映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・バッツ

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1932年 まで合計8映画作品)

1932年

歓呼の涯

  • 1932年公開
  • 出演(Ted$(Age$9) 役)

「鉄壁の男」に次ぐジョージ・バンクロスト主演映画。「タッチダウン」「腕白大将」のウィリアム・スレイヴンス・マクナットとグローヴァ・ジョーンズがストーリーを組み立て脚本を作製、「空の花嫁」スレィーブン・ロバーツがメガホンを執り、「めくらの鼠」のハリー・フィッユベックが撮影したもので助演者は「明暗二人女」「鉄窓と花束」のウィン・ギブソン、「空の花嫁」「極北の嵐」のチャールズ・スターレット、ジェームズ・グリースン、ジョン・ウェイン、モーガン・ウォーレス等である。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト ウィン・ギブソン チャールズ・スターレット ジェームズ・グリースン

六月十三日の夜

  • 1932年公開
  • 出演(Junior_Strawn 役)

ヴェラ・キャスパリーが書卸した原作を「空の花嫁」のアグネス・ブランド・リー、「歓呼の涯」のウィリアム・スレイヴンス・マクナット及びブライアン。・マーロウが脚色 し、「空の花嫁」「歓呼の涯」のスティヴン・ロバーツが監督した映画。主役には「上海特急」「二十四時間」のクライヴ・ブルックが選ばれ、「噂の姫君」のライラ・リー、「七万人の目撃者」「その夜」のチャールズ・ラグルズ「鉄窓と花束」「小間使(1931)」のシーン・レイモンド、「夫を殺すまで」「令女学」のフランセス・ディー、「我等は楽しく地獄へ行く」のエイドリアン・アレン、「小間使(1931)」のメアリー・ボーランド、「歓呼の涯」のビリー・バッツ、「スーキー」のヘレン・ジェローム、・エディー、ヘレン・ウェーア、等が助演している。カメラは「歓呼の涯」「めくらの鼠」のハリー・フィッシュベック。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
クライヴ・ブルック ライラ・リー チャールズ・ラグルズ ジーン・レイモンド
1931年

奈落の青空

  • 1931年公開
  • 出演(Pobby_Brand 役)

「シマロン(1931)」「響け応援歌」のウェズリー・ラッグルズが監督した映画で氏自ら書き下ろしたストーリーを「シマロン(1931)」のハワード・エスタブルックが脚色して台詞を書いた。カメラは「リオの誘惑」「心の青空」のレオ・トーヴァーの担当である。主役は「戦慄街」「山荘の殺人」のエリック・リンデンが勤め、「満豪龍騎隊」のアーリン・ジャッジ、「ロッキーの彼方」のロチェル・ハドソン、「悪魔の富籤」のベリル・マーサー、「六月十三日の夜」のビリー・バッツ、「新世紀」のベン・アレクサンダー、「響け応援歌」のメアリー・コーンマン、「リオの誘惑」のロバータ・ゲイル、ボビー・カーク等が助演している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
エリック・リンデン ベリル・マーサー ビリー・バッツ ロチェル・ハドソン
1929年

侠盗ヴァレンタイン

  • 1929年公開
  • 出演

「スピードウェイ」「若殿頑張る」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画で、ポール・アームストロング原作の戯曲から「アンクル・トムス・ケヴィン」「天使の顔」のA・P・ヤンガーが脚色し、「ブロードウェイ・メロディー」のサラ・Y・メイソンが撮影台本を執筆し、「大学のブラウン」「密輸入者の恋」のジャック・コンウェイが監督した。助演者は「ザンジバルの西」「ホリウッド・レビュー」のライオネル・バリモア「キートンの結婚狂」「遙かなる叫び」のリーラ・ハイアムス、「俺は曲芸師」のカール・デーン、タリー・マーシャル等でカメラは「知られぬ人」「俺は曲芸師」のメリット・B・ガースタッドが担任している。ちなみにこのストーリーは1920年にも1度映画化されたことがあるものである。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ ライオネル・バリモア リーラ・ハイアムス カール・デーン
1927年

蕃地の義人

  • 1927年公開
  • 出演(Pat_O'Hara 役)

「単騎奮迅」に次いで製作されたるケン・メイナード氏主演西部劇で、マリオン・ジヤツクトン女史が書き卸した台本により、多くのレイアート映画の監督たりしハリー・ジエー・ブラウン氏が監督したもの。メイナード氏の対手女優は「ラリー奮戦記」「笑国万歳」等出演のドロシー・ドワン嬢が勤め、トム・サンチ氏ギブソン・ゴウランド氏、ノア・ヤング氏等が助演するほか、例によってターザン号が大いに活躍している。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・ドゥワン ビリー・バッツ トム・サンチ

令嬢馬賊

  • 1927年公開
  • 出演(Chick 役)

「アリゾナの天地」に続くゲイリー・クーパー氏主演西部劇で、リチャード・アレン・ゲイツ氏作の物語をジョン・ストーン氏とジエー・ウォルター・ルーベン氏とが脚色し「吃驚仰天」「令嬢無銭旅行」等と同じくアーサー・ロッスン氏が監督したもので、相手役は「アリゾナの天地」「怪騎手」出演のベティー・ジユウエル嬢と「青春の喜び」に出演したパ社俳優学校出身のジャック・ルーデン氏が勤め、ハーバート・プライアー氏、ビリー・バッツ君等が助演するほかクーパー氏の愛馬フラッシュが活躍している。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ベティー・ジュウエル ジャック・ルーデン ハーバート・プライアー
1926年

キャナディアン

  • 1926年公開
  • 出演(Buck_Golder 役)

W・サマセット・モーム氏作の舞台劇をアーサー・ストリンジャー氏が改作し、ジェー・クラアクソン・ミラー氏が脚色し「珍妙ライオン狩り」「雀」「天空騒動」等と同じくウイリアム・ボーデイン氏が監督したもので、主役は「神ぞ知る」「野球成り金」等主演のトマス・ミーアン氏が演じ、相手女優にはモナ・パルマ嬢(かつてミミ・パルメリ嬢として「鬼気人に迫る」「青春来る」に出演し、最近パラマウント俳優学校を卒業した人)が選ばれ、ウインダム・スタンデイング氏、デール・フラー嬢等が助演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
トーマス・ミーアン モナ・パルマ ウィンダム・スタンディング デール・フラー

電光トムソン

  • 1926年公開
  • 出演(Buddy 役)

「ドン・マイク」「アリゾナ・ナイト」と同じくエフ・ビー・オー社発売のフレッド・トムソン氏主演西部劇でフランク・M・クリフトン氏作の物語を「未来派女学生」「珍サーカス王」等の監督者デル・アンドリュース氏が脚色し、「ジョニー髪を切れ」「ギブソンの伊達男」及び「ベン・ハー(1926)」の戦車競走の場面を監督したリーヴス・イースン氏が監督したのも。トムソン氏の相手役は「田園哀慕調」のベス・フラワース嬢が勤め、フランク・ハグニー氏、ビリー・バッツ君、ウィリアム・コートライト氏等が共演し例の白銀王も力演している。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フレッド・トムソン ベス・フラワース ビリー・バッツ フランク・ハグニー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・バッツ