映画-Movie Walker > 人物を探す > ニコラス・ウィンディング・レフン

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2017年 まで合計14映画作品)

2017年

マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン

  • 2017年7月8日(土)公開
  • 出演

常に世界を挑発し賛否両論を浴びてきた鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督を追ったドキュメンタリー。「ドライヴ」の次に手がけた問題作「オンリー・ゴッド」撮影現場に、妻で女優のリブ・コーフィックセンが密着。レフンの苦悩や葛藤をつぶさに映し出す。出演は、ニコラス・ウィンディング・レフン、「オンリー・ゴッド」のライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、「エル・トポ」「リアリティのダンス」の監督アレハンドロ・ホドロフスキー。

監督
リブ・コーフィックセン
出演キャスト
ニコラス・ウィンディング・レフン ライアン・ゴズリング クリスティン・スコット・トーマス アレハンドロ・ホドロフスキー

ネオン・デーモン

  • 2017年1月13日(金)公開
  • 監督、原案、脚本

モデル業界の光と闇を描く、ニコラス・ウィンディング・レフン監督によるサスペンス。エル・ファニングがヒロインに扮し、きらめく美貌でデザイナーやカメラマンを魅了しつつも、ファッション業界の裏側に渦巻く欲望にとらわれていく姿が描かれる。妖しいモーテルで働く男をキアヌ・リーヴスが怪演する。

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演キャスト
エル・ファニング カール・グルスマン ジェナ・マローン ベラ・ヒースコート
2015年

ブロンソン

  • 2015年11月7日(土)公開
  • 監督、脚本

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ主演のバイオレンス・アクション。自分をチャールズ・ブロンソンの分身だと主張する“英国で最も有名な犯罪者”を描く。監督は「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン。出演は、「バトルシップ」のルイ・アンドリュー、「マリー・アントワネット」のジェームス・ランス。2008年製作の劇場未公開作。新宿シネマカリテのDVDスルー作品を上映する企画“オト カリテ”にて上映。

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演キャスト
トム・ハーディ ルイ・アンドリュー マット・キング ジェームス・ランス

ラスト・リベンジ

  • 2015年5月2日(土)公開
  • 製作総指揮

ベテランCIA捜査官によるテロリストへの復讐を描くサスペンス・アクション。監督・脚本は、「タクシードライバー」脚本のポール・シュレイダー。出演は、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のアントン・イェルチン、「ふたりのベロニカ」のイレーヌ・ジャコブ。

監督
ポール・シュレイダー
出演キャスト
ニコラス・ケイジ アントン・イェルチン アレクサンダー・カリム イレーヌ・ジャコブ
2014年

ホドロフスキーのDUNE

  • 2014年6月14日(土)公開
  • 出演

ホドロフスキー監督が進めていたSF小説「デューン」の映画化が、いかに衝撃的な企画であったか、そしていかに中止に追い込まれたかを振り返る、驚きと爆笑と感動と勇気のドキュメンタリー。本年カンヌ映画祭最大の話題作の1本。『エル・トポ』(69)『ホーリー・マウンテン』(73)でカルト的な人気を誇るアレハンドロ・ホドロフスキー監督は、1974年にSF小説「デューン」の映画化を企画するが、撮影に至る前に中止となってしまう。映画史上最も有名な「実現しなかった映画」の顛末を、ホドロフスキー自身が解説する本作は、映画作りへの情熱と勇気の衝撃の記録である。その計画の壮大さや、予定されたスタッフやキャストの豪華さは驚異的であり、いかにこの企画がその後の映画界に影響を与えたかは必見である。同時に、終盤のホドロフスキーのメッセージほど、現代人に勇気を与えるものはないだろう。プレミア上映されたカンヌ映画祭では会場が驚愕と爆笑に包まれ、映画祭最大の話題作となった。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品。

監督
フランク・パヴィッチ
出演キャスト
アレハンドロ・ホドロフスキー ミシェル・セイドゥー ニコラス・ウィンディング・レフン クリス・フォス

オンリー・ゴッド

  • 2014年1月25日(土)公開
  • 監督、脚本

ライアン・ゴズリング主演、ニコラス・ウィンディング・レフン監督という『ドライヴ』のコンビによるクライム・サスペンス。タイのバンコクで暮らすアメリカ人の男が殺された兄の復讐に挑む姿をバイオレンス描写満載で描く。主人公の凶暴な母親を演じるのは、『サラの鍵』のクリスティン・スコット・トーマス。

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演キャスト
ライアン・ゴズリング クリスティン・スコット・トーマス ヴィタヤ・パンスリンガム ラータ・ポーガム

アウトロー

  • 2014年1月19日(日)公開
  • 製作総指揮

「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督が製作総指揮を務めたクライム・サスペンス。1990年代のアイスランドの首都レイキャビクを舞台に、ギャングの一員となった青年が、終わりなき暴力の世界へと足を踏み入れて行く。出演は「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」のソー・クリスチャンソン。

監督
オスカー・ソー・アクセルソン
出演キャスト
ソー・クリスチャンソン ヨハンネス・ハウクル・ヨハネッソン デイモン・ヤンガー マリア・ビルタ
2013年

プッシャー3

  • 2013年4月13日(土)公開
  • 監督、脚本

ニコラス・ウィンディング・レフン監督によるクライムアクション3部作の最終章。裏社会でのし上がっていった男が、世代交代と時の流れに付いていけず狂気の行動に出る様を描く。出演はズラッコ・ブリッチ、アイヤス・アガクほか。2013年4月13日より、東京・オーディトリウム渋谷にて「プッシャー トリロジー 一挙公開」として1週間限定デジタル上映。

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演キャスト
ズラッコ・ブリッチ アイヤス・アガク マリネラ・デキク クジム・ロキ

プッシャー2

  • 2013年4月13日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

ニコラス・ウィンディング・レフン監督によるクライムアクション3部作の第2弾。前作で主人公の相棒だったトニーを主役に、再び地下世界の底辺に生きる男たちを描く。出演はマッツ・ミケルセン、リーフ・シルベスター・ペーターゼンほか。2013年4月13日より、東京・オーディトリウム渋谷にて「プッシャー トリロジー 一挙公開」として1週間限定デジタル上映。

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演キャスト
マッツ・ミケルセン リーフ・シルベスター・ペーターゼン ズラッコ・ブリッチ アンネ・ソレンセン

ブリーダー

  • 2013年2月9日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

「ドライヴ」(2011)のニコラス・ウィンディング・レフン監督が1999年に手がけた長編作。2013年2月9日から開催されたトーキョーノーザンライツフェスティバル2013にて劇場初公開(上映日2013年2月9日)。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演キャスト
キム・ボドゥニア マッツ・ミケルセン ズラッコ・ブリッチ リヴ・コーフィックセン

関連ニュース

映画界の新ミューズ、エル・ファニングを取り巻く女の嫉妬がコワイ!レフン監督が現場の雰囲気を告白
映画界の新ミューズ、エル・ファニングを取り巻く女の嫉妬がコワイ!レフン監督が現場の雰囲気を告白(2017年1月12日)

『ドライヴ』でカンヌ国際映画祭監督賞を獲得した鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督。待望の最新作『ネオン・デーモン』(1月13日公開)は、きらびやかなファッ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ニコラス・ウィンディング・レフン