映画-Movie Walker > 人物を探す > モリー・シャノン

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2018年 まで合計6映画作品)

2018年

モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!

  • 2018年10月19日(金)公開
  • 出演(声)(ワンダ 役)

モンスターたちが日々の疲れを癒すための社交場である“モンスター・ホテル”で起きる騒動を描く、ユニークなアニメのシリーズ第3弾。モンスター・ホテルの支配人であるドラキュラが娘の提案で豪華客船でのクルーズ旅行に出発。ところが、ミステリアスな船長にひと目ボレしてしまうなど、次々とトラブルに巻き込まれていく。

監督
ゲンディ・タルタコフスキー
出演キャスト
山寺宏一 川島海荷 藤森慎吾 我修院達也
2015年

ライフ・アフター・ベス

  • 2015年5月16日(土)公開
  • 出演(Geenie Slocum 役)

「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーン主演で贈るホラー風味のラブコメディ。ゾンビ化した恋人を見捨てることができずに葛藤する青年の周りで巻き起こる騒動を通して、男女のすれ違いを描く。監督は「ハッカビーズ」の脚本を担当したジェフ・バエナ。「イントゥ・ザ・ウッズ」のアナ・ケンドリックが共演。

監督
ジェフ・バエナ
出演キャスト
デイン・デハーン オーブリー・プラザ アナ・ケンドリック マシュー・グレイ・ギュブラー
2007年

マリー・アントワネット

  • 2007年1月20日(土)公開
  • 出演(ヴィクトワル内親王 役)

政略結婚でフランス王妃となり、37歳の若さで生涯を閉じたマリー・アントワネット。「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督がキルスティン・ダンスト主演で彼女の心の軌跡を描く。

監督
ソフィア・コッポラ
出演キャスト
キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン アーシア・アルジェント マリアンヌ・フェイスフル
2002年

セレンディピティ

  • 2002年11月9日(土)公開
  • 出演(Eve 役)

旬の個性派、ジョン・キューザック&ケイト・ベッキンセール共演の都会派ラブ・ストーリー。偶然から生まれた運命の恋のゆくえを、ユーモアを交えてスタイリッシュに描く。

監督
ピーター・チェルソム
出演キャスト
ジョン・キューザック ケイト・ベッキンセイル ジェレミー・ピーヴン モリー・シャノン
2000年

グリンチ(2000)

  • 2000年12月16日(土)公開
  • 出演(ベティ・ルー・フー 役)

全米で親しまれているドクター・スースの名作童話を映画化した「グリンチ」の日本語版。「マン・オン・ザ・ムーン」(’99)のジム・キャリー扮する緑色の怪人グリンチは見もの。ナレーションを高島政伸が担当。

監督
ロン・ハワード
出演キャスト
ジム・キャリー ジェフリー・タンバー クリスティーン・バランスキー モリー・シャノン
1999年

25年目のキス

  • 1999年6月12日(土)公開
  • 出演(Anita 役)

高校に潜入取材することになったさえない25歳の女性記者が、大奮闘の末、学園の人気者になり、恋も実らせるまでを描いたホロリとさせるハッピーなラヴ・コメディ。監督は「ホーム・アローン3」のラシャ・ゴズネル。製作総指揮は本作でヒロインを演じた「エバー・アフター」のドリュー・バリモア。製作はナンシー・ジューボネン、ナンシー・アイザック(「誘う女」共同製作)。脚本は本作がデビューとなったアビー・コーンとマーク・シルヴァーステインのコンビ。撮影は「くちづけはタンゴの後で」のアレックス・ネポムニアスキー。音楽は「アナスタシア」のデイヴィッド・ニューマン。美術は「クルーレス』のスティーブン・ジョーダン。編集は「クルーレス」のデブラ・チェイテと「クローンズ」のマルチェロ・サンセビエリ。衣裳は「8mm」のモナ・メイ。共演は「ラビナス」のデイヴィッド・アークエット、「デットマンズ・カーブ』のミシェル・バルタン、「シン・レッド・ライン」のジョン・C・ライリーほか。

監督
ラジャ・ゴズネル
出演キャスト
ドリュー・バリモア モリー・シャノン デイヴィッド・アークエット ミシェル・ヴァルタン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > モリー・シャノン