平原

  • 1962年5月1日(火)公開
  • 監督

史実をもとに書き下ろしたダニエル・B・ウルマンのオリジナル・シナリオを、テレビ映画を手がけるレイ・ナザロが演出した西部劇。撮影には「無法者は殺せ」のハリー・ニューマン、音楽には「赤い谷」のマーリン・スカイルズが当たっている。出演者は「赤い谷」のスターリング・ヘイドン、テレビの新人イヴ・ミラーほか、バートン・マクレーン、ハリー・シャノンなど。「駅馬車(1939)」や「クレオパトラ(1963)」のプロデューサー、ウォルター・ウェンジャーがプロダクションを設立して製作したもの。

監督
レイ・ナザロ
出演キャスト
スターリング・ヘイドン イヴ・ミラー バートン・マクレーン ハリー・シャノン
1958年

ドミノ・キッド

  • 1958年4月18日(金)公開
  • 監督

家族を殺された男が復讐に立ち上がる姿を描く西部劇。短縮版。オリジナルは73分。ロリー・カルホーンの原作の映画化で、脚本はケネス・ガメットとハル・ヴィラーが共同で執筆。製作はカルホーン、ヴィクター・M・オーサティ、監督はレイ・ナザロ、撮影はアーヴィング・リップマンが担当。出演はロリー・カルホーン、クリスティン・ミラー、アンドルー・ダガン、ピーター・ホイットニーなど。

監督
レイ・ナザロ
出演キャスト
ロリー・カルホーン クリスティン・ミラー アンドルー・ダガン ピーター・ホイットニー
1957年

幻の駅馬車

  • 1957年8月21日(水)公開
  • 監督

駅馬車強盗と闘う男を描く西部劇。短縮版。オリジナルは69分。ドリス・ルカサーの原作の映画化で、脚本はデイヴィッド・ラングが執筆。製作はジャック・ミラー、ダン・ミラー、監督はレイ・ナザロ、撮影はヘンリー・フロイリッヒ、音楽はミッシャ・バカライニコフが担当。出演はウィリアム・ビショップ、キャスリン・クロウリー、リチャード・ウェッブなど。

監督
レイ・ナザロ
出演キャスト
ウィリアム・ビショップ キャスリン・クロウリー リチャード・ウェッブ
1952年

美女と闘牛士

  • 1952年11月29日(土)公開
  • 原作

ジョン・ウェイン「硫黄島の砂」が自ら設立した独立プロの第1回作で、メキシコにロケした闘牛映画1951年度作品。自身闘牛士である監督者バッド・ボーティカーとレイ・ナザロの原作よりジェームズ・エドワード・グラント「硫黄島の砂」が脚色、撮影はジャック・ドレイパー、音楽はヴィクター・ヤング「リオ・グランデの砦」の担当、闘牛場面の編集にはジョン・フォードが当たったといわれる。出演者はロバート・スタック「無法地帯」、ジョイ・ペイジ「キスメット(1944)」、ギルバート・ローランド「タルファ駐屯兵」、ヴァージニア・グレイ「明日なき男」、それにルイズ・キャストロはじめメキシコの闘牛士たち。

監督
バッド・ベティカー
出演キャスト
ロバート・スタック ジョイ・ペイジ ギルバート・ローランド ヴァージニア・グレイ
1934年

偽者紳士

  • 1934年当年公開
  • 原作

「無限の青空」「彼女の男」のジェームズ・キャグニーと札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、レヤード・ドイルとレイ・ナザロとが共同執筆し、バートラム・ミルハウザーが脚色し、「進め龍騎兵」「黒地獄」のマイケル・カーティスが監督に当たり、「ブラウンの爆裂珍艦隊」のアイラ・モーガンが撮影した。助演者は「スウィート・ミュージック」のアリス・ホワイト、「札つき女」のアレン・ジェンキンス及びメイヨ・メソット、「ケンネル殺人事件」のアーサー・ホール、「五十六番街の家」のフィリップ・リード、「ダンテの地獄篇(1935)」のアラン・ダインハート等。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ベティ・デイヴィス アリス・ホワイト アレン・ジェンキンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レイ・ナザロ