映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・トレトン

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2013年 まで合計10映画作品)

2013年

ムード・インディゴ うたかたの日々(ディレクターズ・カット版)

  • 2013年10月12日(土)公開
  • 出演(Jean-Sol Partre 役)

肺に睡蓮が宿る不思議な病に罹る女性とただひたすら彼女を愛する夫との儚いラブストーリー。ボリス・ヴィアンの青春小説『うたかたの日々』の映画化。監督はエターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。出演は、「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリス、「アメリ」のオドレイ・トトゥ、最強のふたり」のオマール・シー、「黄色い星の子供たち」のガッド・エルマレほか。日本では一部映画館でのみ公開。ほかに95分のインターナショナル版が製作されている。

監督
ミシェル・ゴンドリー
出演キャスト
ロマン・デュリス オドレイ・トトゥ ガッド・エルマレ オマール・シー

ムード・インディゴ うたかたの日々

  • 2013年10月5日(土)公開
  • 出演(Jean-Sol Partre 役)

1946年に発表されて以来世界中で愛され続けているボリス・ヴィアンの青春小説『うたかたの日々』を、「僕らのミライへ逆回転」「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が映画化。肺に睡蓮が宿る不思議な病に罹る女性とただひたすら彼女を愛する夫との儚いラブストーリーを、原作のイメージを尊重しながら幻想的に描く。「ハートブレイカー」「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリスが苦労知らずだった夫を、「ダ・ヴィンチ・コード」「アメリ」のオドレイ・トトゥが無垢な妻を演じている。ほか、「最強のふたり」のオマール・シー、「黄色い星の子供たち」のガッド・エルマレらが出演。ほかに131分のディレクターズカット版が製作されている。

監督
ミシェル・ゴンドリー
出演キャスト
ロマン・デュリス オドレイ・トトゥ ガッド・エルマレ オマール・シー

世界が食べられなくなる日

  • 2013年6月8日(土)公開
  • ナレーション

「未来の食卓」「セヴァンの地球のなおし方」のジャン=ポール・ジョー監督が、遺伝子組み換え食品の実態に迫るドキュメンタリー。フランスの分子生物学者が行った世界中に大きな波紋を投げかけている実験、さらには“原発”と“遺伝子組み換え”といういのちの根幹を脅かす二つの技術の意外な共通点を明らかにする。

監督
ジャン=ポール・ジョー
2012年

裏切りの戦場 葬られた誓い

  • 2012年11月24日(土)公開
  • 出演(クリスチャン・ポウトー 役)

フランスの歴史の汚点ともいわれる1988年のウベア島事件を「クリムゾン・リバー」のマチュー・カソヴィッツが自ら製作、監督、脚本、編集、主演を務め映画化。フランス領ニューカレドニアのウベア島で起きた独立運動の交渉役として派遣された国家憲兵治安部隊大尉の苦悩を描く。共演は「クララ・シューマン 愛の協奏曲」のマリク・ジディ。

監督
マチュー・カソヴィッツ
出演キャスト
マチュー・カソヴィッツ イアベ・ラパカ マリク・ジディ アレクサンドル・ステイガー
2009年

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ

  • 2009年9月19日(土)公開
  • 出演(共和国大統領 役)

身体ひとつで障害物を乗り越えるエクストリームスポーツ、パルクールを駆使した驚愕のアクションで評判を呼んだヒット作の続編。前科者と刑事のコンビが巨大な陰謀に挑む。

監督
パトリック・アレサンドラン
出演キャスト
シリル・ラファエリ ダヴィッド・ベル フィリップ・トレトン ダニエル・デュヴァル
2006年

ナイト・オブ・ザ・スカイ

  • 2006年2月18日(土)公開
  • 出演(ベルトラン 役)

フランスの人気コミックが原作のスカイ・アクション。国際テロの絡む謀略に挑む戦闘機パイロットの活躍を、仏空軍協力による迫力の空中戦シーン満載で活写!

監督
ジェラール・ピレス
出演キャスト
ブノワ・マジメル クローヴィス・コルニヤック ジェラルディン・ペラス アリス・タグリオーニ
2005年

灯台守の恋

  • 2005年11月5日(土)公開
  • 出演(Yvon Le Guen 役)

「仕立屋の恋」のサンドリーヌ・ボネールら仏の実力派が集結した恋愛劇。戦後フランスの美しい島を舞台に、灯台守を目指す戦争帰還兵の過酷な日々と、淡い恋をつづる。

監督
フィリップ・リオレ
出演キャスト
サンドリーヌ・ボネール フィリップ・トレトン グレゴリーデランジェール エミリエ・デュケンヌ
2001年

フェリックスとローラ

  • 2001年11月3日(土)公開
  • 出演(Felix 役)

「橋の上の娘」の名匠パトリス・ルコント監督によるラブ・ストーリー。ヒロインの過去を明かすミステリーにドキドキさせられつつ、感情の高まりの描写にせつなさは加速!

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール フィリップ・トレトン アラン・バシュング フィリップ・ドゥ・ジャヌラン

今日から始まる

  • 2001年9月8日(土)公開
  • 出演(Daniel Lefebvre 役)

仏の名匠ベルトラン・タベルニエが、悪化する教育現場のさまざまな問題に肉薄。子供たちを守るために行動を起こした幼稚園園長の奮闘を、ドキュメンタリー・タッチで描き出す。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
フィリップ・トレトン マリア・ピタレジ ナディア・カッチ ヴェロニク・アタリー
1999年

コメディ・フランセーズ 演じられた愛

  • 1999年2月20日(土)公開
  • 出演

モリエールの時代から三百年以上もの歴史と伝統を誇る、世界で最も古いフランスの国立劇団“コメディ・フランセーズ”の全貌をとらえたドキュメンタリー。作品の中で、マリヴォーの『二重の不実』、フェドーの『アメリーを頼む』、モリエールの『ドン・ジュアン』、ラシーヌの『ラ・テバイッド』という四つの芝居が上演されている。監督・録音・編集は、『チチカット・フォーリーズ』『バレエ』などのドキュメンタリー作家、フレデリック・ワイズマン。製作はジャン・ラビブ、T.セラル、ピエール=オリヴィエ・バルデ、ドモニク・ブルゴワとフレデリック・ワイズマン。撮影はジョン・デイヴィ。出演は「猫が行方不明」のコラリー・ザオネロ、「太陽と月に背いて」のアンジェイ・スヴェリンほか、演劇界で活躍する面々。97年山形国際ドキュメンタリー映画祭特別賞を受賞。

監督
フレデリック・ワイズマン
出演キャスト
クレール・ヴェルネ フィリップ・トレトン コラリー・ザオネロ ミシェル・ロバン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・トレトン