TOP > 人物を探す > 太田光代

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2017年 まで合計3映画作品)

2017年

TOKYOデシベル

  • 2017年5月20日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

「醒めながら見る夢」の辻仁成監督が自身の同名小説を映画化。東京の音の地図を作るという壮大な夢を持つ大学教授・宙也。ある日、恋人のフミが宙也のもとを去っていくが、時を同じくして現れた謎の女・マリコは、宙也にフミの生活を盗聴することを提案する。ロックバンドSOPHIAやMICHAELのボーカリスト松岡充が主人公の大学教授を演じる。共演は「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の安倍なつみ、お笑いタレントの長井秀和、「パラノイアック」の鈴木優希、「ドクムシ」の村井良大、「花宵道中」の安達祐実。音楽をLUNA SEAやX JAPANのギタリスト、SUGIZOが担当。

監督
辻仁成
出演キャスト
松岡充 安倍なつみ 長井秀和 鈴木優希
2015年

アゲイン 28年目の甲子園

  • 2015年1月17日(土)
  • 製作

元高校球児たちが憧れの甲子園を目指して白球を追う“マスターズ甲子園”をテーマにした人間ドラマ。とある事件によって甲子園への夢を絶たれた元球児たちが、過去を清算するべく、再び白球を追う姿が父親と子供たちのドラマを交えてつづられる。中井貴一、柳葉敏郎らが野球に挑戦し、実際に甲子園球場で撮影が敢行された。

監督
大森寿美男
出演キャスト
中井貴一 波瑠 和久井映見 柳葉敏郎
1999年

エンカウンター3D

  • 1999年7月3日(土)
  • 日本語版出演(声)(闇の女王エルヴァイラ 役)

世界最先端の映像技術であるデジタル3DとCGI(コンピュータ・グラフィックス・イメージ)が創り出す驚異の世界を、コメディアンを狂言回しにヴァラエティ色豊かに紹介する3D映画。監督・製作総指揮はベン・スタッセン。脚本はカート・フレイ。製作はシャーロット・ヒギンズ。音楽はルイス・ヴィンク。美術はアンソニー・ウェルタ。出演はテレビのコメディアンのスチュアート・パンキン、テレビのホラー映画紹介番組のホストで有名なエルヴァイラほか。日本語版の製作総指揮&吹き替えはお茶の間でおなじみの爆笑問題が担当。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
スチュアート・パンキン カサンドラ・ピーターソン 太田光 田中裕二

関連ニュース

ビートルズの元マネージャーが裏話を公開!
ポール・マッカートニーの女癖も暴露!太田光代がビートルズの女性マネージャーを直撃 11月17日 18:44

ザ・ビートルズの秘書フリーダ・ケリーがメンバーとの濃密な日々を語るドキュメンタリー『愛しのフリーダ』(12月7日公開)。日本最速上映イベントが11月17日に角川シネマ有楽町で開催され、フリーダとともに、ライアン・ホワイト…

太田光代の関連人物

山中秀樹  入江要介  鈴木優希  工藤阿須加  久保田紗友 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 太田光代

ムービーウォーカー 上へ戻る