映画-Movie Walker > 人物を探す > クリストファー・ランドン

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2019年 まで合計9映画作品)

2019年

ハッピー・デス・デイ 2U

  • 2019年7月12日(金)公開予定
  • 監督、脚本

『ゲット・アウト』『ハロウィン』のプロデューサー、ジェイソン・ブラムが手がけ、全米で大ヒットを記録したホラーの続編。一度はタイムループから抜け出した女子大生が今度はパラレルワールドに入り込み、そこから抜け出そうと奮闘する。前作に引き続き、若手女優ジェシカ・ロースが主人公の女子大生ツリーを演じる。

監督
クリストファー・ランドン
出演キャスト
ジェシカ・ロース イズラエル・ブルサード ファイ・ヴ スラージ・シャルマ

ハッピー・デス・デイ

  • 2019年6月28日(金)公開
  • 監督

『ゲット・アウト』『ハロウィン』のプロデューサー、ジェイソン・ブラムが手がけ、全米で大ヒットを記録したホラー。謎の殺人鬼に殺される一日を繰り返す、タイムリープにはまってしまった女子大生がそこから抜け出そうと奮闘する。『ラ・ラ・ランド』の若手女優ジェシカ・ローズが主人公の女子大生を演じる。

監督
クリストファー・ランドン
出演キャスト
ジェシカ・ロース イズラエル・ブルサード
2014年

パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

  • 2014年4月11日(金)公開
  • 監督、脚本

アメリカ各地で起きた4つの未解決事件を、その衝撃映像とともに描いてきた『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ。今回の物語では、ある日、左腕に奇妙な歯型の印を発見したのを境に、不可解な出来事に見舞われる18歳の少年の恐怖体験がつづられる。監督は2作目から脚本などに携わってきたクリストファー・ランドン。

監督
クリストファー・ランドン
出演キャスト
モリー・イフラム リチャード・カブラル アンドリュー・ジェイコブス ホルヘ・ディアス
2012年

パラノーマル・アクティビティ4

  • 2012年11月1日(木)公開
  • 製作総指揮、脚本

アメリカ、カリフォルニア州で、88年と06年に起きた「パラノーマル・アクティビティ事件」と呼ばれる3つの未解決事件。その証拠映像として警察が公表したとされる不可解な映像が話題を呼び、世界中に衝撃を与えたホラー・シリーズの第4弾。3つの事件で行方不明となった人々の消息につながる、新たな情報が明らかになる。

監督
ヘンリー・ジュースト アリエル・シュルマン
出演キャスト
ケイティ・フェザーストン
2011年

パラノーマル・アクティビティ3

  • 2011年11月1日(火)公開
  • 脚本、共同製作

約100万ドルの超低予算ながら全世界を震撼させ、異例の大ヒットを遂げたホラー・シリーズ第3弾。前2作に登場したケイティ&クリスティ姉妹が幼少時代に遭遇した恐怖体験をホームビデオ映像でつづる。第1作の監督・脚本を手がけたオーレン・ペリが製作を担当。2人の新人監督が共同でメガホンを握った。

監督
ヘンリー・ジュースト アリエル・シュルマン
出演キャスト
ケイティー・フェザーストン スプレイグ・グレイデン ローレン・ビットナー マーク・フレドリックス

パラノーマル・アクティビティ2

  • 2011年2月11日(金)公開
  • 脚本

サンディエゴのある家で、次々と起きる怪異現象の原因を探ろうと寝室にビデオカメラを設置したカップルが恐怖に見舞われる姿を描き、世界中で大ヒットを記録した超低予算ホラーの第2弾。今回も擬似ドキュメンタリーのスタイルで、カリフォルニアに住むとある夫婦に降りかかる恐ろしい出来事の数々がカメラ越しに映し出される。

監督
トッド・ウィリアムズ
出演キャスト
ケイティー・フェザーストン スプレイグ・グレイデン ブライアン・ボーランド モリー・イフラム
2007年

ディスタービア

  • 2007年11月10日(土)公開
  • 原案、脚本

「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ主演のスリラー。自宅から出られない少年が、親友を味方に、携帯電話やパソコン、ビデオカメラを駆使して猟奇犯の正体を追う。

監督
D・J・カルーソ
出演キャスト
シャイア・ラブーフ サラ・ローマー アーロン・ヨー デイヴィッド・モース
1999年

アナザー・デイ・イン・パラダイス

  • 1999年7月31日(土)公開
  • 脚本

ストリートに生きる少年が犯罪を重ねながらの旅を通して成長する姿を描くロード・ムーヴィー。監督は写真集『タルサ』(71)『ティーンエイジ・ラスト』(83)で有名な写真家ラリー・クラークで、「KIDS」(95)に続く監督第2作。脚本はエディ・リトルの同名作を元にクリストファー・ランドン、スティーヴン・チンが担当。製作はチン、クラーク、そして本作の準主演もつとめた俳優ジェームズ・ウッズ(「ヴァンパイア最期の聖戦」)。撮影は「KIDS」のエリック・エドワーズ。、音楽監修はハワード・パール、ロビン・アーダングで、オーティス・レディング、サム・ムーア、またサザン・ソウルの名曲などが流れる。美術はアーロン・オズボーン。編集はルイス・コリーナ。衣裳はキャサリン・モリソン。出演は「リトル・ビッグ・フィールド」のヴィンセント・カシーザー、「ロスト・ハイウェイ」のナターシャ・グレッグソン・ワグナー、「疑惑の幻影」のメラニー・グリフィスほか。

監督
ラリー・クラーク
出演キャスト
ジェームズ・ウッズ メラニー・グリフィス ヴィンセント・カーシーザー ナターシャ・グレッグソン・ワグナー
1959年

恐怖の砂

  • 1959年2月14日公開
  • 原作、脚色

クリストファー・ランドンの体験にもとづく小説を舞台演出から転じた新人J・リー・トンプソンが監督映画化した戦争映画。脚色は原作者とT・J・モリスンの共同。撮影を「思春期の感情」のギルバート・テイラー、音楽をレイトン・ルーカスが担当している。出演者は「激戦ダンケルク」のジョン・ミルズ、「美わしのロザリンダ」のアンソニー・クェイル、新人シルヴィア・シムズ、ダイアン・クレア、ハリー・アンドリュース等。製作W・A・ウィッテイカー。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
ジョン・ミルズ シルヴィア・シムズ アンソニー・クェイル ハリー・アンドリュース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クリストファー・ランドン